Show Menu
トピック×

A4T レポート

Using Analytics as your reporting source for Target (A4T) gives you access to Analytics reports for your Target activities.
You can view reports for your activities in both Analytics and Target.
For reporting best practices using Analytics for Target, visit this Adobe Spark page .

概要

Both Analytics and Target reports measure entrants (the people who enter the tests), rather than visitors to the site.
Every time a visitor sees activity content on the page, Target makes a direct server-to-server call to Analytics, including which activity and experience the visitor saw. Target また、コンバージョン Analytics がおこなわれるたびに呼び出されます。 Analytics によって、「アクティビティコンバージョン」という名前の特定の新しい Analytics イベントとしてコンバージョンが追加されます。このは、によって収集された他のデータと共に追跡され Analyticsます。
When the Select operation is used and you sort on Entrants , then only experiences that received entrants during the selected time period are displayed in the reports.
Reports powered by Target have a latency of four minutes. For activities powered by A4T, in both the Target and Analytics reports, it can take up to 24 hours after the activity is initially saved before the report data can be broken down by experiences. 最初の 24 時間に収集されたデータも正確であり、適切なエクスペリエンスに割り当てられます。

Analytics のレポート

に Analyticsは、A4T統合を有効にした後に使用できるディメンションと指標がいくつか用意されています。

ディメンション

  • ターゲットの分析 — 統合を介して渡される親ID。 このディメンションの形式はで Activity ID:Experience ID:3rd ID す。 次のディメンションは、このディメンションの分類です。
  • ターゲットアクティビティ
  • ターゲットエクスペリエンス
  • ターゲットアクティビティ / エクスペリエンス
  • 3番目のID — 無視可能

指標

  • アクティビティのインプレッション — レ Target 参加者数に一致します。
  • アクティビティコンバージョン — レポート内の Target 数に一致します。
で Analysis Workspaceは、 Analyticsのターゲット用パネルを使用して、 上昇率と信頼性を持つ Target アクティビティとエクスペリエンスを分析します。 詳しくは、Analyticsツールガイドの ターゲット用の Analytics(A4T)パネル ( Analyticsツールガイド)を参照してください。
If your Target Activities report in Analytics lists "unspecified" instead of listing your activities, an update is required to your provisioned account. カスタマーケアに連絡して、この問題を解決してください。
For detailed information and examples, open the Analytics & Target: Best Practices for Analysis tutorial, provided by Adobe Experience League.

Target のレポート

When Analytics is used as the reporting source, reports in Target show the data gathered from Analytics. The report differs somewhat from other Target reports:
  • The Audiences list shows the audiences available to your Analytics report suite.
  • The Metric list shows every metric available through Analytics.
    Every metric is available, including any custom or calculated metrics that are built-in in Analytics.
    このレポートでは、実際には数値の上昇が好ましくない状況であっても、数値の上昇が肯定的な現象として表示されることに注意してください。例えば、バウンス率を低く抑えたい場合であっても、最も高いバウンス率を持つものが勝者として表示されます。このような指標の取り扱いには注意が必要です。ポートに基づいて判断をおこなう場合には、数値が低下した方が好ましいのか、上昇した方が好ましいのかを確認してください。
You can apply the metric or audience to the report in Target after the activity has started, or even after the test has completed. 測定する内容を事前に正確に知っておく必要はありません。
Click to view the full Analytics report directly from the activity report page.

アクティビティの作成

アクティビティを作成する場合は、設定ページでアクティビティの目標を指定する必要があります。この目標は、レポートのデフォルトの指標となり、指標セレクターで常に先頭に表示されます。通常の Target アクティビティとは異なり、レポート用のセグメントを自由に選択できません。A test with Analytics uses Adobe Analytics segments rather than Target audiences.

Performing offline calculations for Analytics for Target (A4T)

A4T でオフライン計算を実行することはできますが、Analytics でのデータエクスポートを含む手順が必要になります。
詳しくは、 Analytics for Target(A4T)でのオフライン計算の実行 を参照してください。