Show Menu
トピック×

アクティビティのみのオーディエンスの作成

アクティビティのみのオーディエンスは、アクティビティを作成するときに 3 ステップのガイドによるワークフローを使用して作成します。これらのアドホックオーディエンスは、同じアクティビティ内の他の場所でも使用できますが、他のアクティビティで使用できるようにオーディエンスライブラリに保存されることはありません。
アクティビティのみのオーディエンスには次のようなメリットがあります。
  • アクティビティのみのオーディエンスを使用すると、1 回だけ使用してオーディエンスライブラリには格納されないオーディエンスを作成できます。これにより、オーディエンスライブラリがもう一度使用することのないオーディエンスであふれるのを防ぐことができます。
  • アクティビティのみのオーディエンスは、オーディエンスライブラリに表示されません。このため、アクティビティのみのオーディエンスは、組織内の他のメンバーによる望ましくない変更から保護されます。
  1. アクティビティ の作成時に、 Target ページで縦並びの省略記号をクリックし、「 オーディエンスを置換 」をクリックします。
  2. オーディエンスを選択ページで、「 アクティビティのみのオーディエンス 」をクリックします。
  3. オーディエンスを作成 」をクリックします。
  4. わかりやすいオーディエンスの名前を入力します。
  5. ルールを追加 」をクリックします。
    ルールを使用すると、オーディエンスをサイト訪問者の一部に限定することができます。
  6. ルールタイプを選択します。
    各ルールタイプには、独自のパラメーターがあります。オーディエンスルールの各タイプの構成について詳しくは、 オーディエンスのカテゴリ を参照してください。
  7. ルールパラメーターを定義します。
  8. 保存 」をクリックします。

注意点

アクティビティのみのオーディエンスを操作する際は、次の情報に注意してください。
  • アクティビティのみのオーディエンスは、Visual Experience Composer(VEC)またはフォームベースの Experience Composer で作成できます。この機能は、以前のバージョンの Target の絞り込みルールに代わるものです。
  • オーディエンスライブラリに格納して他のアクティビティで再利用できるアクティビティを作成することも、アクティビティのみのオーディエンスを作成することもできます。オーディエンスを保存した後にオーディエンスタイプを変更することはできません。
  • 既存のアクティビティの絞り込みは、アクティビティのみのオーディエンスに移行されます。
  • アクティビティのみのオーディエンスには、「使用済み」または「未使用」のステータスがあります。未使用のアクティビティのみのオーディエンスは、アクティビティが保存されるまで表示されます。アクティビティのみのオーディエンスを使用しないままアクティビティを保存しようとすると、未使用のアクティビティのみのオーディエンスが削除されることを示す警告メッセージが表示されます。
  • オーディエンス定義の詳細は、オーディエンスを開かなくても、オーディエンスピッカーからアクセスできるポップアップカードで確認できます。
  • 次の操作を実行できます。 複数のオーディエンスを組み合わせて 、アクティビティのみのオーディエンスを作成できます。