Show Menu
トピック×

上昇率と信頼性 - A4T FAQ

このトピックには、Analytics を Target のレポートソースとして使用する(A4T)場合の上昇率と信頼性に関するよくある質問に対する回答が含まれています。

A4T でオフライン計算を実行することはできますか?

A4T でオフライン計算を実行することはできますが、Analytics でのデータエクスポートを含む手順が必要になります。詳細については、「 信頼水準および信頼区間 」の「Analytics for Target(A4T)でのオフライン計算の実行」を参照してください。

上昇率はどのように計算されますか?

上昇率は、コントロールページの結果と成功したテストのバリエーションの差異の割合です。

信頼性はどのように計算されますか?

信頼水準は、偶然以外の理由で、測定されたコンバージョン率が優秀なページのコンバージョン率と異なる確率です。

計算指標で上昇率および信頼性が表示できないのはなぜですか?

上昇率および信頼性は、現在、計算指標用に生成できません。ただし、上昇率は標準化指標によって標準化されるので、ほとんどの場合、これは問題になりません。例えば、注文の上昇率を選択して、標準化指標が訪問の場合、上昇率は、2 つの割合で計算されて、コンバージョン率になります。

A4T は、信頼性の計算をどのように扱いますか?

A4T は、データの平方和に非バイナリの指標計算を使用します。分散は、データの平方和を使用して計算されます。極端な注文は、考慮されません。
任意の Analytics セグメントをレポートに適用できます。こうして、他のセグメントオプションの中から「極端な注文」を取得できます。また、訪問者がコンバージョンした何回などを制限するための指標も設計できます。

上昇率および信頼性は Ad Hoc および Report Builder で機能しますか?そのままでは機能しない場合、自分自身で機能させることはできますか?

上昇率と信頼性は Ad Hoc や Report Builder では機能しません。また、連続型変数を自分で計算することはできません。バイナリ指標を手動で計算することは可能です。