Show Menu
トピック×

Adobe Experience Cloud リリースノート - 2020 年 8 月

このページでは、Adobe Experience Cloud の新機能、修正点および重要な注意事項について説明します。また、Experience Cloud を最大限に活用するための新しいドキュメント、トレーニングコース、ビデオチュートリアルも紹介しています。
Adobe Priority Product Update をご購読いただくと、今後のリリース予定が電子メールにて通知されます。
リリース日:2020 年 8 月 14 日
製品のリリース日は変更される場合があります。頻繁に更新を確認してください。
最新の更新: 2020 年 9 月 1 日
サポートが必要な場合は、 Adobe Experience League にアクセスし、製品および技術ドキュメント、アドビが運営するコース、ビデオチュートリアル、すばやい回答、コミュニティインサイト、講師によるトレーニングをお探しください。

Adobe システムステータス

Adobe システムステータスは、アドビクラウド製品とサービスの停止、中断、メンテナンスイベントに関する詳細情報、ステータス更新、電子メール通知を提供します。 status.adobe.com でご確認ください。
See Previous Release Notes - May 21, 2020 for the latest release information.

Experience Cloud インターフェイス

更新日: 2020 年 8 月 20 日
機能
説明
管理ツール — 機能とパフォーマンスの改善
2020 年 8 月リリースの管理ツールを使用すると、システム管理者は製品プロファイルのリストを表示し、各製品プロファイルの詳細を表示または書き出すことができます。最新ログインデータ読み込みのパフォーマンスを向上し、タイムアウトの問題を修正しました。詳しくは、 Experience Cloud 管理ツール のヘルプを参照してください。
更新されたインターフェイスと統合製品ドメインに関する最新のリリース情報については、7 月の 前のリリースノート を参照してください。

Adobe Experience Platform

Experience Platform およびアプリケーションサービスのリリースノート(Experience Platform Launch, Offers、People、Places、Mobile Services、およびセキュリティ速報を含む)。
最終リリース日: 2020 年 7 月 16 日
Experience Platform に関する最新情報については、 Experience Platform リリースノート を参照してください。

Journey Orchestration

Adobe Experience Platform を使用すると、それぞれの顧客のニーズをリアルタイムでインテリジェントに予測し、どのようなジャーニーをたどっていても、個別カスタマージャーニーをエクスペリエンスチャネル全体で大規模に編成することができます。

新しい Journey Orchestration コースとチュートリアル

以下は、過去 1 か月間に公開された新しいビデオ、チュートリアル、コースです。
公開日
名前
タイプ
説明
2020 年 7 月 11 日
チュートリアル
Experience Platform 上で自動的に作成されるデータステップのジャーニーステップのイベントと、それらを調べる方法について説明します。

Journey Orchestration の追加リソース

Adobe Analytics

Adobe Analytics の新機能

(更新日 2020 年 9 月 1 日)
機能
一般公開 - ターゲット日
説明
クロスデバイス分析:EMEA および APAC での可用性
2020 年 9 月 1 日
クロスデバイス分析 およびプライベートグラフは、ヨーロッパ、中東、アフリカおよび APAC のお客様が利用できます。
クロスデバイス分析でのフィールドベースのステッチの強化 (南北アメリカおよび EMEA で利用可能)
2020 年 9 月 1 日
新しいクロスデバイス分析のお客様向けにシンプル化されたこの実装により、デバイスグラフ(コープまたはプライベート)を使用する代わりに、Analytics フィールド(prop または eVar)に保存されたユーザー ID に基づいてステッチするオプションが提供されます。この機能強化により、ECID の実装が不要になり、CDA 用に ID 同期を実装する必要がなくなりました。(他の特定の機能を使用するには、ECID と ID の同期が必要です)。
Workspace:単一のディメンションに対して 50,000 個の項目をダウンロード
2020 年 9 月 18 日
セグメントとフィルターが適用されたフリーフォームテーブルで、単一のディメンションに対して 50,000 個の項目をダウンロードできます。これにより、Analysis Workspace 外の 400 行を超えるデータにアクセスできます。 詳細情報...
Workspace:線の視覚化の強化
2020 年 9 月 18 日
  • 線の視覚化の X 軸と Y 軸の表示/非表示を切り替えることができます。これは、特に、線の視覚化がよりコンパクトな場合に役立ちます。
  • 任意の線の視覚化に最小値と最大値のラベルをオーバーレイして、指標の山と谷をすばやく強調表示できます。
  • 様々な回帰トレンドラインを線の視覚化に重ねて、データのトレンドをより簡単に確認できます。「線形」、「対数」、「指数」、「累乗」、「多項式」などのオプションがあります。

