Show Menu
トピック×

mbox.js の実装

Target Standard または Target Premium を使用するには、コードを 1 行追加して mbox.js を呼び出します。
mbox.js または at.js の 2 つのライブラリリファレンスのいずれかを使用できます。 at.js のメリット では、この 2 つのライブラリの違いを説明しています。
mbox.jsの廃止 :2020年8月31日に、アドビターゲットはmbox.jsライブラリをサポートしなくなります。 2020年8月30日以降、mbox.jsからの呼び出しはすべて失敗し、ターゲットアクティビティが実行されているページに影響します。 サイトで発生する可能性のある問題を回避するため、すべてのお客様は、この日より前に最新バージョンのat.jsライブラリに移行することをお勧めします。 For more information, see How At.js Works .
mbox.jsは現在サポートされていますが、2017年7月以降、このライブラリの機能の更新は提供されていません。 新しいat.jsは、mbox.jsよりも多くの利点を提供します。 特に、at.jsは、Web実装のページ読み込み時間を改善し、セキュリティを強化し、シングルページアプリケーション向けのより優れた実装オプションを提供します。
すべてのお客様をat.jsに移行することで、アドビのエンジニアおよびサポートスタッフは、アドビが期待する新しい機能とオファーをお客様に提供できます。
各ページの mbox.js への単一の参照は、すべてのアクティビティに必要なライブラリを提供します。mbox.js は、mbox.js ファイルを参照するすべてのページから Target を呼び出します。これにより、Target で次の作業ができるようになります。
  • Target アクティビティの配信
  • クリックの追跡
  • 最も成功した指標の追跡
実装を簡略化するには、グローバルヘッダーで mbox.js を参照します。
アクティビティごとに異なる mbox.js ファイルを管理する必要はありません。
  1. サイトの各ページの <head> セクションで mbox.js を参照します。
    <script src="/ * directory */ * scripts */mbox.js"></script>
    ここで、 * directory */ * scripts * は、ダウンロード後に mbox.js ファイルを保存したディレクトリです。 レガシー実装のページに既に mbox が含まれている場合、その mbox は新しいインターフェイスでもそのまま使用できます。更新された mbox.js ファイルは引き続き必要になりますが、これらの mbox は、アクティビティ用に選択したり、Visual Experience Composer を使用して編集したりすることができます。