Show Menu
トピック×

Bulk upload of POIs

Placesサービスの「 POIを 読み込み」ボタンを使用して、CSVファイルを使用して新しいPOIを一括アップロードできます。 必要なデータ列を示し、オプションのカスタムメタデータを追加する方法を示すサンプルスプレッドシートテンプレートが用意されています。
一括インポートおよびバルク編集のプロセスを示すビデオを以下に示します。

Python APIスクリプト

一連のPythonスクリプトが作成され、Web Service APIを使用して.csvファイルからPOIデータベースへのPOIのバッチインポートを簡略化しました。 これらのスクリプトは、このオープンソース gitレポートからダウンロードできます
これらのスクリプトを実行する前に、WebサービスAPIにアクセスする場合は、 統合の概要と前提条件の 「ユーザーアクセスの 前提条件 」を参照してください。
スクリプトに関する情報を次に示します。

CSVファイル

サンプルの.csvファイル( places_sample.csv )は、このパッケージの一部で、必要なヘッダーとサンプルデータの行を含みます。 これらのヘッダはすべて小文字で、Placesデータベースで使用される予約済みのメタデータキーに対応しています。 .csvファイルに追加した列は、POIごとにキー/値のペアとして別々のメタデータセクションにあるPOIデータベースに追加され、ヘッダー値がキーとして使用されます。
使用する必要がある列と値のリストを次に示します。
  • lib_id
    POIデータベースから取得した有効なライブラリID。
  • type
    現在、有効な値はポイントのみです。
  • longitude
    -180 ~ 180の値です。
  • latitude
    -85 ~ 85の値です。
  • radius
    10 ~ 20,000の値です。

列の値

次の列の値は、Places Service UIで使用されます。
  • 色。Places Service UIマップのPOIの位置を表すピンの色として使用されます。
    • 有効な値は、「」、「#3E76D0」、「#AA99E8」、「#DC2ABA」、「#FC685B」、「#FC962E」、「#F6C436」、「#BECE5D」、「#61B56」です。b、#3DC8DE、および""を追加します。
    • 値を空白のままにすると、Places Service UIではデフォルトの色として青が使用されます。
      値は、青(#3E76D0)、紫(#AA99E8)、フスキア(#DC2ABA)、オレンジ(#FC685B)、淡いオレンジ(#FC962E)、黄(#F6C436)、明るい(#BECE5D)、緑(#61B56B)、ライトブルー(#3DC8DE)です。
  • アイコン。Places Service UIマップ上のPOIの位置を表すピン上のアイコンとして使用されます。
    • 有効な値は、「」、ショップ、ホテルベッド、車、飛行機、飛行機、船、球場、アムセントパーク、アンカー、ビーカー、ベル、入札、書き込み、箱、ブラウズ、ブラシ、建物、カメラ、時計、教育、フラッシュライト、追随、ゲーム、女性、男性、ハンマー、ハート、ホーム、ホーム、電球、ピン、プロモート、ショッピン星形、ターゲット、ティーポット、thumbDown、thumbUp、トラップ、トロフィー、レンチ。
      アイコンの値は、次の図に示す順序で表示されます。
    • 値を空白のままにすると、UIはデフォルトのアイコンとして星形を使用します。
  • 言及されていない列は空白にできます。

スクリプトの実行

  1. Gitリポジトリからローカルディレクトリ にファイルをダウンロードし ます。
  2. テキストエディターで、 config.py ファイルを開き、次のタスクを入力します。
    a. 次の変数値を文字列として編集します。
    • csv_file_path
      これは、 .csv ファイルへのパスです。
    • access_code
      これは、Adobe IMSへの呼び出しで取得されたアクセスコードです。 このアクセスコードの取得方法について詳しくは、 統合の概要と前提条件の「ユーザーアクセスの 前提条件 」を参照してください
    • org_id
      POIのインポート先となるExperience CloudorgID。 組織IDの取得方法について詳しくは、 統合の概要と前提条件の「ユーザーアクセスの 前提条件 」を参照してください
    • api_key
      これは、Adobe I/O Places統合から取得したPlaces REST APIキーです。 APIキーの取得方法について詳しくは、 統合の概要と前提条件の「ユーザーアクセスの 前提条件 」を参照してください 。 b. 変更を保存します。
  3. ターミナルウィンドウで、ディレクトリに移動し …/places-scripts/import/ ます。
  4. と入力 python ./places_import.py し、 enter ( return )キーを押します。

CSVチェックの事前インポート

スクリプトは、最初に.csvファイルに対して次のチェックを完了します。
  • .csv ァイルが指定されたかどうか。
  • ファイルパスが有効かどうか。
  • 予約済みのメタデータヘッダを含めるかどうか。
    予約済みのメタデータヘッダは、lib_id、名前、説明、種類、経度、緯度、半径、国、都道府県、市、市、街、カテゴリ、アイコン、色です。
    ヘッダーはすべて小文字で、任意の順序で表示できます。
  • 「CSVファイル」セクションで指定した列の値を検証します。
エラーが見つかった場合、スクリプトはエラーを出力し、中止します。 エラーが見つからない場合、スクリプトは1000のバッチでPOIを読み込もうとします。 バッチが正常に読み込まれた場合、スクリプトはステータスコード200を報告します。 バッチが正常にインポートされない場合は、エラーが報告されます。

単体テスト

単体テストは tests.py ファイル内にあり、各プル要求の前に実行し、すべてを満たす必要があります。 新しいコードを使用して、テストを追加する必要があります。 テストを実行するには、ディレクトリに移動し、 …/places-scripts/import/ ターミナル python ./places_import.py に入力します。