Customer Journey Analytics の新機能

機能
一般公開 - ターゲット日
説明
Workspace:線の視覚化の強化
2020 年 9 月 18 日
  • 線の視覚化の X 軸と Y 軸の表示/非表示を切り替えることができます。これは、特に、線の視覚化がよりコンパクトな場合に役立ちます。
  • 任意の線の視覚化に最小値と最大値のラベルをオーバーレイして、指標の山と谷をすばやく強調表示できます。
  • 様々な回帰近似曲線を行のビジュアライゼーションに重ねて、データ内のトレンドをより簡単に確認できます。「線形」、「対数」、「指数」、「累乗」、「多項式」などのオプションがあります。

Media Analytics の新機能

(更新日 2020 年 9 月 1 日)
機能
一般公開 - ターゲット日
説明
Workspace のメディア同時閲覧者パネル
2020 年 9 月 18 日
メディア同時閲覧者パネルを使用すると、同時閲覧のピークが発生した場所やドロップオフが発生した場所を把握できます。 コンテンツの質と閲覧者の関与に関する貴重な情報を提供し、ボリュームやスケールのトラブルシューティングや計画に役立ちます。 詳細情報...

Adobe Analytics の修正点

  • レポート API が最新の指標値を返さない問題を修正しました。(AN-225617)
  • 分類ルールで、マー ケティングチャネルの詳細のデータを分類できない問題を修正しました。(AN-224832)
  • 仮想レポートスイートで新しいプロジェクトを作成すると、 コンポーネントが見つからない ​エラーが発生する問題を修正しました。(AN-226808)
  • 仮想レポートスイートのキュレーション時に、 コンポーネントが見つからない ​エラーが発生する問題を修正しました。(AN-228257)
  • 新しい Reports & Analytics ターゲットとカレンダーイベントを作成できない問題を修正しました。(AN-224872、AN-224890、AN-224914、AN-226661)
  • Workspace の A4T パネルにアクティビティが見つからない問題を修正しました。(AN-224606)
  • データフィードでの重複ヒットの問題を修正しました。(AN-226308)
  • パーティシペーションアトリビューションを含む計算指標が正しい値を返さない問題を修正しました。(AN-224642、AN-225190)
  • Analytics から Audience Manager へのセグメントデータの共有が Audience Manager に反映されるのに 3 日以上かかる問題を修正しました 。(AN-226649)
  • インテリジェントアラートメールで、「 Analyze Fertal」リンクを使用できなかった問題を修正しました。(AN-226823)
  • 仮想レポートスイートでセグメントを作成できない問題を修正しました。(AN-227039)
  • インテリジェントアラートを編集できなかった問題を修正しました。(AN-227162)

その他の Adobe Analytics の修正点

AN-219351、AN-220960、AN-223788、AN-224630、AN-224948、AN-225618、AN-226261、AN-226828、AN-226845、AN-226937、AN-226961、AN-227070、AN-227079、AN-227521、AN-227610、AN-228203、AN-228451、AN-228466、AN-228538

