Show Menu
トピック×

実装する前に

Analytics を Target のレポートソースとして有効化する場合(A4T)のデータ収集プロセスでいくつかの変更点があります。
この統合を使用する前に、以降の節を確認して、レポートプロセスへの影響を検討してください。

導入に必要な条件

A4T を使用する際は、事前にアカウントで統合のプロビジョニングを依頼しておく必要があります。プロビジョニングの依頼には このフォーム を使用します。
この A4T 統合では、A4T でリダイレクトオファーを使用するかどうかに応じて、次のバージョン以降のライブラリを実装する必要があります。

A4T でリダイレクトオファーを使用 しない 場合に必要な要件

この統合で、A4T でのリダイレクトオファーを使用しない場合は、次のバージョン以降のライブラリを実装する必要があります。リストされている順序は、操作の順序です。
  • Experience Cloud 訪問者 ID サービス:visitorAPI.js バージョン 1.8.0
  • Adobe Target(実装によって異なります):at.js バージョン 0.9.1 または mbox.js バージョン 61
  • Adobe Analytics:appMeasurement.js バージョン 1.7.0

A4T でリダイレクトオファーを使用する場合に必要な要件

A4T でリダイレクトオファーを使用する場合は、次のバージョン以降のライブラリを実装する必要があります。リストされている順序は、操作の順序です。
  • Experience Cloud 訪問者 ID サービス:visitorAPI.js バージョン 2.3.0
  • Adobe Target:at.js バージョン 1.6.2
    注意: mbox.js ライブラリは A4T によるリダイレクトオファーをサポートしていません。実装では at.js を使用する必要があります。
  • Adobe Analytics:appMeasurement.js バージョン 2.1
ダウンロードおよび導入の手順については、 Analytics for Target の実装 に記載されています。

導入の前に知っておくべきこと

  • Analytics をレポートソースとして使用することを選択すると、新しいアクティビティで統合が有効になります。この文書に書かれた実装の変更をおこなっても、既存のアクティビティは影響を受けません。
  • Analytics を Target のレポートソースとして設定するには、いくつかの実装手順をおこなった後、プロビジョニングの手順を実行します。実装前に、以下の手順をすべて読んでおくことをお勧めします。以下に示すすべての手順を実行すると、オプションが有効化され次第、Analytics をレポートソースとして使用できるようになります。プロビジョニングのプロセスには、最大で 5 営業日かかる場合があります。
  • Visitor ID サービスは Experience Cloud 全体で有効な 1 つの訪問者 ID を生成します。Target mboxPC ID または Audience Manager UUID は置き換えませんが、Analytics が新規訪問者と識別する方法を置き換えます。適切にセットアップすると、訪問者を複数回カウントすることを避けるために、Analytics の訪問者も、古い Analytics ID を使用して識別されます。同様に、Target mboxPCid は元の状態のままなので、Visitor ID サービスにアップグレードしても Target 訪問者プロファイルデータは失われません。
  • Visitor ID サービスは、Analytics と Target のページコードの前に実行する必要があります。 VisitorAPI.js は、必ず他のすべての Experience Cloud 製品のためのタグよりも前に参照してください。

遅延

この統合を有効にすると、Adobe Analytics で 5~10 分の待ち時間が追加で発生します。この追加の待ち時間は、Analytics と Target からのデータを同じヒットに格納することによって、ページおよびサイトセクションによってテストを分類できるようにするためのものです。
この追加の待ち時間は、ライブストリームやリアルタイムレポートなどのすべての Adobe Analytics サービスおよびツールで発生します。追加の待ち時間が発生する対象となるヒットは次のとおりです。
  • ライブストリーム、リアルタイムのレポートと API リクエスト、トラフィック変数の現在のデータでは、追加のデータ ID が設定されたヒットのみが遅延します。
  • コンバージョン指標の現在のデータ、ファイナライズされたデータ、データフィードでは、すべてのヒットが追加で 5 ~ 7 分遅延します。
この統合を完全に実装していなくても、Experience Cloud Visitor ID サービスを導入すると追加の待ち時間が発生することに注意してください。

追加の ID

A4T が正しく機能するためには、A4T アクティビティがコンテンツを配信したり目標指標を記録したりするために使用するすべての Target 呼び出しに、同じ追加の ID を共有する、対応する Analytics ヒットが必要です。
Analytics および Target からのデータを含むヒットには、追加のデータ ID が含まれています。この ID は、 Adobe Debugger sdid パラメーターとして確認できます。例えば、 sdid=2F3C18E511F618CC-45F83E994AEE93A0 のようになります。この ID は、次の条件が満たされると常に生成されます。
  • 訪問者 ID サービスが導入されている
  • この統合をサポートするバージョンの mbox.js が導入されている
トラブルシューティングをおこなう場合は、Analytics のヒットに追加の ID があることを確認してください。

Client-side Analytics logging

By default, when at.js, the Experience Cloud Visitor ID Service, and appMeasurement.js are on the page, Adobe Analytics and Target correctly stitch events for reporting and analytics purposes in the backend as long as the correct supplemental ID is included from the page, as mentioned above. A4Tが正しく機能するために、追加の操作を管理し、実行する必要はありません。
However, there are cases when you might want to have more control on when and how to send analytics data related to Target to Analytics for reporting purposes. You might have an in-house analytics tool that you leverage for internal purposes but also want to send the analytics data to Analytics via your in-house analytics product so that other members of your organization can continue to utilize Analytics as a visual reporting source. 手順7を参照してください。詳細については、Analytics for Target実装 すべてのサイトページのat. jsまたはmbox. js を参照してください。