Show Menu
トピック×

at.js 関数

Adobe Target の at.js JavaScript ライブラリで使用できる関数のリストです。詳細および例については、「関数」列のリンクをクリックしてください。
関数
詳細
この関数は、Target オファーを取得するリクエストを実行します。 adobe.target.applyOffer() と併用して、応答を処理するか、独自の成功処理を使用します。
(at.js 2.x)
この関数を使用すると、複数の mbox を渡すことで複数のオファーを取得できます。さらに、アクティブなアクティビティのすべてのビュー向けに複数のオファーを取得できます。
注: ​この関数は at.js. 2.x で導入されました。この関数は at.js バージョン 1.x では使用できません。 x .
この関数は、応答内容を適用するために使用します。
(at.js 2.x)
この関数を使用すると、adobe.target.getOffers(). で取得した複数のオファーを適用できます。
注: ​この関数は at.js. 2.x で導入されました。この関数は at.js バージョン 1.x では使用できません。 x .
(at.js 2.x)
この関数は、新しいページが読み込まれるときや、ページ上のコンポーネントが再レンダリングされるときに呼び出すことができます。
Visual Experience Composer(VEC)を使用して A/Bテストおよびエクスペリエンスターゲット設定(XT)のアクティビティを作成するには、この関数をシングルページアプリケーション(SPA)に実装する必要があります。
この関数は、クリックやコンバージョンなどのユーザーアクションを報告するリクエストを実行します。応答でアクティビティを配信することはありません。
(at.js 1.x)
リクエストを実行し、mboxDefault クラス名を持つ最も近い DIV にオファーを適用します。
注: ​この関数は at.js バージョン 1. x のみで使用できます。この関数は at.js 2.x のリリースで廃止されました。at.js 2.x で使用する場合、この関数はデフォルトコンテンツを返します。
(at.js 1.x)
mbox を定義および更新します。
注: ​この関数は at.js バージョン 1. x のみで使用できます。この関数は at.js 2.x のリリースで廃止されました。at.js 2.x で使用する場合、この関数はデフォルトコンテンツを返します。
Target Standard/Premium UI や REST API を使用して設定を構成する代わりに、 targetGlobalSettings() を使用して at.js ライブラリで設定を上書きすることができます。
  • データプロバイダー:この設定では、Demandbase、BlueKai、カスタムサービスなどのサードパーティのデータプロバイダーからデータを収集し、そのデータをグローバル mbox リクエストで mbox パラメーターとして Target に渡すことができます。
このメソッドにより、リクエストコードの外部からグローバル mbox にパラメーターを付加できます。
このメソッドにより、リクエストコードの外部からすべての mbox にパラメーターを付加できます。
(at.js 1.x)
特定の拡張を登録するための標準的な方法を提供します。
注: ​この関数は at.js バージョン 1. x のみで使用できます。この関数は at.js 2.x のリリースで廃止されました。at.js 2.x で使用する場合、この関数はデフォルトコンテンツを返します。
at.js カスタムイベントを使用すると、mbox リクエストまたはオファーが失敗または成功した場合に通知できます。
(at.js 2.1.0)
この関数は、 adobe.target.applyOffer() adobe.target.applyOffers() を使用せずにエクスペリエンスがレンダリングされる場合、Target Edge に通知を送信します。
注意 :この関数は、at.js 2.1.0 で導入され、2.1.0 以上の任意のバージョンで使用できます。