Analytics 管理者向けの重要な注意事項

通知
追加日または更新日
説明
omniture.com ドメインから adobe.com ドメインの移行
2020 年 8 月 22 日
2020 年 8 月 14 日、Adobe Analytics はフロントエンドアーキテクチャを omniture.com|http://omniture.com/ から adobe.com|http://adobe.com/ に移行しました。この変更により、2020 年 5 月 29 日の初回統合製品ドメインの変更後に発生したサードパーティ Cookie の問題が改善される可能性があります。このアップデートの結果、新しい an.adobe.com|http://an.adobe.com/ ドメインまたは experience.adobe.com|http://experience.adobe.com/ ドメインを信頼するようにブラウザーが促す場合があります。
Ad Hoc Analysis Java 8 の互換性のアップデート
2020 年 8 月 22 日
Ad Hoc Analysis は現在、Java 8 バージョン 1.8.0_261 以降と互換性がありません。このツールへのアクセスが 提供終了日 に達する前に中断されないようにするため 、1.8.0_261 以前の Java 8 バージョンを維持することをお勧めします。
Adobe Data Connectors の EOL
2020 年 7 月 14 日
Adobe Data Connectorsは、実行不可能またはサポート対象外のレガシーテクノロジーによって動作します。 Adobe Exchange パートナープログラム には、引き続き提供およびサポートを希望する統合に対して採用する新しい標準があります。正式な終了日はまだ決定していませんが、今後 12 ~ 18 か月(2021 年中旬 ~ 2021 年末)になると予想されています。 詳細情報...
IMS 組織へのレポートスイートのマッピング
2020 年 7 月
レポートスイートマッピングツールは 2020 年 11 月に廃止されます。この機能は、Advertising Analytics や Adobe Analytics での Experience Cloud セグメント公開などの統合を強化します。これらのサービスおよび他のサービスを有効にするには、レポートスイートを IMS 組織にマッピングする必要があります。新しいレポートスイートは、作成時に自動的にマッピングされますが、古いレポートスイートは、IMS 組織に手動でマッピングする必要があります。すべてのレポートスイートが IMS 組織に属していることを確認するには、『Experience Cloud インターフェイス(コアサービス)ユーザガイド』の「 レポートスイートを組織にマップする 」を参照してください。
統合製品ドメインへの移行
発効日:2020 年 5 月 29 日
Adobe Analytics の統合製品ドメインへの移行は 2020 年 1 月に開始され、2020 年 5 月 29 日に完了しました。Adobe Analytics はアーキテクチャからすべての omniture.com ドメイン参照を削除しますが、サードパーティ Cookie として許可リスト omniture.com を作成することが重要です。アーキテクチャの完全な移行が(間もなく)完了したら、リリースノートからお知らせいたします。すると、この許可リストの手順は不要になります。許可リストに登録する必要のある推奨 IP アドレスとドメインの完全なリストは、 こちら をご覧ください。
組織がサードパーティ Cookie をブロックしている場合は、カスタマーケアに連絡して、Adobe Analytics へのアクセスを再取得してください。
新しい Adobe Analytics のデフォルトランディングページ
発効日:2020 年 6 月 19 日
2020 年 6 月 19 日に、Adobe Analytics のデフォルトのランディングページがレポートから Workspace に変更されます。この変更は、過去にカスタムランディングページを設定していないユーザーに対して適用されます。
サードパーティのテクノロジー許可リスト
2020 年 3 月 13 日(発効日)
Adobe Analytics は、サードパーティのテクノロジーを活用して、機能のロールアウト管理と製品内サポートを開始しました。すべての機能にアクセスできるよう、必要なネットワークファイアウォールの許可リストに、次の URL を追加する必要があります。
  • Gainsight:https://esp.aptrinsic.com
  • LaunchDarkly:https://app.launchdarkly.com
Analysis Workspace の可用性に対する冗長性の向上
2020 年 5 月 22 日
Analysis Workspace の可用性を確保するために、セカンダリ CDN(コンテンツ配信ネットワーク)を追加し、冗長性を高めます。必要なネットワークファイアウォールの許可リストに、次の URL を追加する必要があります。
  • https://aaui-879784980514.s3.us-east-2.amazonaws
  • https://d30ln29764hddd.cloudfront.net
  • https://awaascicdprodva7.blob.core.windows.net
  • https://aauicdnva7.azureedge.net
Workspace での入口/出口の計算方法の変更
2020 年 4 月 8 日
2020 年 3 月の時点で、Analysis Workspace における「 なし 」の値と入口/出口との相互作用を変更しました。Analysis Workspace で「 なし 」をオン/オフにできるようになったので、入口または出口の後に「 なし 」を適用します。(eVar の場合)以前は、これらの前に適用されていました。例えば、訪問の最初のヒットに eVar の値がないが、2 回目のヒットに eVar の値があるとします。Reports & Analytics では、最初のヒットがそのエントリに対して「 未指定 」と表示されますが、Analysis Workspace では 2 回目のヒットの値が表示されます。
ダッシュボードアーカイブ ​のサービス終了
2020 年 3 月 28 日
Reports & Analytics の「 ダッシュボードを管理 」の「 アーカイブを表示 」設定は、2020 年 10 月から使用できなくなります。
Analytics レガシー API の EOL
2020 年 1 月 10 日
2020 年 11 月に、以下の Analytics レガシー API サービスが提供終了となり、シャットダウンされます。これらのサービスを使用して構築された現在の統合は機能しなくなります。
  • 1.3 Analytics API
  • 1.4 SOAP Analytics API
  • 従来の OAuth 認証(OAuth および JWT)
ご質問に対する回答と進め方に関するガイダンスを提供するために、 従来の API EOL の FAQ を用意しています。これらのサービスを使用する API 統合は、 1.4 Analytics REST API または 2.0 Analytics API に移行できます。従来の OAuth アカウントは、 Adobe IO Analytics 統合アカウントに移行できます。このアカウントは、1.4 Analytics API と 2.0 Analytics API の両方にアクセスするために使用できます。
サンノゼ FTP 連携機能の終了
2020 年 7 月
ロンドンおよびシンガポールデータセンターをご利用のお客様に対し、サンノゼデータセンター ftp.omniture.com からロンドンまたはシンガポールへの、データ連携機能の提供を終了します。ftp.omniture.com をご利用中のお客様は、今後、次の FTP を使用してください。
Ad Hoc Analysis のサポート終了
2018 年 8 月 7 日
アドビは Ad Hoc Analysis のサポート終了の意向を表明しました。サポート終了日については確定次第お知らせします。詳しくは、 Discover Workspace を参照してください。

