Show Menu
トピック×

リリースノート - 2015 年 7 月

Adobe Marketing Cloud の新機能や修正事項について説明します。

コアサービス

Marketing Cloud のインターフェイス

バージョン 15.7 リリース予定日: 2015 年 7 月 23 日
  • スキーマを表示 / 編集ページ(顧客属性)で指定された属性の説明が Analytics レポートで更新されなかった問題を修正しました。(MAC-25985)
  • アップロードしたアセットのサムネールが表示されない問題を修正しました。(MAC-25863)
  • Reports & Analytics で作成された新しいセグメントが Marketing Cloud オーディエンスで使用できなかった問題を修正しました。(MAC-25817)
  • 訪問者 ID サービスを使用する際に、Analytics からオーディエンスを共有できなかった問題を修正しました。(MAC-25788、MAC-25747)
  • 顧客属性でのマルチバイト文字のサポートが追加されました。(MAC-25552)
既知の問題
既知の問題によって、Audience Manager のアカウントが重複して自動生成され、ユーザーの Marketing Cloud ID に自動的にリンクされることがあります。この問題は、アカウントをリンクする前に Audience Manager にアクセスしようとすると発生します。Audience Manager にアクセスする前に、Audience Manager アカウントを Marketing Cloud にリンクすることをお勧めします。(MAC-25640)
製品のヘルプについては、 Marketing Cloud およびコアサービス製品ドキュメント を参照してください。

Dynamic Tag Management

リリース日: 2015 年 7 月 8 日
機能 説明
イベントタイプ
新しいイベントのタイプを使用して、単一ページのアプリ上でイベント型ルールをトリガーできるようになりました。
新しいイベントタイプとして、「 カスタム 」および「 pushState または hashchange 」が追加されました。
修正点および機能強化
  • Google Universal Analytics ツールでユーザーがデータ要素のアカウント ID を設定できなかった問題を修正しました。
  • 「既存のページコードがある」チェックボックスがオンの場合、Google Universal Analytics ツールでルールビーコンが機能しなかった問題を修正しました。
最新および過去のリリースノート、ヘルプおよびドキュメントの更新については、 Dynamic Tag Management の新機能 を参照してください。

Analytics の新機能

リリース日: 2015 年 7 月 16 日
機能 説明
Analytics Admin Console のグループ権限設定の変更
Analytics 管理者 ユーザー管理 グループをクリックします。
イベントや指標に加えて、一部の個別のトラフィック指標に対して、グループアクセスを許可できるようになりました。 コンバージョンレポート レポートグループは、 指標 レポートグループに置き換わりました。 詳細情報...
このメンテナンスリリースにより、既存の設定は自動で移行されます。
Analytics LiveStream のヒットのスムージング
ヒットのスムージングは、データをバッファリングして、メッセージの流れをスムーズにします。ヒットのスムージングは、ライブダッシュボードへのデータ送信が一気に発生している場合や予測できない場合など、いくつかの状況で役立ちます。そのような場合、データをスムーズ化することで、更新の表示がよりスムーズになります。
ヒットのスムージングを有効にするには、LiveStream 接続 URI の末尾にパラメーター "smoothing=1" のクエリ文字列を追加します。例えば、LiveStream 接続 URI が次のような場合、
       https://livestream.adobe.net/api/1/stream/mystream1 
     

ヒットをスムージングした場合は次のようになります。
       https://livestream.adobe.net/api/1/stream/mystream1?smoothing=1 
     

