Show Menu
トピック×

Analyticsリクエストへの場所のコンテキストの追加

このドキュメントでは、アプリケーションにPlaces Serviceが実装されていることを前提としています。 Placesサービスの実装について詳しくは、「Places拡張」を参 照してください
Placesサービスが入口イベントと出口イベントを送信した後、Experience Platform Launchでルールを作成し、Places ServiceデータをすべてのAdobe Analyticsイベントに添付できます。 このタイプのルールを作成するには、「起動」でプロパティを選択し、次の手順を実行します。

1.ルールの作成

  1. タブで、をク Rules リックしま Create New Rule ​す。
    次の情報に留意してください。
    • このプロパティに対する既存のルールがない場合、ボ **Create New Rule**タンは画面の中央に表示されます。
    • プロパティにルールが含まれ **Create New Rule**ている場合、ボタンは画面の右上に表示されます。

2.イベントを選択します。

  1. ルールに意味のある名前を付け、ルールのリストで簡単に認識できるようにします。
    この例では、Ruleという名前が付けられていま **Attach Places Service Data to Analytics Track Action Events**す。
  2. セクションの下 Events のをクリックしま Add ​す。
  3. ドロップダウ Extension ンリストから、を選択しま Mobile Core ​す。
  4. ドロップダウ Event Type ンリストから、を選択しま Track Action ​す。
これで、このルールに含めるトリガーを決定できます。 この例では、トリガーはすべての呼び出しに基づいてい TrackAction ます。 イベントを設定したら、をクリックしま **Keep Changes**す。

3.条件の追加

ルールに条件を追加するには、次の手順を実行します。 それ以外の場合は、以下の「アクシ ョンの定義 」の節に進みます。
この例では、AT&T顧客に対してのみルールをトリガーする条件を作成します。
  1. セクションの下 Conditions のをクリックしま Add ​す。
  2. ドロップダウ Extension ンリストから、を選択しま Mobile Core ​す。
  3. ドロップダウ Condition Type ンリストから、を選択しま Carrier Name ​す。
  4. 右側のウィンドウで、チェックボックスを選択 **AT&T**します。
  5. **Keep Changes**をクリックします。

4.アクションの定義

  1. セクションの下 Actions のをクリックしま Add ​す。
  2. ドロップダウ Extension ンリストから、を選択しま Mobile Core ​す。
  3. ドロップダウ Action Type ンリストから、を選択しま Attach Data ​す。
  4. 右側のウィンドウのフィールド **JSON Payload**に、このイベントに追加するデータを入力します。
  5. **Keep Changes**をクリックします。
右側のウィンドウで、このイベントをリッスンする拡張がイベントを受け取る前に、SDKイベントにデータを追加するフリーフォームJSONペイロードを追加できます。 この例では、Analytics拡張で処理される前に、このイベントに一部のコンテキストデータが追加されます。 追加されたコンテキストデータは、送信Analyticsヒットに置かれます。
次の例では、との値 poi.city がAnalyticsイ poi.name ベントのコンテキストデータに追加されます。 新しいキーの値は、このイベントが処理されるときにSDKによって動的に決定されます。

5.ルールを保存し、プロパティを再構築します

設定が完了したら、ルールが次の画像のようになっていることを確認します。
  1. クリック Save
  2. 起動プロパティを再構築し、正しい環境に展開します。