Show Menu
トピック×

Adobe Analyticsメニューについて

Adobe Analyticsメニューを使用して、Adobe Analytics指標の認証の設定、レポートスイートのAdobe Analytics指標の管理、またはSAINTを使用して、外部のソースから表形式のデータを受け入れ、Adobe Analyticsレポートを強化します。

Adobe Analytics指標認証の設定

Adobe Analytics指標をサイトの検索/マーチャンダイジングのランクに組み込むには、まずAdobe Analytics Webサービスのログインを取得する必要があります。 ログイン情報を取得したら、それを使用して、サイト検索/マーチャンダイジングでAdobe Analytics認証を設定できます。
Adobe Analytics指標認証を設定するには
  1. 製品メニューで//をクリ Settings ックし Adobe Analytics ます Authentication ​。
  2. ページで、 Setup Adobe Analytics Metrics Authentication 各フィールドで要求された情報を指定します。
    テキストフィールド
    説明
    Adobe Analytics会社名
    Adobe Analyticsアカウントへのログインに使用するのと同じ会社名設定。
    Web サービスユーザー名
    Adobe Analyticsアカウントに関連付けられているWebサービスのユーザー名。
    この情報は、Adobe Analyticsで取得できます。 Adobe Analyticsメニューバーで、管理者/管理コンソール/管理コンソール/会社Webサービス Webサービスをクリックし す。 管理者/管理コンソール/管理コンソール/会社Webサービ スをクリックします。 この情報は、「APIアクセス情報」テーブルにあります。
    Webサービスの共有暗号鍵
    Adobe Analyticsアカウントに関連付けられているWebサービスのShared Secret。
    この情報は、Adobe Analyticsで取得できます。 Adobe Analyticsメニューバーで、管理者/管理コンソール/管理コンソール/会社Webサービス Webサービスをクリックし す。 管理者/管理コンソール/管理コンソール/会社Webサービ スをクリックします。 この情報は、「APIアクセス情報」テーブルにあります。
  3. クリック Save Changes .
  4. (オプション)次のいずれかの操作を行います。

Adobe Analyticsレポートスイートについて

サイト検索/マーチャンダイジング内でAdobe Analyticsレポートスイートのデータを使用するには、まず、サイト検索/マーチャンダイジングアカウントでAdobe Analyticsデータのコピーを作成する必要があります。
新しいAdobe Analyticsレポートスイートの定義を作成したり、既存のAdobe Analyticsレポートスイートおよび関連指標を表示または変更したりできます。
サイト検索/マーチャンダイジング内から初めてAdobe Analyticsにアクセスすると、会社で使用可能なレポートスイートのリストがダウンロードされ、キャッシュされます。 新しいレポートスイートが最近追加されたか、既存のレポートスイートが削除された場合は、レポートスイートのリストを更新して、レポートスイートのリストを再度ダウンロードできます。

Adobe Analyticsレポートスイートの追加

サイト検索/マーチャンダイジングのランク付けルールの基となるAdobe Analyticsレポートスイートを選択できます。
選択できるリストは、Adobe Analyticsアカウント内で使用可能なレポートスイートに対応している必要があります。 選択したレポートスイートによって、サイト検索/マーチャンダイジングのランキングルール内で使用できる指標が決まります。
ランキングルールについて を参照してください。
Adobe Analyticsレポートスイートを追加した後、その指標を編集できます。
Adobe Analyticsレポートスイートを追加するには
  1. 製品メニューで//をクリ Settings ックし Adobe Analytics ます Metrics ​。
  2. Adobe Analyticsレポートスイートページで、をクリックしま Add Report Suite ​す。
  3. 新しく追加されたテーブル行のドロップダウンリストで、目的のレポートスイートを選択します。
  4. レポートスイートのAdobe Analytics指標を編集します。

