Show Menu
トピック×

Placesサービスへのアクセス

Placesサービスには、 Adobe Experience cloudホームのクイックアクセスメニューからアクセスできます 。 ユーザーIDにアクセス権がある場合は、次に示す「Places Service」アイコンが表示されます。
Adobe Experience PlatformメニューからPlaces Serviceにアクセスすることもできます。
これらのメニューに「Places Service」が表示されない場合は、組織の管理者に問い合わせて、管理コンソールのPlaces Core ServiceにユーザIDを追加してください。

Places Service and Experience Platform Launchへのユーザーの追加

ユーザーが Experience Platform起動UIにアクセスできるようにするには 、ユーザーとして管理コンソールのPlacesコアサービスに追加する必要があります。 ユーザーがエクスペリエンスプラットフォーム起動へのアクセス権を持ち、モバイルプロパティを設定し、Adobe Experience Platform SDKで場所を使用できるようにするには、管理コンソールのエクスペリエンスプラットフォーム起動に追加し、エクスペリエンスプラットフォーム起動に関する次の権限を与える必要があります。
  • All Property Rights:
    • 開発
    • 承認
    • 投稿
    • 拡張機能の管理
    • 環境の管理
  • 「会社権限」の下の「プロパティの管理」権限
初めてユーザーを追加する場合は、次の手順を実行して、Experience Platform Launch and Places Serviceにユーザーを追加します。 以前にユーザーを追加したことがある場合は、複数のプロファイルが表示される可能性があるので、必ず正しいプロファイルを選択してください。
組織の管理者のみが管理コンソールにアクセスし、ユーザーを追加できます。

1.Places Service and Experience Platform Launchがプロビジョニングされていることを確認します。

  1. Experience cloud組織にログインします。
  2. 右上部で、Experience cloudシェルスイッチャーをクリックします。
  3. Platform ​の下で、「 Administration 」をクリックします。
    リストに「管理」が 表示されない場合 、管理者ではありません。 この手順を完了するには、組織の管理者に問い合わせる必要があります。
  4. Experience cloud管理ページのカードで、をク Admin Console ​リックします​ Take me there
  5. 管理コンソールで、複数の組織にアクセスできる場合は、ページの右上部で正しい組織が選択されていることを確認します。
    これは、ユーザーを追加する組織です。 正しい組織が選択されていない場合は、組織をクリックし、ドロップダウンリストから組織を選択します。
    組織へのアクセス権がない場合は、その組織への管理者アクセス権がないことを意味します。
  6. およびのカードが表示され Adobe Experience Platform Launch ​ているこ​ Places Core Services とを確認します。
    表示された場合は、Places Service and Experience Platform Launchが組織用にプロビジョニングされています。 表示されない場合は、組織のプロビジョニングが必要です。

2.プロファイルの設定と権限の追加

  1. エクスペリエンスプラットフォーム起動プロファイルを設定します。これにより、プロファイルに追加されたユーザーは、エクスペリエンスプラットフォーム起動と、エクスペリエンスプラットフォームSDKのモバイルプロパティを使用できます。
    a.メニューバーで、をクリックしま Product ​す。
    b.左側のウィンドウの製品リストで、をクリックします Adobe Experience Platform Launch
    • エクスペリエンスプラットフォーム起動プロファイルが右側に表示されます。
    • エクスペリエンスプラットフォームの起動には、起動 — (組織名) と呼ばれるデフォルトのプロファイルがありま す。
      以前にエクスペリエンスプラットフォームの起動にユーザーを追加した場合は、複数のプロファイルが表示される場合があります。
  2. 正しいプロファイルを選択します。
    a.デフォルトのプロファイルの名前をクリックします。
    b.タブをクリック Permissions ​します。
    c.の横にあ Edit ​るをクリックしま​ Property Rights ​す。
    d.左側のウィンドウで、をクリックしま + Add all ​す。
    この手順では、使用可能なすべての権限が、含まれる権限リストに移動されます。
    e.をクリックし Company Rights ​ます。
    f.左側のウィンドウで、をクリックしま + Manage Properties ​す。
    g.をクリックし Save ​ます。
Places Serviceの場合は、デフォルトのプロファイルがありますが、権限を追加する必要はありません。
作成したプロファイルに権限が正常に追加されました。

3.Places Service and Experience Platform Launchプロファイルへのユーザーまたは開発者の追加

Places Service and Experience Platform Launchのプロファイルにユーザーまたは開発者を追加できます。

ユーザーの追加

Places Service and Experience Platform Launchプロファイルにユーザーを追加するには:
  1. エクスペリエンスプラットフォーム起動プロファイルにユーザーを追加します。
    a.メニューバーで、をクリックしま Overview ​す。
    b.カード上で、 Adobe Experience Platform Launch ​次の内容を確認します。
    • カードの下部に2つのドットが表示されます。
    • 左の点は黒です。
      右側のドットが黒の場合は、開発者のみを追加できます。 ユーザーを追加するには、左側の点をクリックします。 c.をクリックし + Add Users ​ます。
    d.ユーザーのAdobe IDを入力します。
    e.次のいずれかの手順を実行します。
    • 新しいユーザーを追加する場合は、をク New user ​リックし、ユーザーの姓と名を入力します。
    • 既存のユーザーを追加する場合は、表示されるユーザーの名前をクリックします。
    f.ドロップダ Please select a profile for this product ​ウンリストで、前に編集したプロファイルを選択します。
    g.をクリックし Save ​ます。
  2. にユーザーを追加しま Places Core Services ​す。
    現在、すべてのPlaces Serviceユーザーに同じ権限が与えられているので、権限を編集する必要はありません。
    a.カード上で、 Places Core Services ​次の内容を確認します。
    • カードの下部に2つのドットが表示されます。
    • 左の点は黒です。
    b.をクリックし + Assign Users ​ます。
    c.ユーザーのAdobe IDを入力します。
    d.次のいずれかの手順を実行します。
    • 新しいユーザーを追加する場合は、をク New user ​リックし、ユーザーの姓と名を入力します。
    • 既存のユーザーを追加する場合は、表示されるユーザーの名前をクリックします。
    e.ドロップダウ Please select a profile for this product ​ンリストで、Placesプロファイルを選択します。
    f.をクリックし Save ​ます。

開発者の追加

Web Service APIへのアクセスも必要なユーザーの場合は、開発者として追加する必要があります。
開発者を追加するには:
  1. On the Places Core Services ​card, verify the following:
    • カードの下部に2つのドットが表示されます。
    • カードの下部に表示される右 Assign Developers ​側の点をクリックします。
  2. + Assign Developers ​をクリックします。
  3. ユーザーの Adobe ID を入力します。
  4. 次のいずれかの手順を実行します。
    • 新しいユーザーを追加する場合は、をクリック New user ​し、ユーザーの姓と名を入力します。
    • 既存のユーザーを追加する場合は、表示されるユーザーの名前をクリックします。
  5. ドロップダウ Please select a profile for this product ​ンリストで、Places Serviceプロファイルを選択します。
  6. 保存 」をクリックします。
ユーザーには、Experience Platform Launch へのアクセス権があることを通知する電子メールが届きます。They can can log in to the Experience Platform Launch or the Places Service UIs for this organization. 「 開発者の追加 」手順の手順 4 を完了すると、ユーザーは Adobe I/O コンソール にログインして、Places 統合を作成し、Places REST API を使用することもできます。