Developer Connection の LiveStream のヒットのスムージング に関するドキュメントを参照してください。
Analytics for Target(A4T)の上昇率と信頼性レポート
上昇率と信頼性 レポートが Analytics および Target Standard に追加されました。 詳細情報...
また、 Ad Hoc Analysis でもディメンションおよび指標が追加されます。
以前の Target Classic と同じように、Adobe Analytics 上でキャンペーンの成功を評価できるようになります。
Report Builder の相関関係分類メニュー
Analytics のディメンションの値を持つセルを右クリックして表示される分類メニューの隣に、クロス集計を追加しました。
デスクトップブラウザーですべての Cookie をブロックしたユーザーを除外
次のメニューからアクセスできる プライバシー設定 ページで説明されているテンプレートセグメントの説明テキストを更新しました。
管理ツール レポートスイート 設定を編集 一般 プライバシー設定
デスクトップブラウザーですべての Cookie をブロックしたユーザーを除外 」設定により、デスクトップブラウザーですべての Cookie をブロックしたサイト訪問者のデータが Adobe Analytics から除外されるようになります。有効にすると、Analytics レポートおよびプロジェクトは、Cookie を許可しないデスクトップブラウザーから収集されたデータを除外します。アドビがそのブラウザーを認識できない場合、そのデータは Analytics のレポートに含まれます。テンプレートセグメントを使用すると、この設定を有効にした場合にレポートがどのように見えるかを確認できます。

Analytics

Reports & Analytics の修正点

  • 複数のレポートスイートにわたるセグメントを使用する場合に発生していた問題を修正しました。(AN-104828)
  • カスタム列を表示しているときに Admin Console で表示できるレポートスイートの数の制限が 500 から 400 に変更されました。(AN-102864)
  • コンテンツ対応サービスで UTF-8 のマルチバイト文字を使用することを想定し、データの最大長を 255 バイトに変更しました。(AN-103834)
  • カスタムコンバージョンレポートのメニューが UI に読み込まれなかった問題を修正しました。(AN-103816)
  • コンバージョンレポートを .pdf 形式に生成できなかった問題を修正しました。(AN-103037)
  • 一部のレポートでグラフに将来の月のデータが表示されていた問題を修正しました。(AN-104372 および AN-101257)
  • ダッシュボードで「セグメントを表示」が表示されない問題を修正しました。(AN-105088)
  • ダッシュボードで文字化けが発生する問題を修正しました。マルチバイト文字が途中でカットされていたためです。(AN-104940)
  • カスタムカレンダーで正しいデータが返されなかった問題を修正しました。(AN-103825)
  • 時間形式を使用した指標で、PDF ダウンロードが機能しなかった問題を修正しました。(AN-101515)
  • セグメントを含む計算指標が間違ったデータを返す問題を修正しました。(AN-105320)

Report Builder の修正点

  • 分単位の合計時間の計算指標がユーザーインターフェイスに表示されなかった問題を修正しました。(AN-105218)

Ad Hoc Analysis の修正点

  • 市区町村レポート(GeoSegmentation)で市区町村データが欠けていた問題を修正しました。(AN-104987)
  • コンバージョン指標が適切に読み込まれなかった問題を修正しました。(AN-104957)
  • 計算指標の作成で 4 つ以上の演算操作を使用するとエラーが発生していた問題を修正しました。(AN-105362)

Data Warehouse の修正点

  • セグメントでの変数/データ範囲のサポートを修正しました。(AN-105271)
  • UTF-8 文字を使用した Tableau ファイルが生成されなかった問題を修正しました。(AN-75471)
  • 単一ヒットに複数の商品が含まれ、商品で分類した状態のレポートでのカウンターイベント指標の重複排除の問題を修正しました。
  • Data Warehouse のページビュー数指標からのレポート結果は、Reports & Analytics の結果と完全に一致するようになりました。(AN-97619)

Clickstream データフィードの修正点

2015 年 7 月 27 日更新 :データフィード配信インフラストラクチャを更新しています。既にデータフィードの配信に使用しているサーバー群に以下の IP アドレスを追加しています。データフィードが配信される FTP サイトに IP ホワイトリストがある場合は、これらの追加の IP アドレスをそのホワイトリストに追加する必要があります。
  • ロンドン:185.34.189.0/27(2015 年 8 月 13 日に追加予定)
  • サンノゼ:192.243.248.32/27(2015 年 8 月 20 日に追加予定)
  • ダラス:66.235.153.96/27(2015 年 8 月 27 日に追加予定)

Analytics Web サービス(SOAP および REST API)