レポートスイートのAdobe Analytics指標の編集

サイト検索/マーチャンダイジングのランキングルールにAdobe Analytics指標を組み込むには、選択したレポートスイートに関連付けられている1つ以上の指標を選択します。 次に、Adobe Analytics Webサービスを使用して指標データを取得するために使用するオプションを設定します。
レポートスイートのAdobe Analytics指標を編集するには
  1. 製品メニューで//をクリ Settings ックし Adobe Analytics ます Metrics ​。
  2. ページ Adobe Analytics Report Suites の列の下で、指 Actions 標を設定す Edit るレポートスイートのをクリックします。
  3. ページ Edit Adobe Analytics Metrics で、必要な指標を設定します。 指標名の横にアスタリスク(*)が表示されない指標はオプションです。
    オプション
    説明
    レポートスイート
    追加した現在のレポートスイートの名前が表示されます。
    レポートスイートビュー名
    Adobe Analyticsレポートスイート名の「エイリアス」名を指定します。 この代替名は、同じレポートスイートが複数の定義で使用されている場合に便利です。
    レポートタイプの選択
    選択したレポートスイートで使用するレポートタイプの値を指定します。 この値は、結果の各行のキーを示します。
    レポートタイプは、Adobe Analytics要素とも呼ばれます。
    この指標は必須です。
    相互参照フィールド名
    値がレポートスイートのデータの「キー」の参照として使用されるメタデータフィールドを指定します。
    値が選択されていない場合(「 — None — 」)、このレポートスイートのデータはランク付け計算で使用できません( Ranking calculations ( ) > Ranking > Ranking Rules > Rules > Edit Rules > Rules
    値を選択すると、このフィールドの値を使用して、このレポートスイートのAdobe Analyticsデータでサイト検索/マーチャンダイジングドキュメントを相互参照し、以前に設定した選択したレポートタイプの値を使用します。
    検索用語レポート
    ビジネスルールを作成し、Adobe Analyticsデータプレビューページで検索用語をシミュレ ートするアクセス権を与えます
    プルダウンメニューが各行に表示され、次の2つのオプションが表示されます。「検索語句をシミュ レート 」および「新 しいビジネスルールを作成 」を参照。
    どちらのオプションでも、検索用語として「レポートタイプ」のデータを使用します。 したがって、この機能は、レポートタイプが検索用語を表す場合にのみ意味を持ちます。
    指標
    サイト検索/マーチャンダイジングのランキングルール内でダウンロードして使用する指標の値を識別します。
    ここで設定した指標は、 Rules >> Ranking Rules>RulesRulesCenter>EditRulesCenter 、Data Type Adobe AnalyticsData Analytics ,Adobe AnalyticsData RulesTypeの各ページに選択肢として表示されます。 選択肢には、レポートスイート名またはレポートスイートビュー名(指定されている場合)と個々の指標名の組み合わせが表示されます。
    この指標は必須です。
    最小指標値
    ゼロ以外の値を入力して、指標の最小値を指定できます。
    空白(ゼロ)の場合、指標のすべての値がダウンロードされます。それ以外の場合は、最小指標値が渡されると、この指標のダウンロードが停止します。
    Adobe Analytics指標は、降順で取得されます。
    指標の定義を追加するには 、[+] をクリックします。不要に なった 、または不要になった指標の定義を削除するには、「 — 」をクリックします。
    Adobe Analytics指標の集計期間(日数)
    昨日の日付からカウントバックして取得するAdobe Analytics指標の日数を制御します。 現在の日付からデータを取得する試みは行われません。
    デフォルトは 7 です。
    この指標は必須です。
    Adobe Analyticsダウンロードの更新頻度(日)
    ランク付けの計算で使用されるAdobe Analyticsデータのダウンロード間隔の最小値を設定します。
    ダウンロード更新頻度の間隔内で発生するインデックスによってトリガーされるダウンロードは無視されます。 ただし、手動ダウンロードではこの値は無視されます。
    この値をデフォルトの1に設定した場合、Adobe Analyticsのデータは24時間以内に2回以上ダウンロードされません。 ダウンロード更新頻度の間隔内に発生するすべての検索インデックスは、最後にダウンロードされたデータセットを使用します。
    この指標は必須です。
  4. クリック Save Changes .
    「ステージ済み」ページに戻り Adobe Analytics Report Suites ます。
  5. (オプション)次のいずれかの操作を行います。