AppMeasurement

AppMeasurement リリースの最新の更新については、 AppMeasurement for JavaScript リリースノート を参照してください。

新しい Analytics コースとチュートリアル

Analytics と Customer Journey Analytics の新しいコース、チュートリアルビデオ、記事。
公開日
名前
タイプ
説明
2020 年 7 月 31 日
チュートリアル
Admin Console を使用して、ユーザーがそれぞれの役割に必要なレポートスイートにのみアクセスできるようにする方法を説明します 。
2020 年 7 月 25 日
チュートリアル
Adobe Admin Console で管理者としてユーザーを追加する方法を説明します。
2020 年 7 月 18 日
チュートリアル
クイックインサイトは、Analysis Workspace のアナリスト以外のユーザーと新規ユーザーに対して、ビジネスの質問にすばやく簡単に答える方法を学ぶためのガイダンスを提供します。
2020 年 7 月 18 日
チュートリアル
Analytics for Target(A4T)パネルを使用すると、Analysis Workspace で上昇率と信頼性を使用して Adobe Target のアクティビティとエクスペリエンスを分析できます。
2020 年 7 月 7 日
チュートリアル
ライブキャンペーン監視用の Advertising Cloud ダッシュボードを作成する方法。
2020 年 7 月 7 日
チュートリアル
Adobe Analytics 内で Advertising Cloud データを使用する場合に作成するのに便利なカスタム指標。
2020 年 7 月 7 日
チュートリアル
Adobe Analytics を使用して、Advertising Cloud リマーケティング用の堅牢なサイトリターゲティングプールを作成する方法。
2020 年 7 月 7 日
チュートリアル
Advertising Cloud ディメンションを使用したレポートと分析に優れたセグメントの作成。
2020 年 7 月 7 日
チュートリアル
Adobe Analytics を使用して Advertising Cloud 有料メディアキャンペーンの開始の基盤を設定する方法。
2020 年 7 月 7 日
チュートリアル
プロジェクトの共有は、Analysis Workspace から組織のユーザーに至るデータや洞察を民主化する 1 つの方法です。受信者を、使用するプロジェクトエクスペリエンスに応じて、編集、複製、表示の 3 つのプロジェクトの役割のいずれかに受信者を配置できます。
2020 年 6 月 27 日
チュートリアル
カスタムの「ルックバック」ウィンドウを使用すると、アトリビューションウィンドウをレポート範囲(最大 90 日)を超えて拡張して、レポート範囲内の各コンバージョンに適用できます。
2020 年 6 月 27 日
チュートリアル
Workspace プロジェクトは、「 表示可能 」としてのみユーザーに共有できます。「 表示 」受信者が共有プロジェクトを開くと、左側のパネルが表示されず、操作が制限された状態となる、より制限が厳格なプロジェクトエクスペリエンスが提供されます。
2020 年 6 月 27 日
チュートリアル
Analysis Workspace のアルゴリズムアトリビューションモデルでは、統計的手法を使用して、選択した指標に対するクレジットの最適な配分を動的に決定します。

