Show Menu
トピック×

mbox.js を設定

mbox.js の設定ページでいくつかの設定をおこなう方法を説明します。
mbox.js 関数ライブラリのデフォルト設定は、ほとんどの Target 顧客のニーズに対応しています。
mbox.js の設定を変更する必要がある場合は、アカウント担当者に相談してください。
以下の設定を使用できます。

クライアント

アカウントのクライアントコード。
セットアップ/実装/mbox.js 設定を編集を表示する際に、最上部にあるクライアントがアカウントのクライアントコードです。

タイムアウト

Target リクエストのタイムアウト。
「セットアップ」/「実装」/「mbox.js 設定を編集」の順に表示した際の「圧縮レベル」の後の「タイムアウト」が、Target リクエストのタイムアウトです。デフォルトでこの値は 15 秒に設定されますが、2~5 秒の間に設定することをお勧めします。

XDomain

ブラウザーで Cookie を設定する場合、お客様独自のドメインで設定するか(ファーストパーティ Cookie)、Target のドメインで設定するか、またはその両方で設定するかどうかを指定します。
この設定を変更すると、mbox.js と at.js の両方に影響があります。

圧縮レベル

mbox.js ライブラリファイルをどの程度圧縮するかを指定します。圧縮レベルを高くすると、ページロード時間が短くなります。

mboxParameters() 関数本体

各 mbox の呼び出しに渡される追加のパラメーターを返します。
次に例を示します。
return "test=123";

mboxSupported() 関数本体

特定のユーザーを除外するために、false を返します。
次に例を示します。
return !navigator.userAgent.indexOf('Safari') ! = -1;
以下のブラウザーを受け入れるか、または除外することができます。
  • IE 5.0 以降(Windows)
  • Netscape 5.0 以降(Windows、Mac OS、Linux)
  • Safari 1.2.4 以降(Mac OS)
  • Mozilla Firefox 1.0 以降(Windows、Mac OS、Linux)

mboxCookieDomain() 関数本体

ファーストパーティ Cookie を設定するためのドメインを説明する文字列を返します。
次に例を示します。
return "YOUR-DOMAIN";

追加の JavaScript

各ページで実行するすべての追加の JavaScript が含まれます。

SiteCatalyst プラグイン

Analytics Target プラグインを有効にします。
有効にすると、Analytics プラグインによって mbox.js 内にプラグインコードが生成されます。このコードにより、Analytics でタグ付けされたすべてのページで、Analytics のタグ情報が mbox リクエストとして Target サーバーに送信されます。
Analytics プラグインはページ上で引き続き参照されている必要があります。

secureOnly

mbox.js で HTTPS のみを使用するか、ページのプロトコルに基づいて HTTP と HTTPS との切り替えを許可するかを示します。これは詳細設定で、デフォルトでは False に設定されています。