Show Menu
トピック×

リリースノート - 2017 年 11 月

Adobe Experience Cloud の新機能および修正点です。
Adobe Priority Product Update (英語)では、メンテナンスリリースにて追加されるソリューションの新機能および修正予定の情報をリリースの 1 週間前にメールでお届けしております。購読をご希望の場合は、サイトにて必要事項をご記入ください。Priority Product Update 内のリリース情報は、リリース日の 1 週間前に発表されます。リリース後にもう一度アクセスして最新情報をご確認ください。

Experience Cloud のレシピ

Experience Cloud のレシピ - クロスソリューションのワークフローと統合を実装し導入する際に役立つ情報を提供します。
レシピ
発行日
説明
初回セットアップ
2017 年 10 月 18 日
初回のセットアップレシピでは、Experience Cloudソリューションの使用を開始するための手順を順を追って説明します。
電子メールマーケティングの最適化
2017 年 8 月 15 日
電子メールマーケティングの使用例は、分析、最適化、キャンペーン管理を組み合わせた統合電子メール戦略を導入する方法を示しています。
モバイルアプリのエンゲージメント
2017 年 6 月 1 日
モバイルアプリエンゲージメントの使用例は、モバイルアプリをAdobe Experience Cloudと統合して、ユーザーエンゲージメントを測定し、パーソナライズされたエクスペリエンスをオーディエンスに提供する方法を示します。
デジタルマーケティングプラットフォーム
2017 年 5 月
Digital Foundation の使用例は、分析、最適化、キャンペーン管理の機能を備えたデジタルマーケティングプラットフォームの実装に役立ちます。
カスタマーインテリジェンス
2017 年 4 月
複数のデータソースを使用した統合顧客プロファイルの作成方法と、そのプロファイルを使用したアクショナブルなオーディエンスの作成方法を説明します。

Experience Cloud およびコアサービス

アセット、フィード、プロファイルとオーディエンス、Mobile Services、起動、Dynamic Tag Managementなど、コアサービスインターフェイスのリリースノートです。 Experience Cloud ID サービス(訪問者 API)のリリース情報も含まれています。