Adobe Audience Manager

Audience Manager の新機能、修正点、ドキュメントおよびチュートリアルです。
リリース日: 2020 年 8 月 14 日

Adobe Audience Manager の新機能および修正点

  • Google Customer Match を使用して ユーザーベースの宛先 を介してユーザーをターゲットできるようになりました。ユーザーベースの宛先を使用してファーストパーティオーディエンスセグメントを Google Customer Match 送信先に送信する前に、Google によってファーストパーティ許可リストに追加される必要があります。詳しくは、 ユーザーベースの宛先 に関するドキュメントを参照してください。(PLAT-53962)
  • 予測オーディエンス では、モデル作成時に、モデルごとのプロファイル結合ルールの選択がサポートされるようになりました。(AAM-55178)
  • 宛先マッピングの開始日と終了日が各セグメントのページに表示されるようになりました。(AAM-40056)
  • 特性の「デバイスタイプ」が、新しい特性の作成時に自動的に「 クロスデバイス」に設定される問題を修正しました。(AAM-55368)
  • Audience Marketplace の読み込みに失敗する問題を修正しました 。(AAM-55549)
  • Google UserList パラメーターを取得できない場合に、Google 宛先からセグメントのマッピングを解除できるようになりました。(AAM-42655)
  • 宛先に複数のセグメントを追加すると、正しく機能しない場合がある問題を修正しました。(AAM-55651)
  • Profile Merge Rules 制限を増やしたユーザーに「追加新しいルール」ボタンが表示されない問題を修正しました。(AAM-55700)
  • 「30 日が重複する個別ユーザー」のタイトルがデータフィードレポート指標に表示されない問題を修正しました。(AAM-55801)
  • 宛先が書き出しするように設定されている場合、全期間指標が宛先表示から除外されるようになりました UUID。(AAM-54196)
  • ユーザーが Tableau レポートを表示できない問題を修正しました。(AAM-55868)
  • 新しい予測オーディエンスモデルを作成するとエラーが発生する問題を修正しました。(AAM-55921)
  • インターフェイス全体で複数のアクセシビリティを改善しました。(AAM-49062、AAM-49063、AAM-49365)

Audience Manager の新しいチュートリアル

公開日
名前
タイプ
説明
2020 年 8 月 8 日
チュートリアル
このコースでは、既存の顧客をリーチキャンペーンから削除して、費用を節約し、顧客体験を最適化する使用例について、開始から終了するまでに必要なすべての概念について説明します。この使用例には、特徴やセグメントの作成、適切なプロファイルの結合ルールの追加、宛先へのセグメントの追加、ROI の計算などが含まれます。
2020 年 8 月 8 日
チュートリアル
このビデオでは、プロファイルの結合ルールの最も一般的な使用例を 3 つ見つけ、それらの使用例がマーケティング活動に役立つかどうかを確認します。
2020 年 8 月 6 日
チュートリアル
Audience Manager でセグメントを作成する場合は、フォルダーベースの構造、または​ 分類 ​に保存します。セグメント分類の作成と管理に関するヒントをいくつか説明します。
2020 年 8 月 5 日
チュートリアル
REST API を使用するための資格情報については、Adobe コンサルティングまたはカスタマーケアに問い合わせる代わりに、ブラウザーで Adobe.io にアクセスし、独自の資格情報を取得または登録するだけで済みます。
2020 年 8 月 1 日
チュートリアル
最新性と頻度を使用して、ある特性に対して特定の期間内に訪問者が何回資格を与えたかをセグメントパラメーターに示します。これは、コンテンツのアフィニティや頻度制限の使用例などに最適です。
2020 年 7 月 23 日
チュートリアル
UI のフィールドに従って、Audience Manager 内にセグメントを作成します。
2020 年 7 月 23 日
チュートリアル
このビデオでは、セグメントを定義し、特性別に分類して、セグメントを作成する必要があることを示すプロセスについて説明します。
2020 年 7 月 18 日
チュートリアル
広告をコンバーターに変換するのを抑制し、コストを節約し、顧客体験を最適化します。
2020 年 7 月 16 日
チュートリアル
既存の顧客に広告を表示しないことによるキャンペーンコストの節約額を判断する数式をいくつか使用する方法を説明します。
2020 年 7 月 11 日
チュートリアル
このビデオでは、セグメントを作成して、顧客ステータスに変換済みのセグメントを除外するオプションについて説明します。

Adobe Experience Manager

Adobe Experience Manager(AEM)の新機能、修正点および更新です。安定性、セキュリティ、パフォーマンスを高めるために、オンプレミス環境のお客様には最新のパッチをデプロイすることをお勧めします。

