Show Menu
トピック×

Target 外で Automated Personalization のプレビューを確認するためのエクスペリエンス URL の共有

アクティビティをライブにする前に、プレビューおよび QA の目的で、Target の Automated Personalization アクティビティのエクスペリエンス URL を生成して、エクスペリエンスのコンテンツをサイトで直接確認できます。エクスペリエンス URL は、ターゲット設定を無視し、特定のエクスペリエンスを強制的に表示します。
アクティビティ QA モードを利用すると、別のタイプのアクティビティのアクティビティ URL を作成できます。詳しくは、「 アクティビティ QA 」を参照してください。
.
エクスペリエンス URL を使用するには、エクスペリエンスを表示する際にアクセスする最終 URL ではなく、Target から生成されるリンクを共有する必要があります。また、コンテンツが変更されると、新しい URL を生成する必要があります。新しい URL を生成すると、古い URL が機能しなくなる可能性があります。
エクスペリエンス URL を使用して、チームメンバーとエクスペリエンスを共有し、個別の QA アクティビティを作成することなく、様々なブラウザーおよび環境でエクスペリエンスの QA をおこないます。この機能は、サイトが複雑な場合や、セキュリティポリシーによりシミュレーターでサイトを表示できない場合に特に有用です。
  1. Automated Personalization アクティビティ を作成するか、アクティビティをクリックして開きます。
    エクスペリエンスをプレビューする場合は、アクティビティのステータスがアクティブである必要はありません。
  2. アクティビティの概要ページで、縦並びの 3 ドットメニュー/「 エクスペリエンスの URL を表示 」の順にクリックします。
  3. URL を確認または指定します。
    • Visual Experience Composer を使用する場合は、アクティビティで指定したデフォルトの URL が自動入力され、アクティビティ内の各エクスペリエンスのリンクが生成されます。必要であれば、この URL を変更して、他の URL を追加できます。
    • フォームベースの Experience Composer を使用している場合は、デフォルトの URL は自動的に入力されません。まだエクスペリエンス URL を作成していない場合は、「 新しい URL を追加 」をクリックします。プレビューを確認するすべての URL と、各 URL の名前を指定する必要があります。 複数の URL を追加できます。これは、複数ページのテストまたはテンプレートテストを実行しており、複数ページでアクティビティをプレビューする場合に便利です。
    サイト上のエクスペリエンスへのリンクをモーダルウィンドウに表示して、Target の Visual Experience Composer の外部でエクスペリエンスの「実際の表示」をプレビューできます。プレビューを共有するには、メッセージに表示されたリンクを共有する必要があります。URL にはメッセージ内のリンクからページにアクセスしたときにのみページが正しく表示されるパラメーターが含まれているので、リンクをクリックして、ページから結果の URL をコピーしても、うまく動作しません。代わりに、モーダルウィンドウのテキストをコピーして、すべてのテキストを電子メールでチームに送信します。
  4. すべて生成 」をクリックし、各エクスペリエンスをクリックしてプレビューします。
    そのため、エクスペリエンスに変更を加える場合、モーダルウィンドウに戻って「 すべてを生成 」をクリックして新しいリンクを取得することで、チーム用に新しいプレビューリンクを生成するようにします。
    注意: ​プレビューリンクは、新しいタブで開きます。ブラウザーのポップアップブロッカーを無効にする必要があります。
  5. 各エクスペリエンスの名前をクリックしてアクティビティをプレビューします。
    ページが開き、アクティビティが表示されます。
  6. 完了 」をクリックしてアクティビティの概要に戻ります。

注意点

エクスペリエンス URL の生成
  • エクスペリエンス URL は、エクスペリエンス間のトラフィック区分の影響を受けません。
  • オーディエンスレベルのターゲット設定は、プレビューに影響しません。
  • アクティビティごとに最大 300 個のエクスペリエンス URL を自動的に生成できます。それ以降は、URL を手動で生成する必要があります。
  • アクティビティごとに最大 300 個のエクスペリエンス URL を自動的に生成できます。それ以降は、URL を手動で生成する必要があります。
  • エクスペリエンスの数によっては、URL を生成するのに最大 5 分かかることがあります。ダイアログを閉じないでください。閉じると、生成した URL が失われます。
  • 生成したプレビューリンクは、2 ヶ月間有効です。それ以降は、プレビュー URL を再生成する必要があります。
  • エクスペリエンスを変更するたびに再生成する必要があります。
エクスペリエンス URL の共有
  • ターゲットのオーディエンスに属していない場合でも、エクスペリエンスをプレビューすることができます。
  • エクスペリエンス URL は、Adobe Target のアクセス権がないチームメンバーとも共有できます。
エクスペリエンス URL を使用したエクスペリエンスの表示
  • プレビューは、保存したすべてのアクティビティに対して、ページが変更されていない限り機能します。
  • エクスペリエンス URL は、アクティビティがアクティブか非アクティブかにかかわらず利用できます。
  • ステータスがドラフトのエクスペリエンスはプレビューできません。
  • エクスペリエンス URL のプレビューによってレポートに影響が生じることはありません。
エクスペリエンス URL のトラブルシューティング
  • ブラウザーのキャッシュが原因で、新しいタブにプレビューを表示できない場合、2 ~ 3 回更新してみるか、リンクをコピーして新しいブラウザー、新しいセッションまたはプライベートブラウザーモードで開きます。
  • アクティビティに対して独自の QA を実行しているか、リンクを別のチームに転送しているかにかかわらず、個別のテストを設定することなく特定のエクスペリエンスを簡単にプレビューすることができます。