Adobe Analyticsレポートスイートの削除

「削除」を使用して、ページからレポートスイートを削除で Adobe Analytics Report Suites きます。 レポートスイートを削除すると、サイト検索/マーチャンダイジングサーバーからデータのコピーのみが削除されます。データはAdobe Analyticsシステムに影響を与えません。
Adobe Analyticsレポートスイートを削除するには
  1. 製品メニューで//をクリ Settings ックし Adobe Analytics ます Metrics ​。
  2. ページ Adobe Analytics Report Suites の列の下で、削 Actions 除するレポ Delete ートスイートのをクリックします。
  3. ページ上で、 Adobe Analytics Delete Report Suite をクリックしま Delete ​す。

Adobe Analyticsデータのプレビュー

プレビューを使用して、最も最近読み込まれたAdobe Analytics指標を表示できます。
表の「行」列には、指標データの各行の数が表示され、Adobe Analytics指標が読み込まれた元の順序が示されます。
「製品」列には、指標データの各行に関連付けられたAdobe Analytics要素が表示されます。 この列の値は、ランキングの定義で設定された、サイトの検索/マーチャンダイジングページと、対応する指標値との関連付けに使用されます。
ランキングルールについて を参照してください。
ランキングの 設定を参照してくださ い。
残りの列には、各エントリに関連付けられている指標値が表示されます。
テーブルが空の場合は、まだAdobe Analyticsデータを読み込んでいないことを意味します。 ページを閉じてか Adobe Analytics Data Preview ら、Adobe Analyticsデータを読み込むことができます。
詳しくは、 Adobe Analyticsデータの読み込みを参照してくださ い。 テーブルが検索語レポートとして指定されている場合は、各行に小さな三角形が表示されます。 ドロップダウンリストをクリックし、「検索語句をシミュレート」ま たは「新しいビジネス ・ルール を作成」を選択できます 。 選択したアクションは、2列目のデータである行の検索語句に適用されます
Adobe Analyticsデータをプレビューするには
  1. 製品メニューで、次のいずれかの操作を行います。
    • Click Settings > Adobe Analytics > Metrics . ページの Adobe Analytics Report Suites 列の下で、ダウ Actions ンロードしたデ Preview ータを表示するレポートスイートのをクリックします。
    • クリック Reports > Adobe Analytics Terms Reports . ページの Adobe Analytics Terms Report 列の下で、ダウ Actions ンロードしたデ Preview ータを表示するレポートスイートのをクリックします。
  2. ページ上 Adobe Analytics Data Preview 部および下部のナビゲーションと表示オプションを使用して、データを表示します。
    データを昇順または降順で並べ替えるには、テーブルの列見出しをクリックします。
  3. 次のいずれかの操作を行います。
    • をクリック Download to Desktop して、テーブルをダウンロードし、ファイルとして保 .xlt 存します。
    • Adobe Analyticsデータのプレビューが終了したら、ページを閉じ、前に表示したページに戻ります。

最新のAdobe Analyticsデータ読み込みからのログの表示

「ログを表示」を使用して、最新のダウンロードプロセスのAdobe Analyticsデータログファイルを調べることができます。 また、ログビューを使用して、実行中のダウンロードを監視することもできます。
最新のAdobe Analyticsデータ読み込みのログを表示するには
  1. 製品メニューで//をクリ Settings ックし Adobe Analytics ます Metrics ​。
  2. ページ上で、 Adobe Analytics Report Suites をクリックしま View Log ​す。 ログページ、
  3. ページ上 Adobe Analytics Data Log 部および下部のナビゲーションと表示オプションを使用して、ログ情報を表示します。
  4. 完了したら、ページを閉じてページに戻り Adobe Analytics Report Suites ます。