製品リリース

  • AEM as a Cloud Service
    AEM as a Cloud Service の新機能には何がありますか?主な特徴は次のとおりです。
    • AEM Commerce が Cloud Service で利用できるようになりました。詳しくは、「 AEM Commerce を Cloud Service として使用する前に 」を参照してください。
    • Adobe Target と Adobe Analytics のコネクタの機能強化には、ユーザーインターフェイスの強化、クラシック UI の置き換え、Adobe Launch の統合が含まれます。「 Adobe Analytics の統合 」および「 Adobe Target の統合 」を参照してください。
    • Asset Compute Service は、アセットを処理するための拡張可能なサービスです。管理者は、Asset Compute Service を使用して作成されたカスタムワーカーを呼び出すように Experience Manager を設定できます。開発者はこのサービスを使用して、複雑な使用例に対応する特殊なカスタムワーカーを作成できます。この Web サービスでは、様々なファイルタイプのサムネールを生成したり、Adobe ファイル形式から高品質な画像レンダリングを生成したり、ビデオのエンコード(将来)、メタデータの抽出、インデックス作成の前駆としてのフルテキストの抽出を行ったりできます。詳しくは、「 アセットマイクロサービスと処理プロファイルの使用 」を参照してください。
    • Asset Compute Service は拡張されて、カスタムアプリケーションを作成できるようになりました。これは、デジタルアセットを処理するためのスケーラブルで拡張可能な Adobe Experience Cloud のサービスです。画像、ビデオ、ドキュメントおよびその他のファイル形式を、サムネール、抽出したテキストおよびメタデータ、アーカイブなど、様々なレンディションに変換できます。デベロッパーは、カスタム使用事例に対処するためにカスタムアプリケーション(カスタムワーカーとも呼ばれます)を作成できます。 Project Firefly を使用して構築され、サーバーレス Adobe I/O Runtime で動作します。
    • AEM as a Cloud Service のワークフローモデルとダイナミックメディアに対して、複数の機能強化が行われました。
    • AEM コアコンポーネント のリリース 2.11.0 は、AEM Sites の一部として使用できるようになり、以下が含まれます。
    • Cloud Manager UI での複数の強化。
    • Cloud Manager のパイプラインで、カスタマーセットの変数とシークレットがサポートされるようになりました。 「 パイプライン変数 」を参照してください。
    • ログは Splunk アカウントに転送できます 。これにより、組織は自社の Splunk 投資を活用できます。
    • Java コードでプログラムされたアウトバウンドトラフィック用の 静的な、専用の出力 IP アドレス を割り当てることができます。これは、一部の統合で役立つ場合があります。
    • Cloud Readiness Analyzer v1.0.2 がリリースされました。詳細については、 リリースノート を参照してください。Cloud Readiness Analyzer の使用を開始するには 、「 Cloud Readiness Analyzer の使用 」を参照してください。

セルフサービス

コミュニティ

  • Experience League の最新の AEM コンテンツ
    これは、Adobe が作成したデジタルエクスペリエンスの技術コンテンツの正式なソースです。完全なリストは こちら を参照してください。

