Show Menu
トピック×

CGIパラメータ

CGIパラメータ

CGIパラメータの検索

サイトのHTMLにコピー&ペーストできる検索フォームコードが提供され Design てい Auto-Complete ます(> Form Source >)。
検索フォーム自体またはスクリプトから、リストに表示されるパラメーターを設定することもできます。 以下に示すパラメーターに加えて、バックエンド検索パラメーターを使用して検索を制御することもできます。
検索リクエストはベースURLで構成されます。 ベースURLは、顧客が検索しているアカウントと、関連するアカウントに対して目的の検索結果を返す方法を示すCGIパラメーターのセット(キーと値のペア)を示します。
ベースURLは、特定のアカウントと、ステージングされた環境またはライブ環境に関連付けられます。 アカウントマネージャーからベースURLの複数のエイリアスをリクエストできます。 例えば、Megacorpという会社のアカウントには、次の2つのベースURLが関連付けられている場合があります。 https://search.megacorp.com https://stage.megacorp.com 前者のURLはライブインデックスを検索し、後者のURLはステージングインデックスを検索します。
CGIパラメーターの3つの形式がサポートされています。 デフォルトでは、次の例のように、CGIパラメーターをセミコロンで区切るようにアカウントが設定されています。
https://search.megacorp.com?q=shoes;page=2
必要に応じて、アカウントマネージャーにアカウントを設定し、アンパサンドを使用してCGIパラメーターを区切るように設定することもできます。次に例を示します。
https://search.megacorp.com?q=shoes&page=2
SEO形式と呼ばれる3つ目の形式もサポートされています。この場合、区切り文字の代わりにスラッシュを使用し、 / 次の例のように等号を付けます。
https://search.megacorp.com/q/shoes/page/2
SEO形式を使用してリクエストが送信されるたびに、すべての出力リンクは同じ形式で返されます。
ガイド付き検索パラメーター
説明
q
q=string
検索のクエリ文字列を指定します。 このパラメーターはバックエンド検索パラメ sp_q ーターにマップされます。 バックエンド 検索のCGIパラメーターを参照してくださ い。
q#
q#=string
ファセット化(特定のフィールド内での検索)は、番号付きのqおよびxパラメータを使用して行われます。 qパラメーターは、対応する番号付きのxパラメーターで示されるように、ファセット内で検索する用語を定義します。
例えば、sizeとcolorという名前の2つのファセットがある場合、q1=small;x1=size;q2=red;x2=colorのように指定できます。 このパラメーターはバックエンド検索パラメ sp_q_exact_# ーターにマッピングされます。
x#
q#=string
ファセット化(特定のフィールド内での検索)は、番号付きのqおよびxパラメータを使用して行われます。 qパラメーターは、対応する番号付きのxパラメーターで示されるように、ファセット内で検索する用語を定義します。
例えば、sizeとcolorという名前の2つのファセットがある場合、q1=small;x1=size;q2=red;x2=colorのように指定できます。 このパラメーターはバックエンド検索パラメ sp_x_# ーターにマッピングされます。
コレクション
collection=string
検索に使用するコレクションを指定します。 このパラメーターはバックエンド検索パラメ sp_k ーターにマップされます。 バックエンド 検索のCGIパラメーターを参照してくださ い。
count
count=number
表示される結果の合計数を指定します。 デフォルトは、 > >で定 Settings 義さ Searching れます Searches。. このパラメーターはバックエンド検索パラメ sp_c ーターにマップされます。 バックエンド 検索のCGIパラメーターを参照してくださ い。
page
page=number
返される結果のページを指定します。
ランク
rank=field
静的なランクに使用するランクフィールドを指定します。 このフィールドは、関連性が0より大きいRank型のフィールドである必要があります。 このパラメーターはバックエンドパラメーター sp_sr にマップされます。 バックエンド 検索のCGIパラメーターを参照してくださ い。
並べ替え
sort=number
並べ替え順を指定します。
「0」はデフォルトで、関連度スコアで並べ替えられます。「1」は日付順に並べ替えます。「 —1」は並べ替えを行いません。 ユーザーは、パラメーターの値のフィールド名を指定で sp_s きます。 例えば、タイトル sp_s=title フィールドに含まれる値に従って結果を並べ替えます。 パラメーターの値にフィールド名を使用すると、結果 sp_s はそのフィールドで並べ替えられ、その後関連性で下位に並べ替えられます。 To enable this feature, click Settings > Metadata > Definitions. 定義ページで、をクリックするか、特定 Add New Field のフィールド Edit 名をクリックします。 ドロップダ Sorting ウンリストで、またはのいずれかを選 Ascending 択しま Descendingす。 このパラメーターはバックエンド検索パラメ sp_s ーターにマップされます。
バックエンド #い。(../c-appendices/c-cgiparameters.md#reference_582E85C3886740C98FE88CA9DF7918E8)。

バックエンド検索CGIパラメータ

通常、お客様はガイド付き検索と呼ばれるプレゼンテーションレイヤーを操作します。 ただし、理論的には、Guided Searchレイヤーをスキップし、このページで説明するCGIパラメーターを使用してバックエンドのコア検索と直接やり取りすることが可能です。
次の表から、バックエンド検索CGIパラメータを選択できます。
単一のクエリのサポート
複数のクエリのサポート
説明
1
sp_a
sp_a=文字列
アカウント番号の文字列を指定します。 このパラメーターは必須で、有効なアカウント番号文字列である必要があります。 アカウント番号の文字列は、設定/アカウントオ プショ ン/アカ ウント 設定 にありま す。
2
sp_advanced
sp_advanced= 0または1
sp_ advanced=1 がクエリで送信された場合、検索テンプレート内の <search-if-advanced>タグと </search-if-advanced>タグの間のすべてのコードが検索フォームに使用されます。 <search-if-not-advanced> タグと</search-if-not-advanced> タグの間のコードはすべて無 視されます。 sp_advanced=0 (または他の値)が送信された場合、<search-if-advanced>テンプレートブロックは無視され、<search-if-not-advanced>テンプレートブロックが使用されます。
3
sp_c
sp_c= number
表示する結果の合計数を指定します。 デフォルトは 10 です。
4
sp_context_field
sp_context_field= field
特定のフィールドのコンテキスト情報を収集します。 収集された情報は、 <search-context>テンプレートタグを使用して検索結果に出力 されます。 The default value is body .