Adobe Launch

これは、Launchの最初のリリースです。
リリース日: 2017 年 11 月 8 日
Launch は、Adobe Experience Cloud の既存のお客様に段階的に展開されています。いち早く入手したい場合は、 Launch リリースフォーム に必要事項を記入して、お問い合わせください。
Launch は、アドビが提供する次世代タグ管理機能です。 Launch は、顧客体験の実現に必要なすべての分析、マーケティングおよび広告のタグをデプロイおよび管理するためのシンプルな手段を提供します。
「起動」を使用すると、誰でもLaunchと呼ばれる独自の統合(Launchと呼ばれる)を構築し、維持することができます。 これらの拡張機能は、App-Storeの使用経験から起動するユーザーに提供されるので、タグをすばやくインストール、設定および導入できます。
Launch は、Adobe Experience Cloud に付属の付加価値機能として提供されています。Launchは、以前のDynamic Tag Management(DTM)サービスに代わる新しいコードベースを備えた完全に新しい製品です。 ただし、DTMは当面の間、引き続きサポートされます。 Adobeは、重要なバグの修正を継続し、パフォーマンスの一貫性を保ちます。 現時点では、レガシーDTMの主な機能強化は予定されていません。
主要なメリット
  • 迅速な価値の創出
  • データ要素を使用した、一元化された収集、整理および配信による、信頼できるデータ
  • ルールビルダーを使用した、データとマーケティングテクノロジーの統合による、強力なエクスペリエンス
主な特長
機能 説明
拡張機能
拡張子は、UIとクライアントの起動機能を拡張するコード(JavaScript、HTML、CSS)のパッケージです。​ほぼセルフサービスのインターフェイスを使用して、統合を作成、管理、更新できます。Launch はオペレーティングシステム、拡張機能はタスクの遂行に使用されるアプリケーションと考えることができます。
拡張機能カタログ
独立系ソフトウェアベンダーによって作成および管理されたマーケティング/広告ツールを、参照、設定およびデプロイします。
ルールビルダー
条件と例外に if/then ロジックを使用して決定した順番で、複数のイベントを組み合わせた堅牢なルールを作成します。拡張機能には、次のオプションが用意されています。
  • イベント
  • 条件
  • 例外
  • アクション
ルールビルダーには、リアルタイムのエラーチェックと、カスタムコードの構文の強調表示が含まれています。
ルールで概要を説明した条件を満たすと、定義したアクションが順に実行されます。
データ要素
Web ベースのマーケティングおよび広告テクノロジーにわたってデータを収集、整理および配信します。
Enterprise Publishing
公開プロセスを使用すると、チームはページにコードを公開できます。異なるユーザーが実装を作成して、承認し、ページにこう書きできます。
  • コードに対する変更は定義するライブラリ内にカプセル化される
  • コードをデプロイする場所とタイミングを指定する
  • 異なるチームが並行して複数のライブラリを作成可能
  • 無制限の開発環境
  • ライブラリを結合するために計画的に許可されたプロセス
API を開く
個々のテクノロジーまたはテクノロジーのグループの実装を自動化します。
  • 起動はReactor APIと対話​します
  • デプロイメントは API で自動化できる
  • 起動APIを独自の内部システムと統合​する
  • 必要に応じて、独自のユーザーインターフェイスを作成できる
軽量なモジュール式コンテナタグ
起動コンテナタグは、Adobe Tag Managerよりも60%軽く、Google Tag Managerより40%軽くなります。 カスタムコードを含む、コンテナのコンテンツが縮小されます。すべてがモジュラー式です。項目が不要な場合は、ライブラリに含まれません。その結果、高速でコンパクトな実装になります。
その他のハイライト
Launch には、以下のように、同様のシステムに対していくつかの強化点があります。
  • Chrome で許可されていないところでは document.write () を使用しない
  • 不要な HTTP 呼び出しを最小化するために、ページ上部およびページ下部のルールは、メインライブラリにバンドルされる
  • ルール内のカスタムアクションスクリプトは、並行して読み込むことができるが、順番に実行される
  • ページ上部およびページ下部のルールを回避する場合、コードはほとんど非同期となり、完全に非同期になるパスを含む

Mobile Services

Mobile Services の新機能、更新および修正点です。
リリース日: 2017 年 11 月 9 日
  • マイナーな問題を修正しました。
  • 2018年3月より、Adobe Analyticsのログインプロセスはサポートされなくなるので、Adobe IDはログインする必要があります。 詳細情報... .
製品ドキュメントについては、 AdobeMobile Services (Mobile Servicesのサービス)を参照してください。 以前のリリースのリリースノートを確認するには、左側のパネルの「 以前のリリースノート 」を展開してください。

Analytics

リリース日: 2017 年 11 月 9 日

Analytics 管理者向けの重要な注意事項

データ収集や処理、API、製品の提供終了などに影響を及ぼす可能性のある重要な注意事項について、以下の表を確認してください。
通知 追加日または更新日 説明
ユーザーアカウントのリンク
2017 年 10 月 27 日
Analytics ユーザーは、Experience Cloud と Analytics のアカウントを手動でリンクする必要がなくなりました。ユーザーは、 Admin Console の管理者に問い合わせて Analytics のアクセス権を要求できます。
 <!--<xref href="https://jira.corp.adobe.com/browse/CORE-5526">https://jira.corp.adobe.com/browse/CORE-5526</xref>--></p> <p> <a href="https://marketing.adobe.com/resources/help/ja_JP/experience-cloud/admin-console/analytics-migration/" format="https" scope="external">Analytics のユーザー ID の移行の詳細情報を参照してください</a>。 </p> </td> 

