Show Menu
トピック×

AEM エクスペリエンスフラグメント

Information about using experience fragments created in Adobe Experience Manager (AEM) in Target activities to aid optimization or personalization.
この機能を使用するには、 Adobe Experience Manager (AEM)お客様である必要があります。 詳しくは、以下の「 要件 」を参照してください。

概要

Using experience fragments created in AEM in Target activities lets you combine the ease-of-use and power of AEM with powerful Automated Intelligence (AI) and Machine Learning (ML) capabilities in Target to test and personalize experiences at scale.
AEM では、パーソナライゼーション戦略に生かせるよう、すべてのコンテンツとアセットが一元化されます。AEM コードを記述しなくても、デスクトップ、タブレットおよびモバイルデバイス用のコンテンツを1か所で簡単に作成できます。 各デバイス用にページを作成する必要はありません。 AEM コンテンツを使用して各エクスペリエンスを自動的に調整します。
Target では、行動、コンテキスト、オフラインの変数を組み込んだルールベースの手法と AI 駆動の機械学習手法を組み合わせ、それを土台にしてパーソナライズされたエクスペリエンスを幅広く提供できます。With Target you can easily set up and run A/B Test and Multivariate (MVT) activities to determine the best offers, content, and experiences.
Experience fragments represent a huge step forward to link the content/experience creators and managers to the optimization and personalization professionals who are driving business outcomes using Target.

要件

You must be provisioned with the experience fragments functionality within # . In addition, you must be using AEM 6.3 with the appropriate service pack or AEM 6.4 (or later). アカウント担当者が、この機能を利用するための条件を満たすお手伝いをいたします。
  • Adobe Experience Manager 6.4(以降)
  • Adobe Experience Manager 6.3 SP2(以降)
  • Adobe Target Standard または Adobe Target Premium アカウントです。
  • Contact Adobe Target Customer Care to enable the integration and to provide you with authentication details.

Creating and configuring experience fragments in AEM

In order to use AEM experience fragments in Target, you must perform the following steps:

手順1: 統合 AEM 対象 Target

詳しくは、次を参照してください。
  • AEM6.3 : Adobe Experience Manager 6.3 ドキュメントで、Adobe AnalyticsとAdobeターゲット__のオプトインを参照してください。
  • AEM6.4 : Adobe Experience Manager 6.4 ドキュメントで、Adobe AnalyticsとAdobeターゲット__のオプトインを参照してください。
  • AEM6.5 : Adobe Experience Manager 6.5 ドキュメントで、Adobe AnalyticsとAdobeターゲット​ のオプトインを参照して ください。

手順 2:エクスペリエンスフラグメントを作成する

Experience fragments are created in AEM. 詳しくは、次を参照してください。

Step 3: Configure AEM to share the experience fragment with Target

  1. From within AEM, select the desired experience fragment or its containing folder, then click Properties .
  2. クラウドサービス 」タブをクリックし、 クラウドサービスの設定 ​ドロップダウンリストから「 Adobe Target 」を選択します。
    The previous step assumes that someone in your organization has created the Adobe Target configuration.
  3. 保存して閉じる 」をクリックします。

手順 4:エクスペリエンスフラグメントを発行し、 にエクスポートするTarget

使用している AEM バージョンに応じて、手順については次のリンクを参照してください。

Using experience fragments in Target activities

After performing the preceding tasks, the experience fragment displays on the Offers page in Target.
Target は現在、読み込むエクスペリエンスフラグメントを 10 分ごとに検索します。The imported experience fragment should be available in Target within ten minutes, but this time frame should shorten going forward.
The experience fragment is currently imported into Target as an HTML offer. Note that the experience fragment "primary" version remains in AEM. You cannot edit the experience fragment in Target.
リスト内のエクスペリエンスフラグメントの上にマウスポインターを置き、 表示 アイコン AEM パスを含む、エクスペリエンスフラグメントに関する追加情報を表示できます。
You can consume experience fragments in Target activities using the Visual Experience Composer (VEC) or the Form-Based Experience Composer .
To fully utilize the Target AI and ML functionality, you can select Auto-Allocate or Auto-Allocate while creating an A/B Test.
VECを使用してエクスペリエンスフラグメントを使用するには:
  1. で、 TargetVisual Experience Composerでエクスペリエンスを作成または編集中に、 コンテンツを挿入するページ上の場所をクリックし、目的のオプションを選択して「エクスペリエンスフラグメントを 選択 AEM 」リストを表示します。
    • 前に挿入
    • 後ろに挿入
    • エクスペリエンスフラグメントと置き換え
    The Experience Fragment list displays all of the content created in AEM that is now natively available from within Target.
    「エクスペリエンスフラグメントと交換」オプションは、画像には使用できません。画像にこのオプションを使用する場合は、目的の画像を含むコンテナ要素をクリックします。
  2. Select the desired experience fragment, then click Done .
  3. アクティビティの設定を終了します。
    各タイプのアクティビティを設定する方法について詳しくは、次のトピックを参照してください。
フォームベースのExperience Composerを使用してエクスペリエンスフラグメントを使用するには:
  1. In # , while creating or editing an experience in the Form-Based Experience Composer , select the location on the page where you want to insert AEM content, then select Change Experience Fragment to display the Choose an Experience Fragment list.
    The Experience Fragment list displays all of the content created in AEM that is now natively available from within Target.
  2. 対象のエクスペリエンスフラグメントを選択し、「 保存 」をクリックします。
  3. アクティビティの設定を終了します。

注意点

  • Target は現在、読み込むエクスペリエンスフラグメントを 10 分ごとに検索します。The imported experience fragment should be available in Target within ten minutes, but this time frame should shorten going forward.
  • The experience fragment is currently imported into Target as an HTML offer. Note that the experience fragment "primary" version remains in AEM. You cannot edit the experience fragment in Target.
  • JSONオファーをエクスペリエンスフラグメントとしてに読み込むことができ Targetます。 ただし、これらのオファーはHTMLオファーとして読み込まれます。 JSONオファー(エクスペリエンスフラグメント)は、現在、 Target UIで完全にはサポートされていません。

Training video: Using AEM experience fragments with Adobe Target

次のビデオでは、エクスペリエンスフラグメントを設定して使用する方法を示します。

4:54で説明されている AEM ディープリンク機能は削除されました。
詳しくは、 AEMサイトのビデオとチュートリアル ページの「Using Experience Fragments with Adobeターゲット ** 」を参照してください。