Adobe Analyticsデータの読み込み

設定したAdobe Analyticsレポートスイートのデータをサイト検索/マーチャンダイジングにダウンロードできます。
データ読み込みページには、最後に実行したAdobe Analyticsのデータ読み込み操作のステータスと次の情報が表示されます。
ステータスフィールド
説明
ステータス
最後のデータ読み込みの成功または失敗を示します。 または、既に進行中のデータ読み込み操作のステータスを表示します。
結果
最後のデータ読み込み試行時にダウンロードされた指標データの行数を表示します。
開始時間
最後のデータ読み込み操作が開始された日時を表示します。
停止時間
最後のデータ・ロード操作の完了日時が表示されます。 または、現在のデータ読み込み操作がまだ進行中であることを示します。
Adobe Analyticsデータを読み込むには
  1. 製品メニューで//をクリ Settings ックし Adobe Analytics ます Metrics ​。
  2. ページ上で、 Stage Adobe Analytics Report Suites をクリックしま Load Adobe Analytics Data ​す。
  3. ページで、 Adobe Analytics Data Load 次のいずれかの操作を行います。
    • をクリック Start Load して、読み込み操作を開始します。
      データの読み込み操作中、 Progress 行には進行状況に関する情報が表示されます。
    • をクリック Stop Load して、読み込み操作を停止します。
  4. をクリッ Close クして、ページに戻 Stage Adobe Analytics Reports Suite ります。

レポートスイートリストの更新

サイト検索/マーチャンダイジングのユーザーインターフェイスから初めてAdobe Analyticsにアクセスすると、会社で使用可能なAdobe Analyticsレポートスイートのリストがダウンロードされ、キャッシュされます。 新しいレポートスイートが最近追加された場合や、既存のレポートスイートが削除された場合は、「レポートスイートリストの更新」を使用して、サイト検索/マーチャンダイジングに現在表示されているリストを更新できます。
レポートスイートリストを更新するには
  1. 製品メニューで//をクリ Settings ックし Adobe Analytics ます Metrics ​。
  2. ページ上で、 Adobe Analytics Report Suites をクリックしま Refresh Report Suite List ​す。

Adobe Analyticsの高度なオプションの設定

を使用して、Adobe Analytics Advanced Adobe Analytics Options レポートスイートのダウンロードプロセスの動作を微調整するのに役立つ設定を制御できます。
Adobe Analyticsのアドバンスオプションを設定するには
  1. 製品メニューで//をクリ Settings ックし Adobe Analytics ます Advanced Options ​。
  2. ページで、 Advanced Adobe Analytics Options 次のオプションを設定します。
    オプション
    説明
    最大行数、任意の指標
    Adobe Analyticsデータのダウンロードが多すぎないようにする最適化設定。
    このオプションを0以外の値に設定した場合、各指標に対してフェッチされた行の合計数が指定値を超えると、Adobe Analyticsのデータフェッチが停止します。
    デフォルト値は0です。最大値が適用されていません。
    指標の繰り返しフェッチサイズ(行)
    一度に取得するAdobe Analytics指標の値の数を制御します。 指標データ行は、すべてのデータが取得されるか、行の上限に達するまで、繰り返しフェッチされます。
    通常は、この設定を変更する必要はありません。 ただし、サイトの完全なインデックス再作成の指標のダウンロード段階を最適化すると役に立つ場合があります。
    デフォルト値は 5000 です。
  3. クリック Save Changes .
  4. (オプション)次のいずれかの操作を行います。

SAINT分類フィードについて

Adobe Analytics SAINTを使用すると、外部のソースから表形式のデータを受け入れることで、分析レポートを強化できます。 例えば、サイト検索/マーチャンダイジングを使用して、独自のインデックスからデータを取得し、そのデータをAdobe Analyticsにエクスポートできます。
サイト検索/マーチャンダイジングでAdobe Analytics SAINT機能を正しく使用するには、次の要件に注意してください。
  • Adobe Analyticsの会社とレポートスイートが必要です。
  • Adobe Analyticsユーザーアカウントは、レポートスイートを変更する権限を持っている必要があります。
  • Adobe AnalyticsユーザーがAdobe Analytics Web APIを使用できるようにするには、Web APIグループに属している必要があります。
  • 検索インデックスには、データが正しい形式であるなど、Adobe Analyticsで使用できるデータが含まれている必要があります。
フィードを作成する前に、次の質問と情報を確認し、SAINTフィードウィザードを正常に完了できるようにします。
  • どのレポートスイートで作業しますか。
  • どの分類セット(製品、e-varなど)に対してデータを提供しますか。
  • レポートにはどのような分類が存在しますか。 この質問に対する答えは、サイト検索/マーチャンダイジングで簡単に利用できるデータのタイプと、Adobe Analyticsが望ましいとレポートするレポートのタイプによって決まります。
  • SAINTは、サイト検索/マーチャンダイジングのデータをテキストタイプとして受け付けます。 そのデータの形式は、Adobe Analyticsレポートの表示に影響します。