Admin ConsoleへのユーザIDの移行
2017 年 9 月 21 日
管理者は、Analytics ユーザー ID 移行機能を使用して、Analytics ユーザー管理から Adobe Admin Console にユーザーアカウントを簡単に移行できます。ユーザーを移行すると、Experience Cloudで使用可能なソリューションおよびコアサービスにアクセスできるようになります。 移行は、今月の後半から段階的にお客様に展開されています。
Admin Console への移行の影響を受ける API メソッドに関する通知
2017 年 9 月 21 日
アドビでは、ユーザーアクセスと管理を Admin Console に移行するための取り組みの一環として、 Permissions Company.GetLoginKey API メソッドを段階的に廃止する予定です。
Analytics で現在これらのメソッドを使用しているすべての企業に対し、 2018 年 3 月 31 日 以降、移行前の通知が送付されます。この通知を受け取った後、管理者は移行開始の30日前に設定され、これらの方法は会社で使用できなくなります。
このイベントに対する準備をし、影響を受ける API とアドビの推奨事項を確認するには、 Analytics 管理 API 1.4 を参照してください。
Ad Hoc Analysis
2017 年 9 月 21 日
2018年5月現在、Ad Hoc AnalysisはJava 8以降のみをサポートします。 2018年5月のメンテナンスリリース後にJava 7でAd Hoc Analysisを実行する場合、AdobeはAd Hoc Analysisの実装をサポートしなくなります。
アドビの.jarファイルは、1.7.0_76より前のJavaバージョンではサポートされない、安全な256ビット暗号化を使用して署名されています。 この256ビット証明書は、セキュリティ強化をお客様に提供します。
ボットルール
2017 年 9 月 21 日
レポートスイートごとに定義するボットルールは500以下にすることをお勧めします。
:ユーザーインターフェイスでは 500 個のルールを手動で定義することが可能です。この制限を超える場合は、「 ファイルのインポート 」および「ボットルールをエクスポート」オプションを使用して、ルールを一括処理する必要があります。
カレンダーイベント:直近 20 件のイベントの表示
2017 年 9 月 21 日
最適なレポートパフォーマンスを実現するために、直近の 20 件のカレンダーイベントがトレンドグラフおよびオーバータイムグラフに表示されます。
geo_zip
2017 年 8 月 23 日
8 月 22 日をもって、Adobe Analytics はすべてのヒットについて geo_zip の計測を開始しました。この更新により、特にモバイルデバイスのデータの正確性が向上します。以前は、geo_zip は訪問ごとに 1 度のみ設定されていました。現在は、geo_zipは訪問者の訪問中に正しく変更される可能性があります。 geo_zip フィールドはレポートでは表示されませんが、データフィードでは取得できます。
地理特性
2017 年 8 月 21 日
8 月 22 日、すべてのお客様に対して Adobe Analytics の 地理特性 レポートが有効になりました。これは、予定されている Admin Console の地理特性設定の削除に向けた変更です。

Adobe Analytics の新機能

Adobe Analyticsでリリースされた機能強化と新機能。
製品 機能名 説明
Analysis Workspace
互換性のないコンポーネントのリスト
場合によっては、プロジェクトに含まれるすべてのコンポーネントがレポートスイートに含まれないことがあります。 表示される「互換性のないレポートスイート」メッセージ(プロジェクトの読み込み時またはレポートスイートに切り替えた場合)に、互換性のないコンポーネントがリストされるようになりました。

Analytics - 修正および更新

Adobe Analytics インターフェイスのツールとコンポーネント(Analysis Workspace、Reports & Analytics、Report Builder など)に適用された修正およびマイナーアップデートです。
製品 修正または更新
Analysis Workspace
  • 割合指標を示す折れ線グラフまたは棒グラフのY軸が常に100%に縮小される問題を修正しました。 (AN-152424、AN-152391)
  • Workspaceで値をコピーして貼り付けできない問題を修正しました。 (AN-151844、AN-148578)
Analyticsの一般
  • 過去の日付範囲にフィルターまたはセグメントが適用された場合にデータが返されない問題を修正しました。 (AN-151926、AN-152011)
Data Workbench
Data Workbench のリリースノート を参照してください。

