Show Menu
トピック×

Dynamic Media Classic の統合

Target Standard を Adobe Dynamic Media Classic(以前の Scene7)と統合して、コンテンツライブラリで Digital Asset Management(DAM)を実行できます。
Target を Dynamic Media Classic と統合すると、Adobe Experience Cloud アセットフォルダーにアップロードされたアセットを(アクティビティの一部として)配信できるようになります。この統合によって、Dynamic Media Classic にアップロードされたすべてのアセットにアクセスして、Target アクティビティで配信できるようになるわけではありません。
既に Dynamic Media アカウントをお持ちの場合、既存の資格情報を提供できます。アカウントをお持ちでない場合、追加費用なしで、使用制限のある Dynamic Media Classic アカウントをアドビの担当者にリクエストできます。このアカウントは、Target での使用のみに用途が限定されています。このサービスは、ワークフローに画像の入れ替え機能が必要なお客様向けのものです。
この機能が設定されていない場合は、アクティビティ作成ワークフロー内で、スワップ画像オファーのオプションを利用することはできません。この機能が設定されたら、画像オファーを交換/変更するオプションを Visual Experience Composer とフォームベースの Experience Composer の両方で利用できます。以降は、Adobe Experience Cloud からアップロードした画像を含むオファーを Target アクティビティで利用できます。
アクティビティの作成中に、オファーやカスタムコードで公開画像 URL を直接参照したい場合は、各自の Web サーバーに画像を展開し、コードで独自の URL を使用する必要があります。Experience Cloud にアップロードされた画像の公開済み URL を取得し、直接使用することや、Adobe Target のターゲット設定ワークフロー以外で使用することはできません。契約内容にあるように、この機能は許可されません。
Dynamic Mediaからの画像のストレージ URL と最終公開 URL は異なります。画像のストレージのリンクを使用してオファーを作成しないでください。作成すると、配信が機能しません。アドビのヘルプドキュメントに記載されているとおりに、画像オファーの機能を使用する必要があります。
Dynamic Media Classic(Scene7)と統合するには、以下のいくつかの情報を指定する必要があります。
  1. セットアップ 」/「 Scene7 設定 」の順にクリックします。
  2. 以下の Dynamic Media Classic アカウント情報を指定します。
    地域: Dynamic Media アカウントの地域は、北米、ヨーロッパ、アジアです。
    アドホックフォルダー: ​ターゲットフォルダーの外部に存在し、Dynamic Media に手動でアップロードされるコンテンツの場所。
    電子メールアドレス: Dynamic Media Classic(Scene7)へのログインに使用される電子メールアドレス。
    パスワード: Dynamic Media Classic(Scene7)へのログインに使用されるパスワード。
  3. 送信 」をクリックします。