Show Menu
トピック×

リリースノート —ターゲットJava SDK

Java Target SDKを使用すると、サー Target バー側をデプロイできます。 このJava SDKを使用すると、、、など Target の他の Adobe Experience Cloud ソリューションとの統合を簡単に行え Adobe Experience Cloud Identity Service​Adobe Analytics​Adobe Audience Managerます。
Java SDKは、ベストプラクティスを導入し、アドビの配信APIを Target 使用して統合する際の複雑さを排除して、エンジニアリングチームがビジネスロジックに集中できるようにします。
新しいターゲットのJava SDKを使用した サーバ側のターゲットに関するAdobeテクニカルブログ

バージョン1.1.0(2019年12月16日)

次の節では、ターゲットJava SDKのバージョン1.1.0について詳しく説明します。

Admin Console ヘルプに

  • @hisham-hassanが行ったオープンソースの貢献により、プロキシ設定のサポートが追加されました。

バージョン1.0.1(2019年11月11日)

次の節では、ターゲットJava SDKのバージョン1.0.1について詳しく説明します。

固定

  • 訪問者API cookieがない場合でも、ターゲットリクエストで補足的なデータIDを送信します。

バージョン1.0.0(2019年10月31日)

次の節で、ターゲットJava SDKのバージョン1.0.0について詳しく説明します。

Admin Console ヘルプに

    • Visual Experience Composer(VEC)でオーサリングされたすべてのタイプのオファーの配信の完全なサポート。
  • プリフェッチのサポートと、プリフェッチされたコンテンツをキャッシュしてパフォーマンスを最適化できる通知機能を追加しました。
  • サーバー側とクライアント側の両方にデプロイする場合に、を介し Target たハイブリッド serverState Target 統合でパフォーマンスを最適化するためのサポートを追加しました。
    • サーバー側で取得したエクスペリエンス serverState を含むという設定が導入され、at.js v2.2以降では、エクスペリエンスを取得するための追加のサーバー呼び出しが行われなくなります。 このアプローチは、ページ読み込みのパフォーマンスを最適化します。
  • GitHubをソースとして ターゲットJava SDKとして開きます
  • SDK APIメソッド引数の検証。
  • README、サンプル、および単体テストを追加。
  • CoC、貢献度のガイドライン、PR、および雑誌号のテンプレートを追加しました。