Show Menu
トピック×

エクスペリエンスの追加

Visual Experience Composer(VEC)は、ページ上のエクスペリエンスを編集するための視覚的なインターフェイスを備えています。
エクスペリエンスについて詳しくは、 エクスペリエンス を参照してください。
  1. 「​ エクスペリエンスを追加 ​」をクリックします。
    オーディエンスに対してエクスペリエンスをターゲット設定する場合は、エクスペリエンスを追加する前にオーディエンスを選択する必要があります。オーディエンスを選択するように促すメッセージが表示されます。
  2. 変更する要素を選択し、必要な変更をおこないます。
    ページ上の要素にマウスポインターを置くと、その要素が強調表示されます。強調表示された要素は、Experience Composer を使用して変更できます。
    Target Classic(旧称 Test&Target)を使用してページに mbox を作成していた場合は、mbox 名を表示する要素として mbox が表示され、他の要素と同様に修正することができます。
    エクスペリエンスを変更するために表示されるページの要素で実行可能なアクションのリストについては、 Visual Experience Composer のオプション を参照してください。
    メインページ以外のソースから画像を提供する場合(例えば、akamai.net 上でホストされている画像を dell.com で提供する場合)、フロー図内のページのサムネールには画像が表示されません。
  3. エクスペリエンスのデザインが終了したら、「​ 保存 ​」をクリックします。

エクスペリエンス名を変更

A/B テストまたはエクスペリエンスターゲット設定(XT)アクティビティでエクスペリエンスのエクスペリエンス名を変更アイコンをクリックして、エクスペリエンスに新しい名前を指定します。
エクスペリエンスに名前を付けたり、名前を変更したりする場合、以下の文字は使用できないことに注意してください。
文字
説明
/
フォワードスラッシュ
?
疑問符
#
番号記号
:
コロン
=
イコール
+
プラス
-
マイナス
@
アットマーク

URL にリダイレクト

A/B テストまたはエクスペリエンスターゲット設定(XT)アクティビティでエクスペリエンスのその他(縦並びの省略記号)アイコンをクリックして、URL にリダイレクトをクリックします。
詳しくは、 URL にリダイレクト を参照してください。
注意 :エクスペリエンスに名前を付けたり、名前を変更したりする場合、以下の文字は使用できません。
文字
説明
/
フォワードスラッシュ
?
疑問符
#
番号記号
:
コロン
=
イコール
+
プラス
-
マイナス
@
アットマーク

エクスペリエンスの複製

A/B テストでは、エクスペリエンスをコピーすることで、ゼロからエクスペリエンスを再作成しなくても、エクスペリエンスに軽微な変更を加えることができます。
エクスペリエンス ​ページ(3 ステップのガイドによるワークフローの最初の手順)で、縦並びの省略記号/​ 複製 ​をクリックします。

エクスペリエンスを削除する

エクスペリエンス ​ページ(3 ステップのガイドによるワークフローの最初の手順)で、縦並びの省略記号/​ 複製 ​をクリックします。

Training video: Using the Visual Experience Composer

以下のビデオでは、Visual Experience Composer のオプションの使用に関する情報を提供しています。(7:17)
  • ページのコンテンツの変更
  • ページのレイアウトの変更