Show Menu
トピック×

リリースノート — Target Java SDK

Java SDKを使 Target 用すると、サーバー側 Target をデプロイできます。 このJava SDKを使用すると、、、などの他のソ Target リューシ Adobe Experience Cloud ョンとの統合を簡単に Adobe Experience Cloud Identity Service行うこ Adobe Analyticsとができま Adobe Audience Managerす。
Java SDKは、アドビの配信APIを使用して統合する際に、ベストプラクティスを導入し、複雑 Target さを排除して、エンジニアリングチームがビジネスロジックに焦点を当てられるようにします。
新しいTarget Java SDKを使用したサーバ側の最適化に関するアドビ のテクニカルブログ(英語)で詳しく説明します

バージョン1.1.0(2019年12月17日)

次の節では、Target Java SDKのバージョン1.1.0について詳しく説明します。

Admin Console ヘルプに

  • @hisham-hassanが行ったオープンソースの貢献により、プロキシ設定のサポートが追加されました。

バージョン1.0.1(2019年11月12日)

次の節では、Target Java SDKのバージョン1.0.1について詳しく説明します。

固定

  • 訪問者API cookieが存在しない場合でも、Targetリクエストに追加のデータIDを送信します。

バージョン1.0.0(2019年10月31日)

以下の節で、Target Java SDKのバージョン1.0.0について詳しく説明します。

Admin Console ヘルプに

    • Visual Experience Composer(VEC)で作成されたすべてのタイプのオファーの配信を完全にサポートします。
  • プリフェッチと通知のサポートを追加しました。これにより、プリフェッチされたコンテンツをキャッシュしてパフォーマンスを最適化できます。
  • サーバー側とクライアント側の両方にデプ Target ロイする場合に、 serverState を介し Target たハイブリッド統合でパフォーマンスを最適化するためのサポートを追加しました。
    • サーバー側で取得したエクスペリエンスを含むという設定が導入され、at.js v2.2以降では、エクスペリエンスを取得するための追加のサーバー呼び出しが行われなくなります。 serverState このアプローチは、ページ読み込みのパフォーマンスを最適化します。
  • GitHubをソースとして Target Java SDKとして開きます
  • SDK APIメソッド引数の検証。
  • README、サンプル、ユニットテストを追加しました。
  • CoC、貢献度のガイドライン、PRおよび雑誌号のテンプレートを追加しました。