Adobe Analytics SAINTフィードの作成

Adobe Analytics SAINTを使用すると、外部のソースから表形式のデータを受け入れることで、Adobe Analyticsレポートを強化できます。
例えば、サイト検索/マーチャンダイジングを使用して、独自のインデックスからデータを取得し、そのデータをAdobe Analyticsにエクスポートできます。
Adobe Analytics SAINTフィードを作成するには
  1. 製品メニューで//をクリ Settings ックし Adobe Analytics ます SAINT Classification Feeds ​。
  2. ページ上で、 SAINT Classification Feeds をクリックしま Create SAINT Feed ​す。
  3. ダイアログ Create Feed ボックスの「フィー ド名 」テキストフィールドに新しいフィード名を入力し、をクリックしま Next ​す。
    この時点で、フィードが保存され、ページに追加され SAINT Classification Feed ます。 選択した場合は、フィードを終了し、後で編集してウィザードを完了できます。
  4. ページ Authentication で、Adobe Analyticsの会社名、ユーザー名およびWebシークレットをそれぞれのテキストフィールドに指定し、をクリックしま Next ​す。
    Adobe AnalyticsでWeb APIを使用する権限があることを確認します。
  5. ページで、 Report Suite レポートスイートとその分類データセットを選択し、をクリックしま Next ​す。
  6. ページで、Adobe Analytics分 Field Maps 類をサイト検索/マーチャンダイジングメタデータフィールドにマッピングし、をクリックしま Next ​す。
    Adobe Analytics分類を調整するには、「Adobe Analytics分類」 Edit をクリックしてAdobe Analyticsにログインします。 変更が完了したら、をクリックして分 Refresh Classifications 類の選択を更新します。
  7. このページで Search Criteria は、サイト検索/マーチャンダイジングのデータをフィルタリングしてから、Adobe Analytics SAINTに送信できます。 ここにルールビルダーインターフェイスを使用してフィルタールールを作成し、をクリックしま Next ​す。
  8. ページで、 Configure FTP FTPサーバーを選択します。 データをアップロードする頻度を指定し、をクリックします Next ​。
    ベストプラクティスとして、各フィードには、データの誤った損失を防ぐための独自のFTPアカウントがあります。 ここで、新しいAdobe Analytics FTPアカウントを作成できます。
  9. ページで、 Verification をクリックし Show Data View て、出力のデータビュー表現を確認します。 実際のフィードファイルが存在する場合は、このリストに表示され、ダウンロードできます。
  10. クリック Close .

