Show Menu
トピック×

Adobe Target のレポートソースとしての Adobe Analytics(A4T)

Adobe Analytics for Target (A4T)は、コンバージョン指標とオーディエンスセグメントに基づいてアクティビティを作成できる、ソリューション間の統合です。 Analytics The A4T integration lets you use Analytics reports to examine your results. If you use Analytics as the reporting source for an activity, all reporting and segmentation for that activity is based on Analytics data collection.

A4T の概要

The Analytics for Target integration between Analytics and Target provides powerful analysis and timesaving tools for your optimization program.
The three primary benefits of using Analytics data in Target are:
  • Marketers can dynamically apply Analytics success metrics or reporting segments to Target activity reports at any time. アクティビティを実行する前にすべての項目を指定する必要がありません。
  • 単一のデータソースにより、2 つの異なるシステムのデータを収集した場合に生じる偏差が排除されます。
  • Your existing Analytics implementation collects all required data. レポート用のデータを収集する目的のためだけにページに mbox を実装する必要はありません。Although, it is still recommended that you implement an order confirmation mbox for Automated Personalization (AP) activities.
A4T を使用する際は、事前にアカウントで統合のプロビジョニングを依頼しておく必要があります。プロビジョニングの依頼には このフォーム を使用します。
The integration that enables Analytics as the data source for Target (A4T) represents the next generation of the Test&Target to SiteCatalyst plug-in. このプラグインは廃止されていますが、既存の利用者のために今でもサポートされています。
If you use Analytics as the reporting source for an activity, all reporting and segmentation for that activity is based on Analytics.
All Analytics metrics, including calculated metrics, are available in Target and the Target Activities report in Analytics. Likewise, any segment available in Analytics can be applied to both solutions. You can apply the metric or audience to the report in Target after the activity has started, or even after the activity has completed.
Every metric is included, including any customer or calculated metrics that are built-in in Analytics.
分類期間後、これらのレポートでは、データが Web サイトから収集された約 1 時間後にデータが表示されます。レポート内のすべての指標、セグメントおよび値は、アクティビティを設定したときに選択したレポートスイートから収集されます。
A4T の使用を検討している場合は、次の点に注意してください。
  • To use Analytics as the reporting source for Target, both you and your company must have access to Analytics and to Target. アカウント担当者にお問い合わせください
  • レポートソースはアクティビティごとに設定されます。Target レポートで使用するデータを引き続き収集します。で収集したデータを基にアクティビティを行う場合は、 Target 引き続きデータを利用でき Targetます。
  • どちらか 1 つのレポートソースを選ぶ必要があります。両方のソースから 1 つのアクティビティのデータを収集することはできません。
  • When using A4T, all success metrics available to your activities are Analytics metrics. ただし、目標指標は mbox の呼び出しをベースにすることができます。For example, you can use Target's out-of-the-box click-tracking capabilities with A4T instead of having to implement Analytics click-tracking code.
  • When viewing reporting of an A4T activity in the Target UI, you are viewing Analytics data. For example, if you use the Visitor metric in Target, you are using the Analytics Visitor metric, not the Target Visitors metric, which is now called Entrants. This difference is especially important for basic traffic metrics (Visitors, Visits, Page Views) and conversion metrics.
  • Any existing Target activities continue to use Target data collection and are not affected by enabling A4T.
  • Only one mbox-based metric is allowed when using Analytics as the reporting source.
  • A server-to-server call from Target to Analytics sends activity and experience information to Analytics. This integration does not result in additional server calls for either Target or Analytics.
    状況によっては、からへの分類呼び出しが失敗し、アクティビティ Target にデータが表示されない場合があり Analytics​Analyticsます。 この問題が発生した場合は、Analyticsとターゲットの統合の トラブルシューティング(A4T)を参照してください 。 ClientCareに お問い合わせの上、詳しくは

Supported activity types

The following table shows you which activity types support Analytics as the reporting source in Target (A4T):
アクティビティのタイプ
A4T との互換性
メモ(該当する場合)
手動トラフィック分割を使用した A/B アクティビティ
自動配分を使用した A/B アクティビティ
自動配分と自動ターゲットアクティビティに対する ターゲット用の分析(A4T)のサポートを参照してください
自動ターゲットを使用した A/B アクティビティ
自動配分と自動ターゲットアクティビティに対する ターゲット用の分析(A4T)のサポートを参照してください
エクスペリエンスターゲット設定(XT)
多変量分析テスト(MVT)
Requires mbox-based goal metric goal to get the Element Contribution report. The Element Contribution report does not currently support Analytics metrics.
自動パーソナライゼーション(AP)アクティビティ
×
Recommendations アクティビティ
モバイルアプリ
Mobile Services SDK バージョン 4.13.1 以降でサポートされています。詳しくは、 Mobile Services のドキュメント を参照してください。
電子メール
×
Server Side Delivery API
詳細については、「 サーバー側:Target の実装 」を参照してください。
NodeJS SDK
詳細については、「 サーバー側:Target の実装 」を参照してください。
AEM 6.1(またはそれ以前)のクラウドサービス統合
×
AEM 6.2(またはそれ以降)のクラウドサービス統合
For more information, see Integrating with Adobe Target in the Adobe Experience Manager 6.2 documentation.
リダイレクトオファーを使用するアクティビティ
A4T でリダイレクトオファーを使用する場合は、より厳格な最小要件が適用されます。詳しくは、 リダイレクトオファー - A4T に関する FAQ を参照してください。
Node.JS
Because all activity types do not yet support A4T, it is recommended that you keep or implement important conversion mboxes, such as the orderConfirmPage mbox.

Examples of A4T reports

To view A4T reports in Target, click Activities , click the desired activity from the list that uses Analytics as its reporting source, then click the Reports tab.
アクティビティページの最上部にある「レポートソース」ドロップダウンリストを使用して、Analytics をレポートソースとして使用するアクティビティのみを表示できます。
You can toggle between the Table View and Graph View of the report by clicking the appropriate icon at the top right side of the report.
以下の図に、使用可能な 目標指標を表示するレポート指標ドロップダウンリストを含む、A4T レポートのグラフ表示Analyticsを示します。
以下の図に、使用可能な オーディエンスを表示するAudienceドロップダウンリストを含む、A4T レポートのグラフ表示Analyticsを示します。
以下の図に、A4T レポートのテーブル表示を示します。
Analytics ではなく Target でレポートを表示するには、レポートの上部にある「 Analytics で表示 」をクリックします。

「Analytics&Target:分析のベストプラクティス」チュートリアル

Open the Analytics & Target: Best Practices for Analysis tutorial, provided by Adobe Experience League.

トレーニングビデオ:

このトピックで説明されている概念の詳細については、次のビデオを参照してください。

ターゲット用のAnalytics(A4T)(4:32)

This video explains how to use Analytics as a reporting source in Target to drive the analysis of your optimization program.
  • A4T とは何かと、使用する理由の説明
  • A4T の仕組みの説明
  • A4T を使用する前に必要な前提条件の理解

Analytics/ターゲットの統合(A4T)(40:33)

このビデオは、「 Office Hours 」(アドビカスタマーケアチーム主導による取り組みの 1 つ)の録画です。
  • 統合を設定し、統合が機能することを検証する方法
  • 統合の仕組み
  • Analytics での使用に最適なレポートの詳細
  • A4T に関するよくある質問への回答