Show Menu
トピック×

Target の従来の API から Adobe I/O への移行

Target の従来の API から Adobe I/O の新しい API への移行について説明します。
Adobe Target Classic の廃止に伴い、Target Classic アカウントに関連付けられている API も利用できなくなりました。ここでは、従来の API ベースの統合を、Adobe I/O ベースの Target API に移行する方法について説明します。
Target API ドキュメントについて詳しくは、 Target API と NodeJS SDK .

用語

用語
説明
従来の API
Target Classic アカウントに関連付けられている API。これらの API の呼び出しは、ユーザー名とパスワードによる認証に基づいており、ホスト名は testandtarget.omniture.com を使用します。API 呼び出しでリクエスト URL にユーザー名とパスワードが含まれている場合は、Adobe I/O API に移行する必要があります。
Adobe I/O
Adobe I/O は Target API 用の新しいゲートウェイです。この API は Target Standard/Premium アカウントに関連付けられています。Adobe I/O の Target API では、安全な企業 API の業界標準である JWT ベースの認証を使用します。

今後の予定

Target Classic の廃止に伴い、次の段階を踏んで従来の API が廃止されます。
日付
詳細
2017 年 10 月 18 日
書き込み操作( saveCampaign copyCampaign saveHTMLOfferContent setCampaignState )を実行する API メソッドがすべて廃止されました。
同日にすべての Target Classic ユーザーアカウントのステータスが読み取り専用に設定されました。
2017 年 11 月 15 日
残りの API が廃止されました。同日に Target Classic のユーザーインターフェイスも廃止されました。
Recommendations Classic の API については、この予定の影響はありません。

対応するメソッド

次の表には、従来の API メソッドに対応する新しい Target API メソッドがまとめられています。従来の API による XML 応答とは異なり、新しい API では JSON が返されます。
新しい API の各メソッドをクリックすると、API ドキュメントサイト内のそのメソッドに関する節に移動します。それぞれの API メソッドのサンプルを確認できます。Admin Postman Collection でも、Adobe I/O の新しい Adobe API の各メソッドについて、API 呼び出しのサンプルを確認できます。
グループ
従来の API メソッド
新しい API メソッド
メモ
キャンペーン/アクティビティ
キャンペーンの作成
新しい API では、AB と XT で別々の作成メソッドを使用します。
キャンペーンの更新
キャンペーンのコピー
該当なし
アクティビティの作成 API を使用します。
キャンペーンリスト
キャンペーン状態
キャンペーン表示
サードパーティキャンペーン ID
該当なし
thirdpartyID を使用する場合は、該当のアクティビティメソッドを使用できます。
オファー
オファー作成
オファー取得
オファーリスト
フォルダーリスト
該当なし
Target Standard/Premium ではフォルダーはサポートされていません。
レポート
キャンペーンのパフォーマンスレポート
監査レポート
1:1 コンテンツレポート
アカウントの設定
ホストグループの取得

例外

例外の適用が必要な場合は、担当のカスタマーサクセスマネージャーまでお問い合わせください。

ヘルプ

Adobe I/O の新しい Target API への移行について、ご質問がある場合やサポートが必要な場合は、Adobe Target の ClientCare(tt-support@adobe.com)までお問い合わせください。