Analytics - 管理、データ収集、実装

実装および開発者(Web サービスおよび SDK)を含む、Analytics 管理ツールに適用された修正および更新です。
製品 / 機能 更新
AppMeasurement(レガシーおよびモバイル SDK)
JavaScript 版 AppMeasurement
JavaScript 2.6.0
s_glを呼び出すと、AppMeasurementライブラリで正しいアカウントの組み合わせが必ずしも設定されない問題を修正しました。 (AN-152153)
その他のプラットフォームにおける AppMeasurement
次に示すプラットフォームにおける AppMeasurement のリリース履歴については、 AppMeasurement のリリース履歴 を参照してください。
  • JavaScript
  • iOS
  • Android
  • Flash-Flex
  • OSX
  • Windows Phone、Xbox、Silverlight、.NET
  • BlackBerry
  • Java
  • PHP
  • Symbian
参照: Marketing Cloud ID サービス (以前の 訪問者 ID サービス

Audience Manager

修正点、機能強化および廃止された機能
  • IE 11 で、特性の詳細ページの CSV ダウンロードが適切に動作しなかった問題を修正しました。
  • セグメントフォルダーの GET API メソッドが path パラメーターを返さなかった問題を修正しました。
  • GET API メソッドの folderCount パラメーターがサブフォルダーの合計数を返さなかった問題を修正しました。
  • コードを改訂して、セグメントページの読み込み時間を改善しました。

Target

以下の製品に関する最新のリリース情報については、 Adobe Target リリースノート を参照してください。
  • Target Standard および Premium
  • ターゲットクラシック
  • Recommendations Classic

Campaign

Adobe Campaign は、オンラインおよびオフラインのマーケティングチャネルにわたって 1 対 1 のメッセージを届けるために直感的で自動化された方法を提供します。顧客の習慣や好みによって特定されたエクスペリエンスを利用して、顧客が欲しいものを予測できるようになりました。
製品ドキュメントについては、以下を参照してください。