5
sp_d
sp_d=タイプ
実行する日付範囲検索のタイプを指定します。 指定可能な値は、日付範囲検索を行わないことを意味する。 sp_date_の値を用いて検索対象の日付を決定することを示す。 sp_date_の値を用いて検索対象の日付を決定し、 sp_start_day、 sp_sp_st_start_sp_end、 sp_sp_en検索する日付範囲を決定するために使用します。 sp_dは、 検索フォームにカスタム範囲(sp_date_rangeを使用)または特定の開始日と終了日の範囲で検索するオプションが含まれている場合にのみ必 要です。
6
sp_d_#
sp_d_#=タイプ
対応するsp_q_#クエリで実行する日付範囲 の検索のタイプを指定し ます。 「#」は1 ~ 16の数値に置き換えられます(例: sp_d_8、番号付きクエ sp_q_8に適用されます )。
typeは、 sp_date_range_#の値を使用して検索日を決定し、sp_ q_min_ day_#、sp_min_ min_sp_min_ min_#、sp_q_min_min_ max_max日付の範囲を調べるには、_max_month_q_q#とsp_max_year#を使う。 sp_ d_#の使用は、検索フォームにカスタム範囲( sp_date_range_#を使用)または特定の開始日と終了日の範囲で検索するオプションが含まれている場合にのみ必要です。
7
sp_date_range
sp_date_range= number
検索に適用する事前定義の日付範囲を指定します。 0以上の値は、今日より前に検索する日数を指定します — 例えば、「0」の値は「today」を、「1」の値は「today and yesterday」を、「30」の値は「直近の30日以内」を示します。
0未満の値は、次のようにカスタム範囲を指定します。
-1 = "なし"。日付範囲を指定しない場合と同じ。
-2 = "今週"。現在の週の日曜日から土曜日まで検索します。
-3 = "先週"。現在の週の前の週の日曜日から土曜日までを検索します。
-4 = "今月"。現在の月内の日付を検索します。
-5 = "先月"。現在の月の前の月の日付を検索します。
-6 = "今年"。現在の年内の日付を検索します。
-7 = "昨年"。現在の年の前の年の日付を検索します。
8
sp_date_range_#
sp_date_range_#= number
対応するsp_q_#クエリに適用する、事前定義さ れた日付範囲を指定し ます。 「#」は1 ~ 16の数値に置き換えられます(例: sp_date_range_8、番号付きクエリ sp_q_8に適用されま す)。
0以上の値は、今日より前に検索する日数を指定します。 例えば、値0は今日を表します。値1は今日と昨日を指定します。値30は、過去30日間以内などを指定します。
0未満の値は、次のようにカスタム範囲を指定します。
-1 = "なし"。日付範囲を指定しない場合と同じ。
-2 = "今週"。現在の週の日曜日から土曜日まで検索します。
-3 = "先週"。現在の週の前の週の日曜日から土曜日までを検索します。
-4 = "今月"。現在の月内の日付を検索します。
-5 = "先月"。現在の月の前の月の日付を検索します。
-6 = "今年"。現在の年内の日付を検索します。
-7 = "昨年"。現在の年の前の年の日付を検索します。
9
sp_dedupe_field
sp_dedupe_field= fieldname
検索結果を重複除外する単一のフィールドを指定します。 そのフィールドの重複した結果はすべて検索結果から削除されます。 例えば、 sp_dedupe_field=titleの場合、特定のタイトルの最上位の結果のみが検索結果に表示されます(2つの結果が同じタイトルフィールドのコンテンツを持つことはありません)。 複数値(許可リスト)タイプのフィールドの場合、フィールドの内容全体が比較に使用されます。 1つのフィールドのみ指定できます。 フィールド名に「table-qualifier」は使用できません。
10
sp_e
sp_e= number
数字を超える文字を含むクエリ文字列の任意の単語に対して、自動ワイルドカード拡張を行うことを指定します。 つまり、 sp_e=5は、「 query」や「number」など5文字以上の単語をワイルドカード文字「*」で展開し、「query*」や「number*」の検索と同等にすることを指定します。 文字数の少ない単語は展開されないので、「word」を検索しても、自動的にワイルドカードが展開されることはありません。
11
sp_e_#
sp_e_#= number
対応する sp_q_#クエリ文字列の任意の単語に対して、数字を超える文字を使用して、自動ワ イルドカード拡張を行うことを指定します。 つまり、 sp_e_2=5は、 sp_q_2クエリ文字列内の5文字以上の単語(「query」や「number」など)をワイルドカード文字「*」で展開し、「query*」や「number*」の検索と同等にすることを指定します。 文字数の少ない単語は展開されないので、 sp_q_2で「word」を検索しても、自動的にワイルドカ ードが拡張されることはありません。
12
sp_end_day、sp_end_month、sp_end_year
sp_end_day= number ,sp_end_month= number , sp_end_year= number
この3つの値は、検索の終了日の範囲を指定し、セットとして指定する必要があります。
13
sp_f
sp_f=文字列
