Show Menu
トピック×

管理者の最初の手順

ここでは、Target 管理者が Adobe Experience Cloud への招待メールを受け取った後に最初におこなう手順について説明します。

Target への招待

Adobe Admin Console のシステム管理者は、参加させたいひとを招待することで Target にユーザーとして追加する必要があります。次に、システム管理者が、1 つ以上の役割用のグループに追加する必要があります。これらの作業は、共に Adobe Admin Console で実行されます。
システム管理者がこれらの手順を実行すると、招待の電子メールが送信されます。

招待の受諾

Adobe Experience Cloud への招待メールを受け取ったら、招待を受諾し、ログインして、エンドユーザー使用許諾契約(EULA)に同意します。
  1. Adobe Experience Cloud への招待を受諾します。
  2. Adobe ID をまだ持っていない場合は、作成するよう求められます。
    Adobe ID を持っている場合は、その Adobe ID が認識され、サインインするよう求められます。
  3. 利用条件に同意します。
  4. ここまでおこなった操作のまとめを確認し、「 Experience Cloud を続行 」をクリックします。
  5. Adobe Experience Cloud にログインし、「 アカウントにリンク 」をクリックします。
    アカウントをリンクしないと、Target にアクセスできません。
    リンクページにすべての Experience Cloud 製品が表示されます。「 Link Target 」をクリックし、Target のユーザー名とパスワードを入力して、Target Standard にアクセスします。
  6. Experience Cloud を続行 」をクリックします。
    この時点では、リンクできる権限を持ったグループはまだ設定されていません。
  7. 必要に応じて、Adobe Experience Cloud の紹介ビデオを見ます。
  8. 新しい権限と製品へのアクセスを確認するために、Adobe Experience Cloud からログアウトし、再びログインします。
  9. 次の手順である 承認者の役割の割り当て に進みます。

承認者の役割の割り当て

Adobe Experience Cloud への招待を受諾してログインしたら、自分の Experience Cloud アカウントに Target が追加されていることを確認し、自分自身に Target の承認者の役割を割り当てます。
お客様の組織が Target Standard ライセンスを所有している場合、 ユーザー ​の 役割および権限の指定 を参照してください。
お客様の組織が Target Premium ライセンスを所有している場合、 エンタープライズ権限の設定 ​の 手順 6:役割および権限の指定 を参照してください。
次の手順では、Target Standard および Target Premium でユーザーを設定します。詳しくは、 ユーザー管理 を参照してください。