Show Menu
トピック×

Adobe Experience Cloud デバッガーを使用した at.js のデバッグ

Target の実装をすばやく簡単に理解できる Adobe Experience Cloud デバッガー拡張を使用する方法について説明します。
ライブラリ設定をすばやく表示し、リクエストを検証してカスタムパラメーターが正しく渡されたことを確認し、コンソールのログを有効にして、Target のすべてのリクエストを無効にすることができます。Experience Cloud への認証をおこなうと、強力な Mbox Trace ツールを使用して、アクティビティ、オーディエンスの資格情報、訪問者プロファイルを調査できます。
詳しくは、 Adobe Experience Cloud デバッガー拡張のドキュメント を参照してください。Target に固有の情報は、 ツール セクションに記載されています。

トレーニングビデオ

次のビデオでは、デバッグプロセスの手順について説明しています。

Adobe Experience Cloud デバッガー拡張の追加 概


Basic Target Debugging Using the Adobe Experience Cloud Debugger


mboxトレースの概 要バ