Show Menu
トピック×

多変量分析テストの計画

Adobe Target で多変量分析テスト(MVT)を成功させるためには、テスト作成前に計画が必要です。
MVT テストで有用な結果を得るためには、十分なトラフィックが必要です。テストを設定する前に、インプレッションおよびコンバージョンの数を含む、通常発生するトラフィック量を把握しておく必要があります。この情報を把握しておくことで、サイトのトラフィックを超える要件を持つテストを設計してしまう失敗を避けることができます。
要素は互いに独立したものであることをお勧めします。(例えば、同じテスト内でレイアウトとコンテンツをテストしないでください)。
テストするページの HTML コードを調査します。サイトの HTML 要素が重複する DOM ID を持っていないことを確認します。重複した ID を持っていると、同じコンテンツが複数の場所に配信されることがあります。
有意な結果を生むと考えられる、ページ上の要素をテストするよう計画します。例えば、バナーやメイン画像は、フッターを変更するよりも多くのコンバージョンにつながる可能性があります。テストに効果の低い要素を組み込むと、ページ上のより効果の高い要素をテストするのに必要なトラフィック量や時間が増えることになります。
最後に、テストを作成する前に、テストするコンテンツを作成する必要があります。各オファーのコンテンツの差異を把握し、テストで使用する画像、テキストおよび HTML オファーを作成します。

トレーニングビデオ: 多変量分析テストの作成(9:25)

このビデオでは、Target の 3 ステップのガイドによるワークフローを使用して、多変量分析テストを計画し、作成する方法についてデモをおこないます。
  • 多変量分析テストの定義と設計
  • 多変量分析テストの作成