新しい Experience Manager コースとチュートリアル

以下は、過去 1 か月間に公開された新しいビデオ、チュートリアル、コースです。
公開日
名前
タイプ
説明
2020 年 8 月 8 日
コース
基本コンテンツアーキテクチャと分類の設定から、メタデータやアセット処理のカスタマイズまで、主要な懸念事項を設定し、AEM Assets 実装の基盤を確立する方法を説明します。
2020 年 8 月 8 日
チュートリアル
説明
2020 年 7 月 20 日
チュートリアル
オンプレミスまたは AMS でホストされている Experience Manager から AEM as a Cloud Service 環境としてコンテンツを移行する場合は、コンテンツ転送ツールを使用することをお勧めします。
2020 年 7 月 22 日
チュートリアル
ライブコピー作成ウィザードを使用して、ブループリントからサイトのライブコピーを作成する方法を説明します。
2020 年 7 月 22 日
チュートリアル
サイト全体での継承の表示や管理、またはライブコピーの概要コンソールを使用したロールアウト操作の実行方法を学習します。
2020 年 7 月 22 日
チュートリアル
言語コピー用の翻訳プロジェクトを作成、編集、管理する方法を説明します。
2020 年 7 月 22 日
チュートリアル
既存の翻訳プロジェクトに翻訳ジョブを追加する方法を説明します。
2020 年 7 月 22 日
チュートリアル
言語コピーの変更を更新、確認、承認する方法について説明します。変更は Launches の支援を得て行います。
2020 年 7 月 22 日
チュートリアル
AEM Sitesの言語コピーを使用して、多言語サイトを作成する方法の概要を説明します。
2020 年 7 月 22 日
チュートリアル
AEM Sites でのライブコピーとそのブループリント間の関係を理解します。
2020 年 7 月 22 日
チュートリアル
ページレベルでライブコピーとそのブループリント間の継承を管理する方法を説明します。
2020 年 7 月 22 日
チュートリアル
コンポーネントレベルでライブコピーとそのブループリント間の継承を管理する方法を理解します。
2020 年 7 月 22 日
チュートリアル
説明
2020 年 7 月 22 日
チュートリアル
言語コピーの作成ウィザードを使用して、AEM サイト用の言語コピーを作成する方法を学びます。
2020 年 7 月 22 日
チュートリアル
AEM プロジェクトコンソールから言語コピー用の多言語翻訳プロジェクトを作成、編集、管理する方法について説明します。
2020 年 7 月 22 日
チュートリアル
サイトの作成ウィザードを使用して、既存の言語コピーから国のサイトを作成する方法を説明します。
2020 年 7 月 22 日
チュートリアル
既存の言語コピーでページを作成し、そのコンテンツを別の言語コピーに翻訳する方法を説明します。
2020 年 7 月 22 日
チュートリアル
翻訳ジョブまたはジョブ内の項目に関連付けられた様々なステータスを理解します。
2020 年 7 月 22 日
チュートリアル
「ビジネスユーザー向け複数サイト管理の概要マルチサイト管理」コースです。
2020 年 7 月 22 日
チュートリアル
アダプティブフォームは、パネルやフィールドのグループのようなフォームセグメントを 1 回だけ作成し、アダプティブフォーム間で再利用する便利なメカニズムです。これらの再利用可能な独立したセグメントは、アダプティブフォームフラグメントと呼ばれます。
2020 年 7 月 22 日
チュートリアル
AEM 受信トレイフォームワークフローを含む様々な AEM コンポーネントからの通知とタスクを統合します。
2020 年 7 月 22 日
チュートリアル
ログは AEM アプリケーションのデバッグの最前線として機能しますが、デプロイされる AEM アプリケーションでの適切なログの記録に依存します。
2020 年 7 月 22 日
チュートリアル
デベロッパー向け AEM SPA エディターの概要に関するコースを紹介します。
2020 年 7 月 22 日
チュートリアル
ベースラインアセットフォルダーでのユーザーアクセスの管理は、ガバナンスの重要な側面であり、プロセスを適切にサポートできるようにします。
2020 年 7 月 22 日
チュートリアル
自動開始ワークフローは、アップロードまたは再処理時にカスタムワークフローを自動的に呼び出すことにより、AEM as a Cloud Service でのアセット処理を拡張します。
2020 年 7 月 22 日
チュートリアル
ログは AEM アプリケーションのデバッグの最前線として機能しますが、デプロイされる AEM アプリケーションでの適切なログの記録に依存します。
2020 年 7 月 22 日
チュートリアル
作成者がテンプレートを使用してアダプティブフォームを作成する場合、新しいフォームは、テンプレートで指定した構造とコンポーネントを継承します。
2020 年 7 月 22 日
チュートリアル
RDBMS でバックアップされたフォームデータモデルを作成する最初の手順は、Apache Sling 接続プールに入れられたデータソースを設定することです。
2020 年 7 月 22 日
チュートリアル
フォームデータモデルを使用したフォームの事前入力の概要です。
2020 年 7 月 22 日
チュートリアル
このビデオでは、最初のアダプティブフォームの作成方法を学びます。

Adobe Campaign

Adobe Campaign は、オンラインおよびオフラインのマーケティングチャネルにわたって 1 対 1 のメッセージを届けるために直感的で自動化された方法を提供します。顧客の習慣や好みによって特定されたエクスペリエンスを利用して、顧客が欲しいものを予測できるようになりました。