クエリパラメータ文字列の文字セット( sp_qなど )を指定します。 この文字列は、検索フォームを含むページの文字セットと常に一致する必要があります。
14
sp_field_table
sp_field_ table=table: field,field...
指定したフィールドから成る論理データテーブルを定義します。 例えば、「color」、「size」、「price」の各フィールドから成る「items」というテーブルは、次のように定義されます。
sp_field_table=items:color,size,price
論理テーブルは、(設定/メタデータ/定義の下の)「リストを許可」がオンになってい るフ ィールド と組み 合わ せて最 も役立ちます。 フィールド名を値として使用するすべてのCGIパラメーターとテンプレートタグでは、オプションでテーブル名の後に「。」を付けて指定できます。 フィールド名の前(例: sp_x_1=tablename.fieldname )。
例えば、サイズが「大」(項目がメタデータの平行な行として表される)の1つ以上の「赤」項目を含むドキュメントを検索するには、次を使用します。
sp_q_exact_1=red&sp_x_1=items.color& sp_q_exact_2=large&sp_x_2=items.size&sp_field_table=items:color,size,price
15
sp_i
sp_i=
レポートを生成する際に検索を無視します。
このクエリを使用して、Did You Meanが生成する検索や、管理者がメンバセンターで生成する検索など、特定のバックエンド検索をマスクします。 エンドユーザーはこのような検索タイプを生成しないので、Adobe Search&Promoteの様々なレポートには表示されません。
有効な値 は、sp_i=1 sp_i=2です
16
sp_k
sp_k=文字列
検索に使用するコレクションを指定します。 デフォルト値はコレクションなしです。つまり、検索にはサイト全体が含まれます。
17
sp_l
sp_l=文字列
クエリパラメータ文字列の言語( sp_qなど )を指定します。 文字列 は、ISO-639 言語コードの後にISO-3166国コードが続くオプションの文字列を含む標準ロケールIDにする必要があります。 例えば、英語の場合は「en」または「en_US」、日本語の場合は「ja」または「ja_JP」です。
18
sp_literal
sp_literal= 0または1
sp_literal=1 を設定すると、ク エリ内の単語を解釈するすべての機能が一時的に無効になります。 このパラメーターを使用すると、同義語、代替単語フォーム、類似音の一致に関係なく、クエリのリテラル語のみがドキュメントと一致します。
sp_literal=0 は意味を持た ず、使用した場合は無視されます。
辞書につ いてを参照してくだ さい。
19
sp_m
sp_m=番号
概要を表示するかどうかを指定します。 1ははい、0はいいえ。 デフォルトは 1 です。
20
sp_n
sp_n=数値
検索結果を開始する結果の数を指定します。 デフォルトは 1 です。
21
sp_not_found_page
sp_not_found_page= url
検索結果がない場合に、指定したURLにリダイレクトするかどうかを指定します。
22
sp_p
sp_p= any/all/phrase
実行する検索のデフォルトのタイプを指定します。 anyを使用すると、ク エリ文 字列から任意の単語を含むドキュメントを検索できます。 allを使用すると、 エリ文字列内のすべての単語を含むドキュメントを検索できます。 phraseを使用すると、 エリ文字列が引用符で囲まれたフレーズとして扱われ、ユーザーが入力した引用符はすべて無視されます。
フレーズ とす べての 場合、検索語の前に「+」と「 — 」を指定すると、指定は無効になり、これらの文字は無視されます。 sp_pが 存在しな い場合、または空の文字列または任意の値に設定されている場合は、標準の「+」と「 — 」の単語プリフィックスが許可されます。
検索でプラス(「+」)とマイナス(「 — 」)を使用する方法について詳しくは、検索のヒントの説明を参照してください。
検索について を参照してください。
sp_pパラメータの使用例については、サンプルのアドバンス検索フォ ームを参照してく ださい。
23
sp_p_#
sp_p_#=任意/すべて/フレーズ
対応するsp_q_#クエリで実行するデフォルトの 検索タイプを指定し ます。 「#」は1 ~ 16の数値に置き換えられます(例えば、 sp_p_8は番号付きク エリ sp_q_8に適用されま す)。 anyを使用すると、ク エリ文 字列から任意の単語を含むドキュメントが返されます。 allを使用すると、 クエ リ文字列内のすべての単語を含むドキュメントが返されます。 フレーズを使用す ると は、クエリ文字列が完全なフレーズであるかのように処理されることを意味します(ユーザが入力した引用符はすべて無視されます)。
allまたはphraseのいずれかを指 定した場 合、検 索語の前のプラス記 号とマイナス記号は無視されます。 sp_ p_#を省略し た場合、または空の文字列または任意の値に設定した場合は、標準の「+」と「 — 」のプリフィッ クス が許可されます。
24
sp_pt
sp_pt= exact/equivalent/compatible