Adobe Analytics SAINTフィードの編集

作成した既存のSAINTフィードのすべての要素を編集できます。
Adobe Analytics SAINTフィードを編集するには
  1. 製品メニューで//をクリ Settings ックし Adobe Analytics ます SAINT Classification Feeds ​。
  2. ページ Saint Classification Feeds の列の下のフ Name ィードの横のドロップダウンリストで、をクリックします Edit feed ​。
  3. SAINTフィードダイアログボックスの「フィード名 」テキストフィールドに新しいフィード名を入力し、をクリックしまNext ​す。
    この時点で、フィードが保存され、ページに追加され SAINT Classification Feed ます。 選択した場合は、フィードを終了し、後で編集してウィザードを完了できます。
  4. ページ Authentication で、Adobe Analyticsの会社名、ユーザー名およびWebシークレットをそれぞれのテキストフィールドに指定し、をクリックしま Next ​す。
    Adobe AnalyticsでWeb APIを使用する権限があることを確認します。
  5. ページで、 Report Suite レポートスイートとその分類データセットを選択し、をクリックしま Next ​す。
  6. ページで、Adobe Analytics分 Field Maps 類をサイト検索/マーチャンダイジングメタデータフィールドにマッピングし、をクリックしま Next ​す。
    Adobe Analytics分類を調整するには、「Adobe Analytics分類」 Edit をクリックしてAdobe Analyticsにログインします。 変更が完了したら、をクリックして分 Refresh Classifications 類の選択を更新します。
  7. このページで Search Criteria は、サイト検索/マーチャンダイジングのデータをフィルタリングしてから、Adobe Analytics SAINTに送信できます。 ここにルールビルダーインターフェイスを使用してフィルタールールを作成し、をクリックしま Next ​す。
  8. ページで、 Configure FTP FTPサーバーを選択します。 データをアップロードする頻度を指定し、をクリックします Next ​。
    ベストプラクティスとして、各フィードには、データの誤った損失を防ぐための独自のFTPアカウントがあります。 ここで、新しいAdobe Analytics FTPアカウントを作成できます。
  9. ページで、 Verification をクリックし Show Data View て、出力のデータビュー表現を確認します。 実際のフィードファイルが存在する場合は、このリストに表示され、ダウンロードできます。
  10. クリック Close .

Adobe Analytics SAINTフィードの削除

不要になった、または使用しなくなった既存のAdobe Analytics SAINTフィードを削除できます。
Adobe Analytics SAINTフィードを削除するには
  1. 製品メニューで//をクリ Settings ックし Adobe Analytics ます SAINT Classification Feeds ​。
  2. ページ Saint Classification Feeds の列の下で、 Name 削除するフィードの横のドロップダウンリストで、をクリックします Delete feed ​。
  3. 削除ダイアログボックスで、「 Yes 」をクリックしてフィードの削除を確認します。

Adobe Analytics SAINTフィードファイルの表示

既存のSAINTフィードのペ Verification ージを開いて、出力のデータビュー表現を確認できます。
実際のフィードファイルが存在する場合は、このリストに表示され、テキストファイルとしてダウンロードできます。
Adobe Analytics SAINTフィードファイルを表示するには
  1. 製品メニューで//をクリ Settings ックし Adobe Analytics ます SAINT Classification Feeds ​。
  2. ページ Saint Classification Feeds の列の下のフ Name ィードの横のドロップダウンリストで、をクリックします View Feed Files ​。
  3. (オプション)をクリックし Download File て、フィードファイルをテキストファイルとして保存します。
  4. をクリッ Close クして、ページに戻 SAINT Classification Feeds ります。

Adobe Analytics SAINTフィードのテスト

ファイルをアップロードせずに、既存のAdobe Analytics SAINTフィードをテストできます。
Adobe Analytics SAINTフィードファイルをテストするには
  1. 製品メニューで//をクリ Settings ックし Adobe Analytics ます SAINT Classification Feeds ​。
  2. ページ Saint Classification Feeds の列の下のフ Name ィードの横のドロップダウンリストで、をクリックします Test Feed (No file upload) ​。
  3. フィードの処理が完了したら、フィード名のドロップダウンリストで、をクリックしま View Feed Files ​す。
  4. ページで、をク Verification リックしてフィー Download File ドファイルをダウンロードします。
  5. をクリッ Close クして、ページに戻 SAINT Classification Feeds ります。

Adobe Analytics SAINTフィードの生成とアップロード

作成した既存のAdobe Analyticsフィードのフィードファイルを生成し、アップロードできます。
Adobe Analytics SAINTフィードファイルを生成してアップロードするには
  1. 製品メニューで//をクリ Settings ックし Adobe Analytics ます SAINT Classification Feeds ​。
  2. ページ Saint Classification Feeds の列の下のフ Name ィードの横のドロップダウンリストで、をクリックします Generate and Upload Feed ​。
  3. フィードの処理が完了したら、フィード名のドロップダウンリストで、をクリックしま View Feed Files ​す。
  4. ページで、をク Verification リックしてフィー Download File ドファイルをダウンロードします。
  5. をクリッ Close クして、ページに戻 SAINT Classification Feeds ります。