Show Menu
トピック×

Target の主要概念

Adobe Target の機能を理解するのに役立つ主要概念について説明します。

アクティビティとテスト

アクティビティは、サイト訪問者が経験するエクスペリエンスを指定します。
例えば、夏用の婦人靴の情報をハイライトするランディングページと夏用の一般衣料をハイライトするランディングページの 2 つをテストするアクティビティを作成できます。アクティビティによって、これらの各ランディングページをいつ表示するかを制御する条件や、成功度の高いページを判断する指標を定義できます。アクティビティは、特定の条件が満たされたときに開始および終了するよう設定できます。例えば、具体的な日付の範囲による期間の設定や、アクティビティが承認されたときに開始し非アクティブになったときに終了する設定ができます。
アクティビティを作成する際は、入念な計画が必要です。まず、アクティビティを開始するタイミングと実行期間を決定します。その後、オファーの一覧を作成し、それぞれにターゲットとなるオーディエンスを割り当てます。
Target には、複数のアクティビティタイプがあります。次の表は、各アクティビティタイプの概要と学習に役立つリンクを示しています。目的に合わせて最適なアクティビティタイプを選択できるように、 Adobe Target アクティビティガイド も作成しました。
アクティビティのタイプ
説明
A/B テストでは、事前に設定したテスト期間中に複数のバージョンの Web サイトコンテンツを比較し、どのバージョンがコンバージョンを最も多く増やすことができるのかを見極めます。
メモ: A/B テストアクティビティ内に レコメンデーション を組み込めるようになりました。この機能を使用するには、 Target Premium ライセンス が必要です。
自動配分では、2 つ以上のエクスペリエンスの中から勝者を特定したうえで、自動的にその勝者に配分するトラフィックを増やすことでコンバージョンを促進します。その間もテストによる学習は続けられます。
メモ: エクスペリエンスターゲット設定アクティビティ内にレコメンデーション を組み込めるようになりました。この機能を使用するには、 Target Premium ライセンス が必要です。
自動ターゲットでは、高度な機械学習を利用して、マーケティング担当者が定義した高パフォーマンスのエクスペリエンスを複数特定したうえで、個々の顧客プロファイルや同様のプロファイルを持つ過去の訪問者の行動を基にして、各訪問者に詳細にカスタマイズしたエクスペリエンスを配信しながら、コンテンツをパーソナライズしてコンバージョンを促進していきます。
メモ: 自動ターゲットアクティビティ内にレコメンデーションを 含めることができるようになりました。この機能を使用するには、 Target Premium ライセンス が必要です。
レポートソースとして Adobe Analytics を使用するようアクティビティを設定することができます。このタイプのアクティビティでは、Adobe Experience Cloud アカウントを Analytics と Target の両方にリンクする必要があります。
多変量分析テスト(MVT)では、ページ上の要素内のオファーの組み合わせを比較し、特定のオーディエンスに対して最も効果が高い組み合わせと、アクティビティの成功に最も効果が高い要素を特定します。
エクスペリエンスのターゲット設定(XT)では、マーケティング担当者が定義した一連のルールや条件を基にして、特定のオーディエンスにコンテンツを配信します。
メモ: エクスペリエンスターゲット設定アクティビティ内にレコメンデーション を組み込めるようになりました。この機能を使用するには、 Target Premium ライセンス が必要です。
自動パーソナライゼーション(AP)では、オファーやメッセージを組み合わせて、高度な機械学習を使用することで、個々の顧客プロファイルに合わせて各訪問者に様々なバリエーションを表示しながら、コンテンツをパーソナライズしてコンバージョンを促進していきます。
レコメンデーションでは、Web サイトでのユーザーのアクティビティを基にして、そのユーザーに商品を提案する方法を決定します。
例えば、リュックサックを購入した顧客に対して、ハイキングシューズやトレッキング用のステッキの購入を提案できます。特定の商品を購入した顧客が購入している他の商品を特定できるアルゴリズムを使用して、多くの場合同時に購入されている商品を示すレコメンデーションを作成できます。また、特定のビデオを視聴した訪問者が視聴している他のビデオを特定できるアルゴリズムを使用して、訪問者が視聴したビデオと似たビデオを提案することで、訪問者がメディアサイト上でより多くの時間滞在するように誘導することもできます。
メモ: A/B テスト(自動配分と自動ターゲットを含む)アクティビティおよびエクスペリエンスターゲット設定(XT)アクティビティ内にレコメンデーションを組み込めるようになりました。 オファーとしてのレコメンデーション を参照してください。

場所

場所とは、主に Web サイト上のページを指します。また、モバイルアプリ、電子メールなど、最適化を実行する任意の場所を指すこともあります。
場所は、アクティビティおよびエクスペリエンスにとって必須の要素です。それぞれの場所では、次のいずれか 1 つまたは両方を実行するか、どちらも実行しないかを決めることができます。
  • 訪問者に合わせて、コンテンツを表示したり入れ替えたりします。
  • 訪問者の行動をログに記録します。
Target Standard では、追跡する各ページの <head> セクションに Target を有効化する 1 行のコードが含まれている限り、ページ上の任意の要素を場所にできます。このコードの行は、情報を収集し、訪問者に対してターゲット設定したエクスペリエンスを提供するために必要な JavaScript ライブラリを呼び出します。
場所をオーディエンスと組み合わせて使用することで、情報のターゲティングをおこなうための無数ともいえる選択肢が提供されます。例えば、過去にサイトを訪問したことがない新規訪問者に対しては、割引クーポンを表示できます。同様に、リターン訪問者には、ページを変更して、リターン訪問者に適したオファーを表示できます。
また、場所を使用して、Web サイト上で訪問者が実行する操作の進行状況の追跡や、訪問者が特定の成功指標を達成したかどうか(買い物かごにアイテムを追加したか、購入を完了したかなど)の追跡をおこなうこともできます。

