Show Menu
トピック×

エクスペリエンスターゲット設定でのエクスペリエンスの切り替え

プロファイルの発展に応じて、訪問者がエクスペリエンスターゲット設定(XT)アクティビティのエクスペリエンスを切り替える方法について説明します。
2017 年 9 月 22 日
2017 年 9 月 22 日のリリースで、エクスペリエンスのターゲット設定(XT)アクティビティ(Target Classic のランディングページキャンペーン)でユーザーにエクスペリエンスを配信する方法が変更されました。すべての新規および既存のアクティビティで、ユーザーはインプレッションのたびにエクスペリエンスのターゲット設定のルールに適合しないと、エクスペリエンスのコンテンツが表示されず、レポートにカウントされません。以前までは、ユーザーがエクスペリエンスの条件を満たさなくなっても、前回条件を満たしていたエクスペリエンスのコンテンツが引き続き表示され、レポートにもカウントされるようになっていました。
この変更はリリースの一部として、既存のすべてのアクティビティとリリース後に作成されたすべての新規アクティビティに自動的に適用されます。以前の手法(9 月 22 日より前)で処理したい場合は、プロファイルスクリプトを使用してオーディエンスを作成し、ユーザーが一度条件を満たせば該当のオーディエンスに属し続けるように設定します。そのうえでこのオーディエンスを、アクティビティの各エクスペリエンスで使用します。
エクスペリエンスターゲット設定を使用すると、訪問者のプロファイルの発展に応じて表示されるエクスペリエンスを制御できます。次のリストに、訪問者のプロファイルが発展する可能性があり、別のコンテンツを提示した方がよいシナリオの一例を示します。
シナリオ
詳細
地理的な位置
訪問者が出張または旅行により、異なる地理的位置から Web サイトまたはモバイルアプリを表示します。
顧客ステータス
訪問者は、アカウントを作成したり、商品を購入する前に、見込み客と見なされる可能性があります。
カテゴリ親和性
Folio Builder カテゴリ親和性 機能(Target)では、ターゲット設定のために、ユーザーが訪問するカテゴリを自動的にキャプチャし、そのカテゴリに対するユーザーの親和性を計算します。例えば、特定のテーマに関して Web サイトでいくつかの記事を表示した訪問者には、そのテーマに関連するコンテンツを提示できます。
曜日
週末の取り組みとして、訪問者に映画、食事またはその他の娯楽に関するコンテンツを表示できます。
Target でこれらの機能を活用するには、XT アクティビティを使用する際の次の情報を理解することが重要です。
  • 優先度は、エクスペリエンスの順序で制御します(優先順位の高いエクスペリエンスを上に、優先順位の低いエクスペリエンスを下にします)。 ​訪問者は、3 つ以上のオーディエンスの条件を満たす場合に、より優先度の高いエクスペリエンスのコンテンツを受け取ります。
  • 訪問者がより優先度の高いエクスペリエンスのオーディエンスの条件を満たすと、XT アクティビティ内の別のエクスペリエンスに切り替わります。
    例えば、次のアクティビティの設定で、訪問者が米国から Web サイトにアクセスし、その後、ドイツに旅行して Web サイトに 2 回目の訪問をしました。最初の訪問中、この訪問者はエクスペリエンス A(米国の訪問者)の資格を得ます。ドイツから Web サイトを表示した後、この訪問者は、エクスペリエンス B(ドイツの訪問者)に切り替えます。
  • 訪問者が現在のオーディエンスの条件を満たさなくなった後でより優先度の低いエクスペリエンスの条件を満たした場合にも、エクスペリエンスが切り替わります。
  • 訪問者が現在のオーディエンスの条件を満たさなくなった後、別のエクスペリエンスの条件を満たさない場合は、デフォルトのコンテンツが表示されます。
    例えば、次のアクティビティの設定で、訪問者が米国から Web サイトにアクセスし、その後、フランスに旅行して Web サイトに 2 回目の訪問をしました。最初の訪問中、この訪問者はエクスペリエンス A(米国の訪問者)の資格を得ます。フランスから Web サイトを表示した後、この訪問者は、元のエクスペリエンスにとどまります。
  • ターゲット設定アクティビティで最後のエクスペリエンスとして「すべての訪問者」をターゲットに設定しているエクスペリエンスを使用すると、他のどのエクスペリエンスにも該当しない訪問者を「捕捉」することができます。「すべての訪問者」をターゲットに設定しているエクスペリエンスが順序の最後に置かれていない場合には、リストでそれよりも下位に位置するエクスペリエンスも評価対象となります。
    例えば、次のアクティビティの設定で、訪問者が米国から Web サイトにアクセスし、その後、ドイツに旅行して Web サイトに 2 回目の訪問をしました。最初の訪問中、この訪問者はエクスペリエンス A(米国の訪問者)の資格を得ます。ドイツから Web サイトを表示した後、この訪問者は、エクスペリエンス A(米国の訪問者)にとどまります。
    これが望ましくない場合、次の例に示すように、ターゲットオーディエンスの正反対として明示的に定義された新しいオーディエンスを作成できます。
  • 単一のエクスペリエンスの XT アクティビティの場合、あるエクスペリエンスが提示されるオーディエンスの資格がなくなっても、訪問者はそのエクスペリエンスにとどまります。
    これが望ましくない場合、正反対のオーディエンスをターゲットにした別のエクスペリエンスを作成できます(例えば、「United States」(米国)に対して「Not United States」(米国以外))。
    もう 1 つのオプションとして、次に示すように、100%のトラフィックが配分される目的のオーディエンスをターゲットにした A/B アクティビティを作成できます。
  • エクスペリエンスの優先度は、Target UI で表示される順番(トップダウン)で定義されます。
    これは、訪問者が複数のオーディエンスの資格を得る可能性があるシナリオで覚えておくべき重要な点です。例えば、「United States」(米国)をターゲットにしたものと「New York」(ニューヨーク)をターゲットにしたものの 2 つのエクスペリエンスがある場合、ニューヨークにいる訪問者は、両方のオーディエンスの資格を得ます。そのため、Target UI で「New York」エクスペリエンスが「United States」エクスペリエンスの前に定義されていることを確認する必要があります。これにより、次の例のように、「New York」エクスペリエンスがターゲットになればなるほど、優先度が高くなります。