適用するターゲットの一致のタイプを指定します。 完全一致を使用すると、 ターゲ ットコンテンツ内のクエリ文字列と完全に一致するドキュメント内でのみ、ターゲットが一致することになります。 等価の使用は 完全に 似ていますが、単語の順序は重要ではありません。 互換性を使用す ると、 sp_pパラメータの値に基づいて、ターゲットの一致タイプが自動的に設定さ れます。 sp_pが全てのフレーズである場合は exactを使用し、それ以外の場合は requictを使用する か、あるいは等価を使用する 場合はexactを使用します。 デフォルト値の sp_ptは互 換性があ ります
25
sp_pt_#
sp_pt_#= exact/equivalent/compatible
対応する sp_q_#クエリで適用するターゲットの一致のタイプを指定し ます。 「#」は1 ~ 16の数値に置き換えられます(例えば、 sp_p_8は番号付きク エリ sp_q_8に適用されま す)。 完全一致を使用すると、 ターゲ ットコンテンツ内のクエリ文字列と完全に一致するドキュメント内でのみ、ターゲットが一致することになります。 等価の使用は、単 語の順 序が重 要でない点 を除いて、完全一致と似ています。 互換性を使用す ると、対 応するsp_p_#パラメータの値に基づいて、ターゲットの一致タイプが自動的に 設定され ます。 sp_p_#がすべ てまたはフレーズの場合は、完全一致が使用されます。それ以外の場合は、 同等の値が使 用されます。 デフォルト値の sp_pt_#は互 換性があ ります
26
sp_q
sp_q=文字列
検索のクエリ文字列を指定します。 空の文字列は、結果が表示されないことを示します。
27
sp_q_#
sp_q_#= text
このパラメーターを使用すると、検索フォームに対して複数のクエリを作成できます。 sp_q_# パラメータには、 指定した番号付きクエリで使用するクエリ文字列が含まれます。 検索要求は、最大16個の異なる番号付きクエリ( sp_q_1 sp_q_16 )を参照できます。
例えば、次のフォームを送信すると、「great」と「books」という語を含むすべてのドキュメントが返されます。
Search for: <input type="text" name="sp_q" value="great"> Search for: <input type="text" name="sp_q_1" value="books">
28
sp_q_day、sp_q_month、sp_q_year
sp_q_day_#、sp_q_month_#、sp_q_year_#
sp_q_day=整数値
sp_q_month=整数値
sp_q_year=整数値
sp_q_day_#=整数値
sp_q_month_#=整数値
sp_q_year_#=整数値
これらのパラメーターは、特定のクエリーの正確な日付を指定するために使用されます。 sp_ q_day、 sp_q_month、お よびsp_q_y_yearの各パラメータは、メインクエリ (sp_q_ q)に適用されます。
# ラメータは、1 ~ 16の数値に置き換えられます(例: sp_q_day_6、番号付きクエリ sp_q_6に適用され ます)。 デフォルトでは、すべての日付がグリニッジ標準時を基準に検索されます。
コードの次のセクションでは、「Jan」の日付のドキュメントで「orange」という語を検索できます。 PublishDateという名前のユーザ定義フィールドの「2000年1月」 の値 :
<input type="hidden" name="sp_x_1" value="PublishDate"> Search for: <input type="text" name="sp_q" value="orange">On : <input type="text" name="sp_q_day_1" size="2" value="1"> Day<input type="text" name="sp_q_month_1" size="2" value="1"> Month <input type="text" name="sp_q_year_1" size="4" value="2000"> Year 
29
sp_q_location
sp_q_location_#
sp_q_location= latitude/longitude OR areacode OR zipcode
sp_q_location_#= latitude/longitude OR areacode OR zipcode
これらのパラメーターは、場所をメインクエリーまたは番号付きクエリーに関連付けます。 sp_q_locationを使用すると、 sp_q_location_# ( #は1 ~ 16の数字で置き換えられます )のメインクエリーに影響し、指定した番号付きクエリーに影響します。 これらのパラメータは、各サイトページに対してインデックス化された場所データに対して、最小および/または最大距離の近接性検索を実行するために使用されます。 値の形式によって解釈が決まります。
DDD(3桁)の形式の値は、米国の電話番号と解釈されます。DDDDDDまたはDDDDDD-DDDDDの形式の値は、USのzipcodeとして解釈されます。また、±DDD.DDDD±DDD.DDDDDの形式の値は緯度と経度のペアと解釈されます。 各値に記号が必要です。 例えば、+38.6317+120.5509は緯度38.6317、経度120.5509を指定します。
近接検索につ いてを参照してくだ さい。
30
sp_q_max_relevant_distance
sp_q_max_relevant_distance _#
sp_q_max_relevant_distance= value
sp_q_max_relevant_distance_#= value
