Show Menu
トピック×

adobe.target.applyOffers(options) - at.js 2.x

この関数を使用すると、 adobe.target.getOffers() で取得した複数のオファーを適用できます。
この関数は at.js 2.x で導入されました。この関数は at.js バージョン 1 では使用できません。 x .
キー
タイプ
必須?
説明
selector
文字列
×
Target がオファーコンテンツを配置する必要がある HTML 要素を特定するために使用される HTML 要素または CSS セレクター。セレクターがない場合、Target は、使用する必要がある HTML 要素が HTML HEAD であると仮定します。
応答
オブジェクト
getOffers() からのレスポンスオブジェクト。
下の「リクエスト」の表を参照してください。

応答

以下に示すすべて のフィールドで使用できるタイプについては 、Delivery APIのドキュメントを参照してください。
フィールド名
説明
response > prefetch > views > options > content
注意:「オプション」の内容は明確に定義されておらず、オプションのタイプ/テンプレートの構造に直接依存しています。
response > prefetch > views > options > type
オプションのタイプ。「コンテンツ」フィールドのタイプを反映します。サポートされているタイプはアクションです。
response > prefetch > views > state
ビューの表示通知で転送する必要がある不透明なビューステートトークン。
response > prefetch > views > options > responseTokens
現在のオプションの処理時に収集された responseTokens のマップが含まれています。
response > prefetch > views > analytics > payload
ビューが適用された後に Analytics に送信される必要があるクライアントサイド統合のための Analytics ペイロード。
response > prefetch > views > trace
ビューごとのプリフェッチコールの全トレースデータを含むオブジェクト。
トレースオブジェクトにはトレースのバージョンも含まれます。
トレースオブジェクトには、現在のビューの詳細も含まれます。
response > prefetch > views > options > eventToken
イベントログはオプションごとに実行されます。適用されるオプションごとに、それぞれのイベントトークンを通知トークンのリストに追加する必要があります。注意: ビューは複数のオプションで構成されています。すべてのオプションの適用および表示されている場合、通知にすべての eventTokens を含める必要があります。
response > prefetch > views > name
人間が解読可能な形式のビュー名。
response > prefetch > views > metrics
監視してから Target に通知する必要のあるレポート指標。現在、クリック指標のみがサポートされています。要素がクリックされると、適切な eventTokens が収集され、通知が送信されます。
response > prefetch > views > key
ビューを識別するキーまたはフィンガープリント。
response > prefetch > views > id
ビューの ID。
response > notifications > id
通知 ID。
response > notifications > events > type
通知、クリックまたは表示のタイプ。
response > notifications > events > trace
通知イベントのトレース。
response > notifications > events > token
通知イベントで送信されたトークン。
response > notifications > events > timestamp
通知イベントで送信されたタイムスタンプ。
response > notifications > events > errorCode
通知が失敗した場合、コードは失敗の理由を示します。
response > notifications > events
現在の通知について記録されたか、記録が失敗したイベント。
response > notifications
通知が記録されたか、記録が失敗したかを示します。
response > execute > mboxes > mbox > trace
個々の mbox リクエストの全トレースデータを含むオブジェクト。
response > execute > mboxes > mbox > responseTokens
特定の mbox リクエストの実行のための responseTokens のマップが含まれています。
response > execute > mboxes > mbox > option > content
注意:「オプション」の内容は明確に定義されておらず、オプションのタイプ/テンプレートの構造に直接依存しています。
response > execute > mboxes > mbox > option > type
オプションのタイプ。「コンテンツ」フィールドのタイプを反映します。サポートされているタイプは、html、redirect、JSON、および dynamic です。
response > execute > mboxes > mbox > options
レスポンスオプション。
response > execute > mboxes > mbox > metrics > eventToken
クリックイベントのトークン。
response > execute > mboxes > mbox > metrics > type
"click"
response > execute > mboxes > mbox > metrics
clickThrough 指標のリストが含まれています。
response > execute > mboxes > mbox > mbox
mbox の名前。
response > execute > mboxes > mbox >index
レスポンスが、リクエストからのこのインデックスを持つ mbox に対するものであることを示します。
response > execute > mboxes > mbox > analytics > payload
mbox の適用後に Analytics に送信する必要がある、クライアントサイド統合用の Analytics ペイロード(「A4T が有効なキャンペーン」セクションを参照してください)
response > execute > mboxes
実行された mbox のリスト。
response > execute > pageLoad > options > content
注意:「オプション」の内容は明確に定義されておらず、オプションのタイプ/テンプレートの構造に直接依存しています。
response > execute > pageLoad > options > type
オプションのタイプ。「コンテンツ」フィールドのタイプを反映します。サポートされているタイプは、html、redirect、JSON、dynamic、および action です。
response > execute > pageLoad > options
ビューでグループ化されていないオプション(target-global-mbox およびビューでグループ化されていないビューを持つアクティビティのオプション)。
response > execute > pageLoad > metrics
特定のビューに属していないクリック指標。
response > execute > pageLoad > trace
pageLoad リクエストのすべてのトレースデータを含むオブジェクト。
response > execute > pageLoad > analytics > payload
ページロードコンテンツが適用された後に Analytics に送信する必要がある、クライアントサイド統合用の Analytics ペイロード。(「A4T が有効なキャンペーン」セクションを参照してください)

applyOffers() の呼び出しの例

adobe.target.applyOffers({response:{
  "execute": {
    "pageLoad": {
      "options": [{
        "type": "html",
        "content": "page-load"
      },
      {
        "type": "actions",
        "content": [{
          "type": "setHtml",
          "content": "<h1>Container 1</h1>",
          "selector": "#container1",
          "cssSelector": "#container1"
        },
        {
          "type": "setHtml",
          "content": "<h3>Container 3</h3>",
          "selector": "#container3",
          "cssSelector": "#container3"
        }]
      }],
 
 
      "metrics": [{
        "type": "click",
        "selector": "#container1",
        "eventToken": "page-load-click-metric" 
      }]
    }
  }
}});

Promise ベースである getOffers() applyOffers() をチェイニングする Promice の呼び出し例

adobe.target.getOffers({...})
.then(response => adobe.target.applyOffers({ response: response }))
.then(() => console.log("Success"))
.catch(error => console.log("Error", error));