Show Menu
トピック×

Target の概要

Adobe Target は、顧客のエクスペリエンスのカスタマイズやパーソナライズをおこない、Web サイト、モバイルサイト、アプリ、ソーシャルメディア、その他のデジタルチャネルでの収益性を最大化するのに必要なすべてのツールを備えた Adobe Experience Cloud ソリューションです。
以下のビデオでは、Target を他の Adobe Experience Cloud ソリューションと共に組織の目標達成に役立てる方法に関する基礎知識を提供します。


Adobe Target ソリューションにはいくつかのコンポーネントがあります。
コンポーネント
説明
Target Standard
A/B テストとルールベースのターゲティングアクティビティを視覚的に作成および管理するためのインターフェイスです。
Target Premium
Target Standard インターフェイスにプレミアム機能を追加したものです。
Recommendations Classic
Web サイトにおける以前のユーザーアクティビティを基にして、顧客が興味を持つ可能性のある商品またはコンテンツを自動的に表示します。

Target Standard

Target Standard は Adobe Target のフロントエンドです。Adobe Target Standard を使用すると、A/B テストやルールベースのターゲティングアクティビティを視覚的にわかりやすく作成および管理し、Adobe Experience Cloud に接続することができます。また、Target Standard は、Visual Experience Composer ワークフロー内外でのカスタムコードの挿入をサポートします。Target Standard は、デジタルメディアの実装を簡易化します。各ページに 1 行のコードを記述するだけで、サイトと Adobe Target の間で必要なすべての通信を管理できます。
Target Standard には業界のベストプラクティスが組み込まれており、初心者、経験者を問わず、誰でも使えるデザインになっています。Adobe Experience Cloud を使用している他のチームメンバーと簡単にデータや結果を共有し、コラボレーションすることが可能です。

Target Premium

Target Premium は、Target Standard にプレミアム機能を追加した高度な Target ライセンスです。
Target Premium には次のようなプレミアム機能があります。

自動パーソナライゼーション

自動パーソナライゼーション は、より良いデジタルエクスペリエンスを実現するために、エクスペリエンスのパーソナライズとコンバージョン率の向上を推進する高度な機械学習アルゴリズムを提供します。
自動パーソナライゼーション(旧称 Test&Target 1:1)は、サイト上での訪問者のアクティビティを記録して、訪問者のプロファイルを構築することで、コンテンツのターゲットを類似する訪問者に設定できます。コンテンツに対する反応を、訪問者個人と訪問者全体の両方について記録し、高度なモデリングアプローチを使用して、情報に基づいてひとりひとりの訪問者を自動的にターゲット設定します。
自動パーソナライゼーションには自動学習機能が備わっており、分析者の作業を省力化します。完全自動化で、継続的に学習します。モデルを作成し、個々の訪問者が最も関心を持つ可能性のある製品について自動的に学習します。訪問者がサイトを操作するたびに、情報を収集し、訪問者プロファイルに保存します。システムに最適なモデルを提供するよう複数のアルゴリズムを使用できます。

自動ターゲット

パーソナライズされたエクスペリエンスの自動ターゲット は、高度な機械学習を利用して、マーケティング担当者が定義した高パフォーマンスのエクスペリエンスを複数特定します。この特定により、個々の顧客プロファイルや近似するプロファイルを持つ過去の訪問者の行動を基に、詳細にカスタマイズしたエクスペリエンスを各訪問者に配信し、コンテンツをパーソナライズしてコンバージョンを促進します。

Recommendations

レコメンデーションでは、サイトでの顧客のアクティビティを基にして、その顧客に製品を提案する方法を決定します。次に例を示します。
  • リュックサックを購入した顧客に、ハイキングシューズやトレッキングポールの購入を勧めます。
    「これを購入した人が他に購入したもの」という条件を使用して、よく一緒に購入される品目を表示するレコメンデーションを作成します。
  • 訪問者が視聴しているビデオコンテンツに類似したビデオを勧めることで、訪問者がより長い時間メディアサイトに滞在するようにします。
    「これを閲覧した人が他に閲覧したもの」という条件を使用して、他のビデオを提案するレコメンデーションを作成します。
  • 銀行の預金プランに関する情報を閲覧した顧客に、IRA アカウントに関する情報も読むことを提案します。
    「これを閲覧した人が購入したもの」という条件を使用して、レコメンデーションの最初の製品を表示する代わりに、多くの顧客がある製品の閲覧後に購入した他の商品を表示します。

オファーとしての Recommendations

オファーとしての Recommendations により、A/B テスト( 自動配分と自動ターゲットを含む)およびエクスペリエンスのターゲット設定(XT)アクティビティに Recommendations を含めることができるようになりました。
この機能により、次のようなことがおこなえるようになります。
  • 同じアクティビティ内の Recommendations と非 Recommendations のコンテンツをテストおよびターゲット設定します。
  • 複数の Recommendations の順序など、Recommendations のページ配置を簡単に試行します。
  • 自動配分を使用して、パフォーマンスが最も高い Recommendations エクスペリエンスにトラフィックを自動的にプッシュします。
  • 自動ターゲットを使用して、訪問者をプロファイルに基づいて詳細にカスタマイズされた Recommendations エクスペリエンスに動的に割り当てます。

Enterprise ユーザーの権限

Enterprise ユーザーの権限 機能を使用すると、(Adobe Admin Console for Enterprise では「製品プロファイル」と呼ばれる)様々なプロジェクトを作成できます。これにより、各プロジェクトへのユーザーのアクセス権を決定する 1 人のユーザーに対して、様々な権限を割り当てられます。これらの独特なプロジェクトは、Adobe Analytics でのレポートスイートの動作方法と比較できます。各プロジェクトは、プロパティのセットに適用する特定の役割を持つ特定のユーザーを持つことができます。その結果、顧客は、地域、環境(開発/ステージング/実稼動)、チャネルまたはその他のカスタム条件で、ユーザーに対する表示、編集および承認アクセスを制限できます。

Recommendations Classic

Recommendations Classic は、Web サイトでの以前のユーザーアクティビティに基づいて、顧客が興味を持つ可能性のある製品やコンテンツを自動的に表示します。Recommendations を使用すると、顧客が知らなかった品目を表示し、Web サイトの売上を促進できます。
詳しくは、『 Recommendations Classic ドキュメント 』を参照してください。

Experience League:Adobe Target Welcome Kit

この Welcome Kit で、Adobe Target の最適化およびパーソナライゼーションプログラムを構築します。最初の Adobe Target アクティビティを準備および開始するのに役立つ主要情報、ツールおよびリソースが含まれており、短期間でのすばやい成果と長期間の最適化戦略を実現します。

トレーニングビデオ:アクティビティのタイプ(9:03)

次のビデオでは、Target Standard/Premium で使用できるアクティビティのタイプと、サイトの目標を達成するため Target でおこなう 3 ステップのガイドによるワークフローを説明します。
  • Adobe Target に含まれるアクティビティのタイプの説明
  • 目標達成に適したアクティビティのタイプの選択
  • すべてのアクティビティのタイプに適用される 3 ステップのガイドによるワークフローについての説明