Experience Manager

AEM リリースノート

安定性、セキュリティ、パフォーマンスを高めるために、オンプレミス環境のお客様には最新のパッチをデプロイすることをお勧めします。
タイトル 説明
製品リリース
AEM Desktop App 1.6
AEM Desktop App 1.6は、ログオンプロセスの強化と、AEMの様々なセキュリティ構成のサポートに重点を置いています。バックグラウンドでのダウンロードとアップロードの操作、アプリケーションの安定性とパフォーマンスに関する詳細情報。
スマートイメージング
Dynamic Media Classic(Scene7)/Dynamic Media におけるスマートイメージングに関するよくある質問(FAQ)です。
AEM 6.3 コンテンツフラグメントの更新とコンテンツサービス - 機能パック
この機能パックは、コンテンツフラグメント、コアコンポーネント、JSONエクスポーターに更新を提供します。
この機能強化により、構造化されたコンテンツモデルに基づくコンテンツフラグメントの定義と、チャネルやタッチポイントをまたいで使用可能な JSON 形式での AEM コンテンツの配信が可能になります。
製品メンテナンス
AEM 6.3 Service Pack 1
2017 年 10 月 13 日にリリースされた AEM 6.3 Service Pack 1(6.3.1.0)は、パフォーマンス、安定性、セキュリティ、お客様向けの主要な修正に加え、2017 年 4 月の AEM 6.3 の一般リリース(GA)以降にリリースされた機能拡張を含む重要なアップデートです。
AEM 6.3 GAにAEM 6.3 Service Pack 1をインストールできます。
このService Packの主な特徴は次のとおりです。
  • 組み込み型のリポジトリ(Apache Jackrabbit Oak)がバージョン1.6.3に更新されました。
  • タッチ操作対応UIのデスクトップアプリを使用した複数のアセットに対する拡張デスクトップアクションのサポート。
  • Marketing Cloudソリューション(Adobe Analytics、AdobeDynamic Tag Management、Adobe Target、AdobeSearch&Promote)用に、ユーザーが設定できる接続タイムアウトパラメーターをサポートします。
  • 複雑なサイト階層を発行するためのパブリケーション管理機能が強化されました。
  • Iparsysの機能を改良し、ページ内のテキスト編集を反映させました。
  • アセットのバージョン削除を改善。
  • Brand Portalにアセットを公開する際のAEMのパフォーマンスが最適化されました。
  • 柔軟なコンテンツモデルとJSON APIの管理が可能になりました。
  • AEMコンテンツフラグメントの翻訳に関する問題を解決しました。
  • Communitiesのファイルライブラリ、スパム検出、モデレートユーザーインターフェイス、および有効化機能が改善されました。
  • Oracle EXA Platformで実行するOracle Linux 7.1でのAEM Formsの実行のサポートを追加しました。
  • フォームポータルの表示および検索でDAMアセットをリストする機能が追加されました。
  • Process Managementタスクに対してCRXアセットを動的に選択できる機能。
AEM 6.2 Service Pack 1 - 累積 Fix Pack 8
2017 年 10 月 9 日にリリースされた AEM 6.2 SP1-CFP8 は重要なアップデートであり、2016 年 12 月の AEM 6.2 SP1 の一般リリース以降にリリースされた主なお客様向けの修正が含まれています。
AEM 6.1 Service Pack 2 - 累積 Fix Pack 12
2017 年 10 月 6 日にリリースされた AEM 6.1 SP2-CFP12 は重要なアップデートであり、2016 年 8 月の AEM 6.1 SP2 の一般リリース以降にリリースされた主なお客様向けの修正が含まれています。
セルフサービス
https://helpx.adobe.com/jp へのドキュメントの移行
Experience Cloud ドキュメントシステムの完全なオーバーホールの一環として、AEM 技術ドキュメントセットを既存の AEM docs.adobe.com プラットフォームから一元化された Helpx プラットフォームに移行しました。以下の場所で、AEM ドキュメントを検索できるようになりました。
注意:AEM 6.1 ドキュメントは、 https://docs.adobe.com/docs/ja/aem/6-1.html で引き続き利用できます。以前の AEM バージョンのドキュメントは、 こちら にアーカイブされています。
Adobe Experience Cloud チュートリアル
Adobe Experience Cloudのチュートリアルで基礎を学んだり、スキルを磨いたりします。
AEM Repo ツール
AEM Repo Toolの詳細。 このソリューションは、依存関係を最小限に抑えて、ファイルシステムとAEM間のシンプルなFTPライク転送に利用できます。 これは単純なbashスクリプトで、IntelliJとEclipseに統合できます。
AEM 6.3 Forms へのアップグレード
移行ユーティリティを使用して自動的に移行されないアダプティブフォームルールの処理に関する情報を追加しました。
コミュニティ
カスタマーケアオフィス時間
2017年11月14日午前10時30分 — 11時30分(PST)のAEM 6 Performance Tuning & Best Practicesについてご確認ください。
このセッションでは、次の内容について学習します。
  • 導入のベストプラクティス。
  • AEM Assetsの実装を計画しています。
  • AEMデータストレージアーキテクチャ。
  • AEM Assets最適化。
  • 必須のメンテナンスタスク。
Experience Insider - AEM作成者に対するベストプラクティスの洞察を提供します。
Experience Insiderに登録して、最新のAEMのベストプラクティスとヒントとテクニックを入手します。 https://bit.ly/EINews で、すぐにサインアップできます。アーカイブは、 https://www.adobeeventsonline.com/AEM/2017/NL/lp/ で利用できます。
毎月のウェビナー — お客様がより効率的になり、より迅速にマーケティングを行えるようにお手伝いします。 この月のExperience Insiderウェビナーでは、AEMのFluid Experiencesのベストプラクティスと、ヘッドフルまたはヘッドレスのCMSシナリオでのコンテンツとエクスペリエンスの管理に関するアプリケーションに関する情報を説明します。 詳細情報と参加登録のためのリンク( https://landing.adobe.com/ags/2017/na/aem-6-3-best-practice/power-tips-and-best-practices.html )を作成者と共有してください。
AEM コミュニティの専門家への質問
11月28日の2017年Askの最終Askに関するAdobeのバートランド・ド・クーポントに参加。
BertrandはAEM Communitiesに飛び込み、コミュニティサイトのセットアップとカスタマイズの方法に関するデモを行います。 強力なオーサリングインターフェイスを利用して、活気に満ちた顧客コミュニティを構築する方法を学びます。 起動後もファン基盤を長く関与させ続けるためのツールを学び、UGCを利用してブランドを強化します。
AEM GEMS
2017 年 11 月 22 日(水)午前 8:00(PST)に開催される、アドビのシニアコンピューターサイエンティスト、Dominique Pfister による AEM Dispatcher - 新機能とベストプラクティスのセッションにご参加ください。
バージョン 4.1.9 以降の新機能について説明します。また、ディスパッチャーのデプロイ時のベストプラクティスについても見ていきます。
最近行われたオンデマンドの技術セッション
headlessの使用例についてAEM Fluid Experiencesで技術的なセッションを欠落した場合は、次の時点でオンデマンドセッションを視聴できます。