新しい製品リリース

Campaign Classic、Campaign Standard、コントロールパネルのリリース情報

Campaign Classic

新規および更新された Campaign コースとチュートリアル

以下は、過去 1 か月間に公開された新しいビデオ、チュートリアル、コースです。
公開日
名前
タイプ
説明
2020 年 7 月 11 日
Campaign Classic
公開鍵を作成し、Campaign インスタンスに読み込んでインストールし、受信データを復号化する方法を説明します。
2020 年 7 月 11 日
Campaign Classic
Campaign コントロールパネルにインストールされた GPG キーを使用してデータを書き出す方法を説明します。
2020 年 7 月 11 日
Campaign Classic
GPG の公開鍵と秘密鍵のペアを生成し、公開鍵を Campaign コントロールパネルにインストールして、インスタンスからデータを送信する前にデータを暗号化する方法を説明します。
2020 年 7 月 22 日
Campaign Classic
クロスチャネルのマーケティングキャンペーンを効果的に計画、実行、測定するのに役立つ、Adobe Campaign の主要概念を理解します。
2020 年 7 月 23 日
Campaign Classic
マーケティングプラン、プログラム、キャンペーンを作成する方法、キャンペーンのプロパティを設定する方法、およびスケジュールの使用方法を説明します。このビデオでは、ガイド付きで練習を実行します。
2020 年 7 月 24 日
Campaign Classic
Adobe Campaign Classic のプロファイルの概念を理解します。プロファイルデータにアクセスする方法、プロファイルの並べ替えとフィルターをおこなう方法、プロファイルを手動で作成および管理する方法について説明します。
2020 年 7 月 29 日
Campaign Classic
多言語ニュースレターの例で、配信に条件付きコンテンツを追加する方法を説明します。
2020 年 7 月 29 日
Campaign Classic
パーソナライゼーションフィールドを電子メール配信の件名行とコンテンツに追加する方法について説明します。
2020 年 7 月 29 日
Campaign Classic
キャンペーンワークフローの使用について理解し、フィルタリング条件を使用してワークフロー内でワークフローとターゲットプロファイルを作成する方法を学びます。
2020 年 8 月 1 日
Campaign Classic
詳細な分析レポートを生成する方法を説明します。
2020 年 7 月 10 日
Campaign Standard
Campaign コントロールパネルにインストールされた GPG キーを使用してデータを書き出す方法を説明します。
2020 年 7 月 10 日
Campaign Standard
公開鍵を作成し、Campaign インスタンスに読み込んでインストールし、受信データを復号化する方法を説明します。
2020 年 7 月 10 日
Campaign Standard
送信データの暗号化用に、特定の Campaign インスタンスに公開/秘密鍵のペアを生成してインストールする方法を説明します。

Advertising Cloud

以下は、Adobe Advertising Cloud のリリースノートです。

Advertising Cloud DSP の新機能

更新日:8 月 21 日
機能
説明
Roku の予測
Roku プレースメントの予測機能を利用できるようになりました。
VAST インベントリを含むように拡張されたインタラクティブなプリロール
各インタラクティブプリロール配置と広告で、VPAID と VAST の両方のインベントリをサポートできるようになりました。 注意 :主要 KPI が視聴性である場合は、VPAID と VAST の配置と広告を引き続き個別に作成します。これは、VAST 広告に表示可能なインプレッションを使用できないためです。

Magento

Magent リリースノートについては、以下を参照してください。

Marketo Engage

Marketo Engage は、複雑な購入ジャーニーの各ステージを通じてエンゲージメントをおこなうことで顧客体験を変えようとしているリード管理や B2B マーケター向けの完全なアプリケーションです。

Core Marketo Engage の更新

最新のリリース情報については、Marketo リリースノート を参照してください。

予定されている機能

今四半期を通じて、次の機能がリリースされます。
機能
説明
Bizible
  • 新しいアカウントベースのセグメント化
  • ダッシュボード固有のフィルターの保存
  • Bizbile ダッシュボードを PDF 形式で書き出し
Sales Connect
ウィンドウとコマンドセンターの構成の更新/機能強化

発表

Marketo Engage サクセスセンター: 2020 年 2 月に立ち上げ予定。サクセスセンターは製品内ヘルプセンターで、製品ドキュメントとコミュニティの検索、ハウツーガイドの起動、導入コンテンツへのアクセスなどをおこなうことができます。注意:この機能は ANZ でベータ版として開始され、四半期の後半に北米で公開予定です。

廃止

  • アセット API "_method" パラメーター: 2020 年 9 月以降、アセット API エンドポイントでは、URI の長さ制限を回避するために、POST 本文にクエリパラメーターを渡す _method を使用できなくなります。
  • Internet Explorer のサポートの廃止: 2020 年 8 月 1 日のリリース以降、Marketo Engage ユーザーインターフェイスは Internet Explorer でサポートされなくなります。
これまでのリリースノートと過去のリリースノートについては、 Marketo リリースノート を参照してください。