Show Menu
トピック×

Search&Promote 15.1.1 Release Notes (01/15/2015)

新機能

  • これまでは、ガイド付き検索ルールのキーワードに語幹解釈や同義語といった言語学的調整が常に適用されていました。この拡張を無効にして、キーワードがそのまま使われるようにすることができます。
    ビジネス・ルールにトリガー条件を適用する場合は、次の「 Advanced Rule Builder, If any/all of the following conditions are met ​」の最初のドロップダウン・リストでを選択し、2番目のドロップダウン・リストで新しい演算子 equal exact を選択します。

Fixes and enhancements

  • Visual Rule Builder に設定さ Advanced Rule Builder れ、「MDI(Merchandising Document ID)」フィールドの値が切り捨てられなくなりました。
  • RBTA 関連のインデックスエラーを修正しました。
  • ステータスが「承認済み」の既存のビジネスルールを編集すると、「承認済み」ステータスが失効するようになりました。 You must use Advanced Rule Builder to recheck the option Approved , and then save the rule as usual. If you do not reapprove an edited rule, the rule's status is automatically set to WIP (Work In Progress) on the Business Rules page.
  • A new Advanced Search option is now available on the Business Rules page for improved filtering of rules.
  • 、、およ contains word びのルールトリガーに条 Query Cleaning件を追 Pre-Search Rules加し、単語の改行を Business Rules簡単に指定できるようにしました。
  • ルールの表示時など、ビジネスルールのメモに対して行われた改良点で、そのルールのメモ履歴を取得できるようになりました。 また、メモは、>にログインされるようにな Reports りまし Change Log ​た。
  • Queries with nonzero sp_i values are no longer run through the Adobe Analytics redirector.
    バックエンド検索CGIパラメータの表の15 行目を参照してください