機能 説明
新しい計算指標の API メソッド
(6 月のリリースから)新しい計算指標モジュールに、次の API メソッドが追加されました。 CalculatedMetrics.Get (アクセス権のあるすべての計算指標、または管理者としてカンパニー内のすべての計算指標を抽出します)、 CalculatedMetrics.Save (新しい計算指標を作成または更新します)、 CalculatedMetrics.Delete および CalculatedMetrics.GetFunctions (新しい計算指標定義で許可された関数の完全なリストを抽出します)。
概要については、 New Calculated Metrics and the APIs(新しい計算指標および API) を、API については、 Calculated Metrics(計算指標) を参照してください。

Audience Manager

機能 説明
DCM 統合
このセルフサービスの統合により、 DoubleClick Campaign Manager (DCM)データを Audience Manager に読み込むことができるようになりました。
DCS API を使用したリアルタイムのデータ転送 データ収集サーバー (DCS)を API として使用してユーザーデータをリアルタイムで送受信する方法を記した新しいドキュメントが公開されました。
修正点、機能強化および廃止された機能
  • Data Source API メソッドは Swagger に移行されました。メソッド、構文およびコードサンプルについては、 Audience Manager API Docs を参照してください。
  • Audience Marketplace データフィードからアルゴリズムによるモデルに特性が不適切に追加できていた問題を修正しました。(AAM-16495)
  • Firefox および保存先ビルダー で、セグメントを保存先にマッピングする際に、開始日を追加できなかった問題を修正しました。(AAM-15785)
  • セグメントダイアログボックスに不正確なセグメントの人口が表示されていた問題を修正しました。(AAM-15809)
  • 特性ビルダーで、ドラッグ&ドロップエディターとコード表示を切り替えると、複雑な特性ルールが間違って表示されていた問題を修正しました。(AAM-15919)
  • セグメントビルダーで、別のセグメントおよび最新性/頻度の制限があるルールを作成すると、セグメントに合致した訪問者の規模が間違って見積もられていた問題を修正しました。(AAM-15982)
  • 保存先の基本情報ウィンドウのラベルを改善しました。ラベルを「データの書き出しラベル」から「制限」に変更しました。(AAM-19824)
修正点、機能強化および廃止された機能
  • 投稿一覧レポートのダウンロードおよび送信機能でエラーが発生することがある問題を修正しました。
  • 標語の標準化、よりコンテキストにマッチしたテキストになるような翻訳の改善、翻訳へのコンテキストの追加、文法および句読点のミスの修正、および日時の文字列のローカライズを含め、ユーザーインターフェイスのテキストの言語品質を向上させました。

Target

以下の製品に関する最新のリリース情報については、 Adobe Target リリースノート を参照してください。
  • Target Standard および Premium
  • Target Classic
  • Recommendations Classic

主なドキュメントの更新

項目 説明 発行日
Adobe Managed Certificate Program が改訂版の ファーストパーティ cookie 製品ドキュメントに追加されました。
このマネージド証明書プログラムを利用すると、ファーストパーティ cookie に対する新しいファーストパーティ SSL 証明書を追加費用なしで実装できます。
2015 年 5 月 22 日
Adobe Mobile 製品ドキュメントが改訂されました。
2015 年 5 月 22 日
コアサービスのソリューション実装を刷新するために何をする必要があるのかを抽象度の高いレベルでまとめたものです。
2015 年 3 月 19 日
顧客関係管理(CRM)データベースで管理されている顧客データを Marketing Cloud へアップロードできます。
2015 年 3 月 19 日
Analytics Spring リリース
2015 年春の Analytics リリースの新しいドキュメントの概要については、Analytics の 新機能 の節を参照してください。
2015 年 3 月 19 日
Analytics 分類ルール - 既存の値を上書き
管理ツール 分類ルールビルダー <ルールセット名> で、2 つの新しいオプションで上書きモードを選択できます。
  • ルールによって既存の値は上書きされます: (デフォルト設定)インポーター(SAINT)を使用してアップロードされた分類を含む、既存の分類キーを常に上書きします。
  • ルールによって未設定の値のみが上書きされます: 空欄(未設定)のセルにのみ記入します。既存の分類は、変更されません。
以前は、任意のコラムまたはセルでキーが既に分類されている場合、ルールはそのキーで実行されず、テーブルの行はスキップされていました。
2015 年 2 月 19 日