これらのパラメータは、近接検索に適用される関連性の計算を制御します。 sp_q_max_relevant_distanceを使用すると、メインクエリ sp_q_max_relevant_distance_# ( #は1 ~ 16の数字で置き換えられます)に影響し、指定した番号付きクエリに影響します。
sp_q_max_relevant_ distanceのデフォルト値は100 です。
近接コンポーネントの完全な関連性スコアは、距離0を表します。 近接コンポーネントの最小関連スコアは、指定した sp_q_max_relevant_distance_#値の直上の距離を表し ます。
近接検索につ いてを参照してくだ さい。
31
sp_q_min_day、sp_q_min_month、sp_q_min_year
sp_q_max_day、sp_q_max_month、sp_q_max_year
sp_q_min_day_#、sp_q_min_month_#、sp_q_min_year_#
sp_q_max_day_#、sp_q_max_month_#、sp_q_max_year_#
sp_q_min_day= integer value
sp_q_min_month= integer value
sp_q_min_year= integer value
sp_q_max_day= integer value
sp_q_max_month= integer value
sp_q_max_year= integer value
sp_q_min_day_#= integer value
sp_q_min_month_#= integer value
sp_q_min_year_#= integer value
sp_q_max_day_#= integer value
sp_q_max_month_#= integer value
sp_q_max_year_#= integer value
これらのパラメーターは、特定のクエリーの最小および最大の日付範囲を設定するために使用されます。 sp_q_min_day, sp_q_min_month, sp_q_q_ y_year, sp_max_max_day_q_max_ q_max_daysp_max_q_max_max_ max_q_max_q_max_q_max_q_max_min .
パラメ タ名の#は、1 ~ 16の数字で置き換えられます(例: sp_q_min_day_6は、番号付きのクエリ sp_q_6に適用されます )。
最小日のみ、最大日のみ、または最小日と最大日の両方を指定することができます。 ただし、指定した最小値または最大値のセットに対して、3つの日付パラメーター(日、月、年)をすべて指定する必要があります。 デフォルトでは、すべての日付がグリニッジ標準時を基準に検索されます。
次のコードのセクションでは、PublishDateというユーザ定義フィールドで、2000年1月1日から2000年12月31日の間の日付を持つドキュメント内の「orange」という語を検索でき ます
<input type="hidden" name="sp_x_1" value="PublishDate">Search for: <input type="text" name="sp_q" value="orange">Between: <input type="text" name="sp_q_min_day_1" size="2" value="1"> Start Day<input type="text" name="sp_q_min_month_1" size="2" value="1"> Start Month <input type="text" name="sp_q_min_year_1" size="4" value="2000"> Start Year And: <input type="text" name="sp_q_max_day_1" size="2" value="31"> End Day <input type="text" name="sp_q_max_month_1" size="2" value="12"> End Month <input type="text" name="sp_q_max_year_1" size="4" value="2000"> End Year
32
sp_q_min、sp_q_max
sp_q _min_#、sp_q _max_#、sp_q _exact_#
sp_q_min=値
sp_q_max=値
sp_q_min_#=値
sp_q_max_#=値
sp_q_exact_#=value
これらのパラメーターは、メインクエリーまたは番号付きクエリーに適用する最小(または最大)値を指定します。 sp_q_min、 sp_q_max、 sp_q_qの使用は、メインクエリ (sp_q )に正確に影響します。
パラメ タ名の#を1 ~ 16の数値で置き換えます(例: sp_q_min_8 は番号付きクエリ sp_q_8に適用されます )。
sp_q_exact_# は、同じ値で sp_q_min_# sp_q_max_#の両方を指定する場合の略 語です。 sp_q_exact_# を指定した場合、対応する sp_q_min_# また はsp_q_max_#パラメータは無 視されます。
sp_q_min_#、 sp_q_max_# sp_q_exact_#の各パラメーターでは、必要に応じて複数の「|」区切り値 を指定できます。 例えば、「color」フィールド内に緑または赤の値を含むドキュメントを検索するには、次のように記述します。 ...&sp_q_exact_1=green|red&sp_x_1=color .
