Show Menu
トピック×

インデックスの再生成について

を使用すると、サ Regenerate Index イトを再クロールする必要なく、Webサイトのインデックスを更新できます。

インデックスの再生成の使用

このオプションは、次のアカウントオプションを変更する際に使用できます。
  • 単語と言語
  • 除外された単語
  • 同義語
  • メタデータフィールドの削除、フィールド名、データ型、日付形式、並べ替え順、最小または最大ランク値、デフォルトのランク値、リストの種類、リストの区切り文字の変更など、メタデータの設定。
更新されたアカウントオプション情報は、新しいサイトインデックスの生成に使用されます。 「再生成」を使用すると、サイトのインデックスを迅速かつ効率的に変更できます。
デフォルトでは、新規または変更されたWebサイトのコンテンツはインデックスに含まれません。 このようなコンテンツを含めるには、完全インデックスまたは増分インデックスを実行します。

ライブまたはステージWebサイトのインデックスの再生成

を使用すると、サ Regenerate Index イトを再読み込みすることなく、Webサイトのインデックスを更新できます。
ライブまたはステージングされたWebサイトのインデックスを再生成するには
  1. 製品メニューで、次のいずれかの操作を行います。
    • Click Index > Regenerate Index > Live Regenerate .
    • Click Index > Regenerate Index > Staged Regenerate .
  2. ページ上で、 Regenerate をクリックしま Regenerate Index Now ​す。
  3. (オプション)次のいずれかの操作を行います。
    • 実行を選択した場合は、をクリ Live Regenerate ​ックして、実 View Last Crawl 行された最後のライブインデックスの再生成に関するパフォーマンス統計を確認します。
    • インデックスの再生成中に、をクリックし Stop Regenerate Now てインデックスの再生成処理を停止します。
    • インデックスの再生成中に、をクリックし Restart Regenerate Now て、インデックスの再生成処理を最初から再開します。
    • ステージング再生後にインデックスエラーが発生した場合は、をクリックし View Errors て関連するログを表示します。

ライブまたはステージングされたWebサイトの再生成されたインデックスログの表示

ライブインデックスの再生成またはステージングインデックスの再生成が完了すると、関連するログを表示して、発生したエラーのトラブルシューティングを行うことができます。
ログをエクスポートしたり、保存したりすることはできません。 ただし、新しいインデックスが発生するまで、ログは引き続き表示できます。
ライブまたはステージングされたWebサイトの再生成されたインデックスログを表示するには
  1. 製品メニューで、次のいずれかの操作を行います。
    • Click Index > Regenerate Index > Live Log .
    • Click Index > Regenerate Index > Staged Log .
  2. ログページの上部または下部で、次のいずれかの操作を行います。
    • ナビゲーションオプシ First ​ョン、、、、 Prev ​また Next ​はを使 Last ​用して Go to line ログ内を移動します。
    • 表示オプション、または Errors only ​を使用 Wrap line ​して、 Show 表示内容を調整します。