Advertising Cloud

更新日: 2017 年 11 月 9 日
機能 説明
Analytics の統合
新しいフィードでは、1日のコンバージョン指標を利用でき、Analyticsで利用可能なすべての指標から選択できます。 詳しくは、アカウントマネージャーにお問い合わせください。新しいフィードへの移行をスケジュールするには、次の手順を実行します。
ポートフォリオ
(ベータ版機能)ポートフォリオで「キャンペーン予算の上限を自動調整」オプションが使用されている場合、「予算が原因で損失したインプレッションの共有」のBing Adsデータがポートフォリオのキャンペーン予算の自動調整に使用されるようになりました。
アドバンスキャンペーン管理(ACM)の検索
在庫フィードテンプレートで、フィードファイルまたはマーチャントセンターアカウントの列を、ラベル分類値の動的変数として使用できるようになりました。
一括送信シートと検索キャンペーンの検索
(Bing Adsアカウント)既存のBing動的検索広告(DSA)とDSAターゲットが、広告と自動ターゲット表示に表示されます。 DSAやターゲットのコストとクリックデータの正確さ、および売上高属性は今もテスト中で、Advertising Cloudはまだ最適化ポートフォリオ内のDSAターゲットの入札のモデル化と最適化を行っていません。 既存のBing動的検索広告(DSA)およびDSAターゲットをダウンロードし、一括送信シートを使用してDSAおよびDSAターゲットを編集(作成は不可)できるようになりました。 [一括送信シートのダウンロード]ダイアログで、[自動ターゲット]セクションを選択すると、動的検索ターゲットに関するデータが追加されます。
キャンペーン検索ベータ版
新しい機能を以下に示します。
  • キャンペーンベータ版の初期読み込みが高速になりました。
  • 以前の表示と同じプリセット日付範囲が、日付選択に含まれるようになりました。
  • ツールバーに新しいフィルタセットダイアログが表示されます。
  • ツールバーの横にある個々のフィルター定義をクリックして編集できます。
  • 列見出しから、列にフィルタを作成できます。
  • キャンペーン管理表示からバルクアクションを実行すると(複数のキャンペーンの設定の編集、データテーブルへの行の貼り付け、1つ以上のキャンペーンの同期など)、タスクが完了したか失敗したら、電子メール通知が届きます。

Social

Social 17.11.1.0 リリース(2017 年 11 月 14 日)には、次の変更が含まれています。
機能強化
機能 説明
Twitterの文字制限
Adobe Socialは、Twitterが280文字に制限するツイート数に合わせて更新されました。
詳細については、 Twitter コミュニティディスカッション を参照してください。
 <!--AS-41246--></p> </td>