33
sp_q_nocp
sp_q_nocp _#
sp_q_nocp= 1または0
sp_q_nocp_#= 1または0
デフォルトのパラメータ値は0 で、共 通フレーズの拡張が実行されます。
対応する検索クエ リに対し て1を設定した場合、共通フレーズの拡張は実行されません。
sp_q_nocpを使 用すると、メ イン検索クエリパラメータ sp_qに影響しま す。 このパラメータを番号付き検索クエリに適用するには、パラメ タ名の#を対応する番号に置き換えます。 例えば、 sp_q_nocp_8は、番号付き検 索クエリ sp_q_8に適用されます
34
sp_q_required
sp_q_required _#
sp_q_required= 1または0または —1
sp_q_required_#= 1または0または —1
このパラメーターは、結果ページにドキュメントを返すために、対応するクエリで一致が必要(1)か、5月(0)か、または必要(-1)でないかを決定します。
sp_q_requiredを使 用すると、メ インクエリ( sp_q )に影響します。
番号付きクエリーに適用するには、パラメーター名の #を対応する番号に置き換えます(例: sp_q_required_8 は番号付きクエリ ーsp_q_8に適用されます )。 パラメーターのデフォルト値は1です(一致する必要があります)。
「calc」という語を含み、「mac」、「win」または「all」を含まないドキュメントをユーザー定義の「platform」フィールドで検索する場合、HTML検索フォームに次の行が含まれます。
<input type="hidden" name="sp_x_1" value="platform"> Search for: <input type="text" name="sp_q" value="calc"> Exclude: <input type="text" name="sp_q_1" value="mac win all"> <input type="hidden" name="sp_q_required_1" value="-1">
35
sp_redirect_if_one_result
sp_redirect_ if_one_result= 0 or 1
検索結果が1つだけの場合に、検索結果URLにリダイレクトするかどうかを指定します。
36
sp_referrer
sp_referrer= url
検索のリファラーURLを指定します。 検索結果が検索フォームと同じサイトにリンクする検索書き換えルールに役立ちます。
デフォルト値は、ブラウザが提供する標準のCGI HTTP_REFERRER値です。
37
sp_ro
sp_ro=フィー ルド : 関連
フィールド名ごとの検索時間、関連性の制御(オプション)を許可します。 パラメ ータ名 のroは、「関連性の上書き」を表します。 このパラメーターは、1つ以上のフィールド名の後にコロンを付け、続いて0 ~ 10の関連値を受け取ります。
例えば、フィールド名「body」の関連値を10に設定する場合、顧客が検索を実行すると、パラメータは次のように表示されます。
sp_ro=body:10
また、パラメータ文字列で複数のフィールド関連性の上書きを指定する場合は、パイプ区切り文字を使用できます。 例えば、「body」と「title」というフィールド名の関連性の値を9に設定する場合、顧客が検索を実行すると、次のようにパラメータが表示されます。
sp_ro=body:9|title:9
注意: 関連する検索に含まれないフィールドを指定しても効果はありません。 例えば、 sp_ro=title:10と設定したが、タイト ルフィールド名 が検索さ れない場合、 sp_roパラメー タは無効です。 つまり、 sp_roパラメータを使用してフィールド名を指定しても、そのフ ィールドは自動的には検索されません。代わりに、そのフィールドに関連付けられている関連性の設定が上書きされます。
38
sp_s
sp_s= number
並べ替え順を指定します。 ゼロ(0)がデフォルトで、関連度スコアで並べ替えを行います。 1つは日付順に並べ替えることを意味し、-1は並べ替えを行わないことを意味します。
sp_sパラメータの値のフィールド名を指 定でき ます。 例えば、 sp_s=titleは、タイト ルフィールドに含まれる値に従って結果を並べ替えます。 sp_sパラメータの値にフィールド名を使用すると、結果はそのフィール ドで並べ替えられ、その後関連性で下位に並べ替えられます。
参照先のフィールドの並べ替えをAscendingまたはDescendingに設定するには、 Settings > Metadata > Descending DefinitionsをDescendingに設定し、この機能を有効 にするには、Secendingを設定します。
また、検索フォームで sp_sパラメータを複数回設定することで、複数の並べ替えフィールドを1つのク エリに割り当てることもできます。 次のテンプレート行は、検索結果をアーティスト名、アルバム名、トラック名の順に並べ替えるように設定します。
<input type="hidden" name="sp_s" value="artist"> <input type="hidden" name="sp_s" value="album"> <input type="hidden" name="sp_s" value="track"> Search for: <input type="text" name="sp_q" value="Music Search">
また、フィールド名の前にテーブル名修飾子を指定することで、テーブルと一致するフィールドデータを並べ替えることもできます(例:items.price)。 テーブルの一 致の詳細については、 sp_field_tableパラメータを参照してください。
近接性で検索する場合は、「近接性出力フィールド」を指定して、近接性に従って結果を並べ替えることができます。
近接検索につ いてを参照してくだ さい。
39
sp_sr
sp_sr=フィールド
静的なランクに使用するランクフィールドを指定します。 このフィールドは、関連性が0より大きいRank型のフィールドである必要があります。 クエリーに sp_srパラメ ータが指定されていない場合は、「Rank」タイプのフィールドが自動的に選択されます。
特定のクエリーの静的ランクを無効にするには、 sp_srにNULL値を含めます (例: <input type="hidden" name="sp_sr" value=""> )。
40
sp_sfvl_field
sp_sfvl_field= string
検索テンプレートの <search-field-value-list>タグと組み合わせて使用するフィー ルドの名前を指定します。
複数の sp_sfvl_fieldパラメータを指定で きます。
41
sp_sfvl_df_count
sp_sfvl_df_count= <整数値>
この検索に対し て、 <integer_value> search-field-value-list動的ファセッ トフィールドまでをリクエストします。
デフォルト値は 0 です。許可される最大値は、指定したインデックスに対して定義された、動的ファセットフィールド、動的ファセットフィールドの現在の数です。 0未満の整数値は0として扱われます。 dynamic-facet-field-countの上に指定 した整数値は、動的 —facet-field-count 大文字として扱われます 。 整数以外の値は無視されます。これらはデフォルト値として扱われます。
特定のスライスの検索は、このスライスの dynamic-facet-field-count値の sp_sfvl_df_count の最大許容値で 上限が設定されています。 スライスの結果をマージする場合、 sp_sfvl_df_countの有効最大値は、すべてのスライスに対して実際に 実行される sp_sfvl_df_count の最大値です。
42
sp_sfvl_df_exclude
sp_sfvl_df_exclude= < field_name >[|< field_name >|...
