Show Menu
トピック×

Deploy at.js to a non-production environment

実稼動環境以外に at.js を安全にデプロイするためのテクノロジーに関する情報を紹介します。

DTM ステージングへのデプロイ

DTM を使用する場合、Adobe Target ツール設定に簡単に at.js を保存できます。
ライブラリを保存すると、DTM Switch ツールを使用して、実稼動用コードに対してテストできます。また、これにより、アドビのコンサルタントがユーザーをサポートしやすくなります。
詳しくは、Dynamic Tag Management を使用した Adobe Target の実装のベストプラクティス​**​ガイドの オプション 3:DTM でホストされた Target JavaScript ライブラリによる Target の手動での実装 を参照してください。

Chrome 拡張機能「Requestly」を使用した別のファイルへのマッピング

以下の情報に加えて、Google Chrome 用 Adobe Target VEC ヘルパーブラウザー拡張機能 を使用できます。
Requestly は、無料の Chrome 拡張機能です。リクエストを代替 URL にリダイレクトできます。
at.js をある URL にデプロイしたら、Requestly を使用して現在の mbox.js ファイルの URL を新しい at.js の URL にマッピングします。その結果、Web サイトが mbox.js を読み込もうとすると、代わりに at.js が読み込まれます。この方法により、アドビからのサポートの提供も容易になります。

開発、ステージングまたは QA 環境へのデプロイ

コードベースで mbox.js をホストし、コード環境を簡単に更新できる場合、at.js をより下位の環境の 1 つにデプロイします。
アドビからより確実なサポートを受けるために、アドビがアクセスできる環境にファイルをデプロイします。

Charles や Fiddler を使用したローカルファイルへのマッピング

Charles Web Debugging Proxy は、Mac および Windows で利用可能なアプリケーションで、Map Local 機能を使用して実稼動 mbox.js ファイルを at.js のローカルコピーにマッピングするのに使用できます。Mac および Windows 用の無料の体験版をダウンロードできます。
Fiddler は、同様のツールで、Windows 用の無料ダウンロード版として利用可能です。

別のタグ管理環境へのデプロイ

別のタグマネージャーを使用している場合、実稼動トラフィックに影響を与えることなく、安全に at.js をデプロイする方法があるはずです。