Show Menu
トピック×

実装する前に

Several changes occur in your data collection process when enabling Analytics as the reporting source for Target (A4T).
この統合を使用する前に、以降の節を確認して、レポートプロセスへの影響を検討してください。

導入に必要な条件

A4T を使用する際は、事前にアカウントで統合のプロビジョニングを依頼しておく必要があります。プロビジョニングの依頼には このフォーム を使用します。
この A4T 統合では、A4T でリダイレクトオファーを使用するかどうかに応じて、次のバージョン以降のライブラリを実装する必要があります。

A4T でリダイレクトオファーを使用 しない 場合に必要な要件

この統合で、A4T でのリダイレクトオファーを使用しない場合は、次のバージョン以降のライブラリを実装する必要があります。リストされている順序は、操作の順序です。
  • Adobe Target(実装によって異なります):at.js バージョン 0.9.1 または mbox.js バージョン 61
  • Adobe Analytics:appMeasurement.js バージョン 1.7.0

A4T でリダイレクトオファーを使用する場合に必要な要件

A4T でリダイレクトオファーを使用する場合は、次のバージョン以降のライブラリを実装する必要があります。リストされている順序は、操作の順序です。
  • Adobe Target: at.js バージョン 1.6.2
    注意: mbox.js ライブラリは A4T によるリダイレクトオファーをサポートしていません。実装では at.js を使用する必要があります。
  • Adobe Analytics:appMeasurement.js バージョン 2.1
Download and deployment instructions are listed in Analytics for Target Implementation .

導入の前に知っておくべきこと

  • This integration is enabled on new activities when you select to use Analytics as the reporting source. この文書に書かれた実装の変更をおこなっても、既存のアクティビティは影響を受けません。
  • The process of setting up Analytics as the reporting source for Target includes several implementation steps, followed by a provisioning step. 実装前に、以下の手順をすべて読んでおくことをお勧めします。After you complete these steps, you will be ready to use Analytics as your reporting source as soon as it is enabled for you. プロビジョニングのプロセスには、最大で 5 営業日かかる場合があります。
  • では、 Visitor ID service 複数のコンポーネント間で共有 Visitor ID が作成され Adobe Experience Cloudます。 Although it does not replace the Target mboxPC id or Audience Manager UUID, it does replace the way Analytics identifies new visitors. If set up properly, returning Analytics visitors should also be identified via their old Analytics ID to prevent visitor cliffing. Similarly, because the Target mboxPCid remains intact, no Target visitor profile data is lost when you upgrade to the Visitor ID service.
  • と Visitor ID service ページコードの前にを実行 Target する必要があります。 Make sure that VisitorAPI.js appears above the tags for all other Experience Cloud solutions.

遅延

After this integration is enabled, you will experience an additional 5-10 minutes of latency in Analytics. This latency increase allows data from Analytics and Target to be stored on the same hit, allowing you to break down activities by page and site section.
This increase is reflected in all Analytics services and tools, including the live-stream and real-time reporting, and applies in the following scenarios:
  • ライブストリーム、リアルタイムのレポートと API リクエスト、トラフィック変数の現在のデータでは、追加のデータ ID が設定されたヒットのみが遅延します。
  • コンバージョン指標の現在のデータ、ファイナライズされたデータ、データフィードでは、すべてのヒットが追加で 5 ~ 7 分遅延します。
Be aware that the latency increase starts after you implement the Experience Cloud visitor ID service, even if you have not fully implemented this integration.

追加の ID

All Target calls used by an A4T activity to deliver content or record the goal metric must have a corresponding Analytics hit that shares the same supplemental ID for A4T to work properly.
Hits that contain data from Analytics and Target contain a supplemental data ID. You can see this ID in the Adobe Experience Cloud Debugger as the sdid parameter. 例えば、 sdid=2F3C18E511F618CC-45F83E994AEE93A0 のようになります。この ID は、次の条件が満たされると常に生成されます。
  • 訪問者 ID サービスが導入されている
  • この統合をサポートするバージョンの mbox.js が導入されている
When troubleshooting, be sure to confirm that the supplemental ID is present on Analytics hits.

クライアント側分析ログ

デフォルトでは、at.js、Experience Cloud Visitor ID Service および appMeasurement.js がページ上にある場合、前述のように、ページから正しい追加の ID が含まれている限り、Analytics および Target は、レポートおよび分析目的で、バックエンドでイベントを正しくスティッチします。A4T が正しく機能するために、追加の操作を管理および実行する必要はありません。
ただし、Target に関連する分析データをレポート目的で Analytics にいつどのように送信するかをより制御するほうが良い場合があります。社内で活用するための社内分析ツールがあり、社内分析製品を使用して分析データを Analytics に送信したい場合、お客様の組織の他のメンバーが Analytics をビジュアルレポートソースとして引き続き使用できます。詳しくは、 Analytics for Target の実装 ​の 手順 7: サイトのすべてのページから at.js または mbox.js を参照 を参照してください。