この検索の考慮対象から除外する特定の動的ファセットフィールドのリストを指定します。
デフォルトでは、すべての動的ファセットフィールドが考慮されます。
43
sp_sfvl_df_include
sp_sfvl_df_include= < field_name >[|< field_name >|..
検索結果に含める特定の動的ファセットフィールドのリストを指定します。
注意: sp_ sfvl_df_countパラメー タは、返す動的ファセットフィールドの合計数を決定します。この数には、 sp_sfvl_df_includeで指定したものも含まれます 。 つまり、 sp_sfvl_df_includeを使用すると、返された動的ファセットフィールドの合計数が sp_sfvl_df_countを超えることは許可されません
44
sp_staged
sp_staged= 0または1
sp_staged=1 がクエリ ーと共に送信された場合、実行されるクエリーはステージ検索です。
ステージ検索では、インデックスやテンプレートを含む、現在ステージングされているすべてのコンポーネントが使用されます。
45
sp_start_day、sp_start_month、sp_start_year
sp_start_day= number
sp_start_month= number
sp_start_year= number
この3つの値によって、検索の開始日の範囲が指定され、セットとして指定されます。
46
sp_suggest_q
sp_suggest_q= number
sp_suggest_qパ ラメー ターは、Suggestサービスで使用するsp_q[_#] パラメーターを決定します。
sp_suggest_qのデフォ ルト値は0 です。つまり、検索エンジンはsp_qの値を使用して提案を 決定します。
sp_suggest_q=1 を設定 し、 sp_q_1の値を使用し て候補を決定します。
47
sp_t
sp_t=文字列
使用するトランスポートテンプレートを指定します。
このパラメーターは、検索アカウントの各領域に対して異なる検索トランスポートテンプレートを使用して、Webサイト全体での主要な検索結果の外観を制御する場合に役立ちます。
デフォルトのトランスポートテンプレートは「検索」です。
48
sp_trace
sp_trace= 0または1
sp_stage=1と設定 した場合、シミュレ ーターでコア検索トレース機能を有効にします。
シミュレーターに ついてを参照してくだ さい。
注意: このパラメーターを指定しない場合、コア検索ではトレース情報が収集されず、関連するコア検索テンプレートタグは出力されません。
49
sp_w、sp_w_control
sp_w= sound-alike-enable
sp_w_control= sound-alike-control
この特定のクエリに対して、類似したサウンドの一致を有効または無効にすることを指定します。
'Exact'のsp_w_controlは無視されます。 サウンドに似た一致は無効です。
'Alike'のsp_w_controlは無視されます。 サウンドに似た一致が有効
[その他]のsp_w_controlは1です。 サウンドに似た一致は無効です。
[その他]に対するsp_w_controlは、他の何でも使用できます。 サウンドに似た一致は有効です。
sp_w_controlパ ラメータを使 用すると、エンドユーザがサウンドに似たマッチングを制御するための、否定的または肯定的な語句のチェックボックスを作成できます。
sp_w_control=0 を使用す ると、次の例のように、否定的な語句のチェックボックスが使用され てsp_w パラメータが設定されます。
<input type=hidden name="sp_w_control" value="0"><input type=checkbox name="sp_w" value="exact">No Sound-Alike matching
sp_w_control=1 を使用す ると、正の単語のチェックボックスが使用され、次のように sp_wパラ メータが設定されます。
<input type=hidden name="sp_w_control" value="1"><input type=checkbox name="sp_w" value="alike">Sound-Alike matching
sp_w_controlおよびsp_wパラメータの使用例については、サンプルのアドバンス 検索フォームを 参照し てくだ さい。
50
sp_x
sp_x=フィールド
クエリ文字列を検索するフィールドを指定します。 anyは、すべてのフィールドを検索することを意味します。 タイトルとは、タイトルフィールドのみを検索することを意味します。 descは、ドキュメントの説明フィールドのみを検索することを意味します。 キーは、ドキュメントのキーワードのみを検索することを意味します。 bodyは、本文のみを検索することを意味します。 altは、代替テキストのみを検索することを意味します。 urlは、URL値のみを検索することを意味します。 targetは、ターゲットキーワードのみを検索することを意味します。 この場合、対応する sp_qパラメーター内の「text:」、「desc:」、「keys:」、「body:」、「alt:」、「url:」および「target:」フィールドのプリフィックスのユーザー指定は無視さ れます。 sp_xが 存在しな い場合、または空の文字列またはいずれかに設定されている場合は、標準のユーザーフィールドプレフィックスが許可されます。 フィールドの接頭辞について詳しくは、検索のヒントの説明を参照してください。
検索について を参照してください。
