Show Menu
トピック×

A/B テスト

A/B テストでは、事前に設定したテスト期間中に複数のバージョンの Web サイトコンテンツを比較し、どのバージョンがコンバージョンを最も多く増やすことができるのかを見極めます。
A/B テスト(A/B...N テストと呼ばれる場合もあります)では、複数のバージョンの Web サイトのコンテンツを比較して、コンバージョン、販売、その他指定した指標について最も高い上昇率を示すのはどれかを調べます。A/B テストを使用して、ページに加えた変更をデフォルトのページデザインと比較することで、最も適した結果を生成するエクスペリエンスを決定できます。
成功指標や代替コンテンツ配信に基づきページのパフォーマンスを改善するための明確な仮説がある場合、A/B テストは特に便利です。
A/B テストは新しいレイアウトが関わる場合や、要素の扱いが大幅に異なる場合など、変更が大きい場合に適しています。テストデザインが容易に個々のページ要素に分割できない場合には、多変量分析テストの前に A/B テストを実行します。
テストを設定する場合、各エクスペリエンスを表示する訪問者の割合を指定できます。例えば、コントロールエクスペリエンスと 2 つ目のエクスペリエンスの間でトラフィックを均等に分割することも、オーディエンスの 5%のみにリスクの高い新しいエクスペリエンスを表示してテストすることもできます。
A/B テストのサンプルサイズの決定について詳しくは、 A/B テストの計画 を参照してください。
6 つ以上のエクスペリエンスがあり、2 つ以上の場所をまたがる場合は、A/B テストをおこなう前に MVT テスト を検討することをお勧めします。多変量分析テストによって、コンバージョンが向上する可能性が最も高そうなページ領域を判定できます。マーケティング担当者はこれらの領域に注目する必要があります。例えば、MVT テストによって、目標を満たすために最も重要な場所はコールトゥアクションであることがわかったとします。目標を満たすために最も有効な場所とコンテンツがわかったら、2 つの特定の画像を相互にテストしたり、コールトゥアクションの言い回しや色を比較したりするなどの A/B テストをおこなって、より厳密な結果を得ます。MVT テストの後に 1 つ以上の A/B テストをおこなうことで、目的の結果を得るための最良のコンテンツを判断できます。

トレーニングビデオ:アクティビティのタイプ(9:03)

このビデオでは、Target Standard/Premium で利用できるアクティビティのタイプについて説明しています。
  • Adobe Target に含まれるアクティビティのタイプの説明
  • 目標達成に適したアクティビティのタイプの選択
  • すべてのアクティビティのタイプに適用される 3 ステップのガイドによるワークフローについての説明