Show Menu
トピック×

Target 実装の準備

Target の実装を準備する際に、完了する必要がある作業と収集する必要がある情報があります。
これらのガイドラインに従い、指定された質問に入力することは、自分で実装するか、アドビコンサルティングと連携するか(推奨)にかかわらず、Target の実装に役立ちます。
アドビコンサルタントと連携する場合、Target 実装前にこれらのドキュメントの情報を知っている必要はありません。ただし、コンサルティングが作成するドキュメントと彼らが尋ねる質問に熟知していることは、実装前のプロセスの迅速化に役立ちます。これらのドキュメントは、将来変更される可能性があります。

Adobe Target ビジネス情報提供依頼書

ここでは、Target 実装キックオフ会議の前に顧客が記入する必要がある、ビジネス情報提供依頼書(RFI)ドキュメントについて説明します。
次にビジネス RFI ドキュメントの目的を示します。
  • クライアントのビジネス目標の把握
  • クライアントの最適化目標の把握
ビジネス情報提供依頼書 をダウンロードしてください。

Adobe Target 技術情報提供依頼書

この節では、コンサルティングチームがクライアントのビジネスおよび技術要件を満たす Target 実装を作成するのに役立つ、技術情報提供依頼書(RFI)ドキュメントについて説明します。このドキュメントの質問は、実装を見直す必要性を最小化または除外するために、すべての隠れたハードルや障害を明らかにします。
次に技術 RFI ドキュメントの目的を示します。
  • 技術プラットフォームおよびあらゆる制限の把握
  • 人およびプロセスとの関連で、技術環境の把握
技術情報提供依頼書 をダウンロードしてください。