sp_xパラメータの使用例については、サンプルのアドバンス検索フォームの説明を 参照してく ださい。
オプション/メタデータ/デフォルトのメタデータ/sp_x neveryを設定するクエリを、 sp_x neveryを設定するクエリを、 Search By Defaultに設定されたすべてのフィールドを検索するクエリを作成できます。 sp_xパラメータの値として、事前定義フィールドとユーザ定義フィールドの両方を使 用でき ます。
また、 sp_xパラメータを複数回設定することで、1つのクエリーに複数のフィールドを割り当てる こともできます。 次のテンプレート行を使用すると、「Great Books」の「タイトル」と「作成者」フィールドの両方を照会できます。
<input type="hidden" name="sp_x" value="title"><input type="hidden" name="sp_x" value="author">Search for: <input type="text" name="sp_q" value="Great Books">
51
sp_x_#
sp_x_#=フィールド名
このパラメーターは、対応する sp_q_#クエリで検索するフィールドを指定し ます。 # は1 ~ 16 の数字( sp_x_8など )に置き換えられます 。 field-nameは、事前定義またはユーザ定義のフィールドです。
特定の番号付きクエリに対してSearch By_#パラメータが指定されていない場合、Search By Defaultとして定義されるすべてのフィールドは、Metadata > Sp Default設定> Queryによって検索されます。
例えば、次のフォームを送信すると、「author」フィールドに「Fitzgerald」という語を含む「great」という語を含むすべてのドキュメントが返されます。
Search for: <input type="text" name="sp_q" value="great"><input type="hidden" name="sp_x_1" value="author">Search only documents written by: <input type="text" name="sp_q_1" value="Fitzgerald">
1回の検索リクエストで同じ sp_xまたは sp_x_#パラメータの複数のインスタンスを指定することで、複数のフィールド名を特定のクエリまたは番号付きクエリ に関連付けることができます。
例えば、「body」と「keys」の両方のフィールドで「flower」という単語を検索するには、次の情報を含む検索フォームを作成します。
<input type="hidden" name="sp_x_1" value="body"><input type="hidden" name="sp_x_1" value="keys">Search for: <input type="text" name="sp_q_1" value="flower">

バックエンド検索CGIパラメータの一般的な使用例

次のリンククエリは、検索クエリとして「音楽」を使用して検索を開始し、すべてのデフォルトパラメータを使用します。 URLは読みやすくするために2行に分割されます。 HTMLでは、このリンクはすべて1行で記述する必要があります。
<a href="https://search.atomz.com/search/?sp_q=Music&sp_a=sp99999999"> 
Testing...</a>

通常、フォームでは同じ機能が定義されます。
<form action="https://search.atomz.com/search/"> 
<input size=12 name="sp_q" value="Music"><br> 
<input type=hidden name="sp_a" value="sp99999999"> 
<input type=submit value="Search"><br> 
</form>

通常、検索を開始する際にはデフォルトのパラメータを使用する必要があります。 これにより、最初のページが関連性順に表示され、顧客は他のページや他のオプションを選択できます。 サイト上の検索フォームにコレクションのオプションが含まれる場合は、コレクション名をパラメーターとして渡します。

バックエンド検索CGIパラメータの詳しい使用例

次のフォームクエリは、結果から 25 始まる結果を表示しま 10 す。 概要は表示されず、並べ替え順は日付順で、という名前のコレクションが使 support 用されます。 過去30日以内の日付のドキュメントのみが返されます。
<form action="https://search.atomz.com/search/"> 
<input size=12 name="sp_q"><br> 
<input type=hidden name="sp_a" value="sp99999999"> 
<input type=submit value="Search"><br> 
<input type=hidden name=sp_n value=10> 
<input type=hidden name=sp_c value=25> 
<input type=hidden name=sp_m value=0> 
<input type=hidden name=sp_s value=1> 
<input type=hidden name=sp_k value="support"> 
<input type=hidden name=sp_date_range value=30> 
</form>