Show Menu
トピック×

多変量分析テストの作成

Target の TargetVisual Experience Composer(VEC)を使用すると、Target に対応したページで適切なテストを作成し、 内でページの一部を変更する作業が簡単におこなえます。
Target のポイント&クリック方式のエディターを使用して、任意の場所を選択し、複数のオファーを追加できます。
多変量分析テスト(MVT)では、ページ本位のレポートが生成されます。つまり、テストは特定の URL に対して実行され、そのページに対して設計されたエクスペリエンスが表示されます。
  1. アクティビティを作成 ​/​ 多変量分析テスト ​をクリックします。
    利用可能なアクティビティタイプは、Target アカウントによって異なります。一部のアクティビティタイプがリストに表示されない可能性があります。例えば、自動パーソナライゼーションは、 Target Premium 機能 です。
    Target で使用できる様々なアクティビティタイプおよびその違いについて詳しくは、 アクティビティ を参照してください。ニーズに最も適したアクティビティタイプを決定するのに役立つ情報については、 Target アクティビティタイプ を参照してください。
  2. 必要に応じて、「​ ビジュアル (デフォルト) ​」を選択します。
    問題がある VEC のトラブルシューティング情報については、 Visual Experience Composer のトラブルシューティング を参照してください。
    前述の図の「ワークスペースを選択」オプションは、 Target Premium の機能です。このオプションが表示されない場合、お客様の組織は Target Standard ライセンスを所有しています。]
  3. (条件付き)Target Premium のお客様の場合、 ワークスペースを選択 します。
  4. テストするページの URL を指定 し、「​ 次へ ​」をクリックします。
    先頭に HTTP または HTTPS を含め、完全な URL を使用します。
    ブラウザーで混合コンテンツを有効にするように求めるメッセージが表示された場合は、メッセージの指示に従います。ブラウザーで混合コンテンツを有効にした後、再度手順 1 から開始します。
    Visual Experience Composer が開きます。
  5. アクティビティ名を入力します。
    次の文字はアクティビティ名として入力できません。
    文字
    説明
    /
    フォワードスラッシュ
    ?
    疑問符
    #
    番号記号
    :
    コロン
    =
    イコール
    +
    プラス
    -
    マイナス
    @
    アットマーク
  6. 以下の種類のオファーを追加できます。
    • HTML
    • 画像
    • テキスト
  7. 「​ プレビュー ​」をクリックして、 エクスペリエンスをプレビュー します。
    各エクスペリエンスを表示し、テストに組み込まないエクスペリエンスを除外できます。1 つ以上のエクスペリエンスを除外するには、目的のチェックボックスをオンにしてから、「​ 除外 ​」をクリックします。
  8. トラフィック見積もりを使用 して、テスト計画の実行可能性をテストします。
    以下の図は、アクティビティに十分なトラフィックがないことを示しています。
    以下の図は、アクティビティに十分なトラフィックがないことを示しています。
  9. 「​ 次へ ​」をクリックして、「ターゲット設定」ページに進みます。
  10. アクティビティに参加する資格のある訪問者のオーディエンスおよび割合を選択します。
    例えば、すべての訪問者の 50%に参加を制限したり、カリフォルニア州のオーディエンスの 45%に参加を制限したりできます。
    既存のオーディエンスの選択に加え、新規のオーディエンスを作成する代わりに、複数のオーディエンスを結合してアドホックな結合オーディエンスを作成することができます。詳しくは、 複数のオーディエンスの結合 を参照してください。
  11. テスト概要を確認 して、必要な変更をおこない、「​ 次へ ​」をクリックします。
  12. 「​ 保存して閉じる ​」をクリックして、アクティビティを作成します。

トレーニングビデオ:多変量分析テストの作成(9:25)チュートリ

このビデオでは、Target の 3 ステップのガイドによるワークフローを使用して、多変量分析テストを計画し、作成する方法についてデモをおこないます。
  • 多変量分析テストの定義と設計
  • 多変量分析テストの作成