Show Menu
トピック×

ターゲットでのレポートの設定

アカウント全体に適用するターゲットレポートで使用する一般設定を設定し Target ます。
レポート設定ページにアクセスするには、 管理 / レポートをクリックします
このページでは、次の設定を指定できます。
  • レポートに使用するAdobe Experience Cloudソリューション
  • レポートに使用するタイムゾーン
  • レポートに使用する通貨
  • レポートから除外するIPアドレス
  • レポートの売上高の予測上昇を表示するかどうか
  • 優先度の細かい設定を有効にするかどうか

レポートクラウドソリューション

結果およびレポートで使用されるデータを決定するオプションを設定します。
アクティビティのレポートソースとして、Target または Adobe Analytics を選択します。アクティビティごとにレポートソースを選択することもできます。
レポートソースを選択する際には、次の点に注意してください。
  • 自動配分、自動ターゲットおよび自動パーソナライゼーション (AP)アクティビティの作成、アクティブ化および非アクティブ化は、選択したレポートソースに関係なく許可されます。これらのアクティビティタイプは、 Adobe Target のレポートソースとして Adobe Analytics(A4T) を選択した場合はサポートされません。レポートソースとして Analytics を指定した場合でも、これらのアクティビティタイプではレポートソースとしてTargetが使用されます。
  • ここでレポートソースを Analytics に設定した場合、Targetをレポートソースとして使用するアクティビティをアクティブ化することはできません(レポートソースはアクティビティごとに Target として指定されます)。レポートソースをアクティビティ内で Analytics に変更するか、セットアップ/環境設定でレポートエンジンを「アクティビティごとに選択」に変更する必要があります。
  • ここでレポートソースを Target に設定した場合、Analytics をレポートソースとして使用するアクティビティをアクティブ化することはできません。レポートソースをアクティビティ内で Target に変更するか、セットアップ/環境設定でレポートソースを「アクティビティごとに選択」に変更する必要があります。
  • ここでレポートソースを「アクティビティごとに選択」に設定した場合は、選択したレポートソースでサポートされているアクティビティの作成、アクティブ化および非アクティブ化をおこなえます。サポートされているアクティビティのマトリックスについては、 Adobe Target のレポートソースとしての Adobe Analytics(A4T) を参照してください。
  • 手動 A/B から自動配分または自動ターゲットに切り替えたときに、手動 A/B アクティビティのレポートソースが自動配分または自動ターゲットアクティビティでサポートされていない場合、すべての指標とレポート用オーディエンスが失われます。

レポートのタイムゾーン

レポートに使用するタイムゾーンを指定します。

レポートの通貨

レポートに使用する通貨を指定します。

ターゲットレポートデータから除外するIP

レポートデータから除外するIPアドレスを指定します。 例えば、内部会社アドレスを除外すると、レポートデータがWebサイトでの顧客の操作を反映するのに適した方法です。
新しい行に各IPアドレスを入力します。

収益の推定上昇率を表示

目標に金額を入力した場合は、売上高の予測上昇を表示できます。 Target では、すべてのユーザーが勝者エクスペリエンスを表示する場合に到達する売上高上昇を予測できます。デフォルトでは、上昇予測機能は無効になっています。
この機能の有効化と無効化は、Experience Cloud の管理者ユーザーだけがおこなえます。上昇予測機能が無効になっている場合、対応するフィールドはインターフェイスに表示されません。この機能を無効にしても、独自の予測に使用したデータをはじめ、データを失うことはありません。予測は、この機能が有効であるかどうかにかかわらず、収集したデータに基づいて計算されます。
詳しくは、 収益の上昇率の予測 を参照してください。

詳細な優先度の有効化

0~999 の優先度の数値エントリを許可します。
優先度の UI とオプションは、設定によって変わります。従来の「低」、「中」、「高」の各設定も使用できますが、0 から 999 の値を入力して詳細な優先度を設定することもできます。
優先度は、同じロケーションの同じオーディエンスに複数のアクティビティが割り当てられた場合に使用されます。ロケーションに 2 つ以上のアクティビティが割り当てられている場合、優先度の最も高いものが表示されます。