エクスペリエンスとページデザイン

エクスペリエンス(レシピとも呼ばれます)は、ページに表示するコンテンツやリンクなどのページ要素を定義します。
エクスペリエンスによって、特定のターゲット条件が満たされた場合に、特定の場所にどのオファーを表示するかが決まります。例えば、リターン訪問者がサイトにアクセスした場合に、配送日数が 2 日のオファーをページの最上部に表示するようにエクスペリエンスを指定できます。また、初回訪問者がページを表示したときには、同じ場所に 10%割引を表示するようにエクスペリエンスを指定することもできます。
エクスペリエンスは、訪問者の行動を期待する結果につなげられるように、ページ上に表示するオファー、画像アセット、その他の HTML 要素(リンクなど)で構成されます。Target は、場所、オファーおよびエクスペリエンスを組み合わせて、特定のテスト中にサイトに表示するコンテンツを指定します。
エクスペリエンスは、異なるページデザインにすることもできます。例えば、あるエクスペリエンスではページ上部に一連のリンクを表示し、別のエクスペリエンスでは異なるリンクを表示したり、同じリンクを異なる順序で表示したりすることができます。特定の画像が別の画像よりも高い上昇率をもたらすかどうかや、広告がページの上部にある場合とその他の場所にある場合でどちらがクリックされる確率が高いかなどをテストできます。
Target では、様々なデジタルタッチポイントで各訪問者のエクスペリエンスを最適化し、様々なエクスペリエンスをテストして、どのエクスペリエンスが最も効果が高いかを特定できます。エクスペリエンスのターゲット設定を慎重におこなうことによって、サイトの訪問者に最も関連のあるオファーをページ上の適切な場所に表示でき、訪問が成功となる可能性を高めることができます。

オファー

オファーは、キャンペーンまたはアクティビティの間に web ページに表示されるコンテンツです。
Web ページをテストする場合は、場所の様々なオファーを使用して各エクスペリエンスの成功を測定します。
オファーには、次のような様々な種類のコンテンツを含めることができます。
  • 画像
  • テキスト
  • HTML
  • リンク
  • ボタン
例えば、サイトの新規訪問者であるかどうかに応じて、1 つの Web ページに 2 つのオファーのいずれかを表示することができます。
エクスペリエンス ​によって、特定の条件が満たされた場合にどのコンテンツを表示するかが決まります。

オーディエンス

特定の条件に適合するアクティビティ参加者に対してコンテンツをターゲット設定し、最適化します。
オーディエンスはアクティビティのターゲットを定義するもので、ターゲット設定が可能なあらゆる場所で使用されます。
Target オーディエンスは、定義された訪問者条件のセットです。オファーは、特定のオーディエンス(セグメント)をターゲットにできます。特定のオーディエンスをターゲットとしたエクスペリエンスは、そのオーディエンスに属する訪問者のみに表示されます。
例えば、特定のブラウザーやオペレーティングシステムを使用する訪問者で構成されたオーディエンスに対して、アクティビティをターゲット設定できます。
また、1 つの地域からの訪問者や、特定の検索エンジンからページにアクセスした人をターゲットとすることができます。
オーディエンスを保存して複数のアクティビティで再利用することも、特定のアクティビティに対してオーディエンスを作成することもできます。
オーディエンスのタイプ
説明
再利用可能なオーディエンス
任意のアクティビティに対して、再利用可能なオーディエンスを選択できます。これらのオーディエンスのいずれかを変更すると、そのオーディエンスを使用しているすべてのアクティビティに対して変更が適用されます。
カスタムセグメント
「カスタムセグメント」(別名「キャンペーン固有のセグメント」)は、Target Classic のキャンペーンに固有のものです。キャンペーンの一部として作成され、他のキャンペーンで再利用することはできません。
共有オーディエンス
オーディエンスは、Adobe Experience Cloud ソリューション全体で共有できます。See Audiences for examples.
訪問者プロファイルによるサイト訪問者情報の追跡に関する詳細については、「 訪問者プロファイル 」を参照してください。

トレーニングビデオ:

以下のビデオは、この記事で説明する概念についてさらに詳しく説明しています。

アクティビティのタイプ(9:03)

このビデオでは、Target Standard/Premium で利用できるアクティビティのタイプについて説明しています。
  • Adobe Target に含まれるアクティビティのタイプの説明
  • 目標達成に適したアクティビティのタイプの選択
  • すべてのアクティビティのタイプに適用される 3 ステップのガイドによるワークフローについての説明

Adobe Targetでのオーディエンスの使用(6:21)

このビデオでは、Target Standard/Premium におけるオーディエンスの使用方法を説明します。
  • 用語「オーディエンス」の説明
  • 最適化のためにオーディエンスを使用する 2 つの方法の説明
  • オーディエンスリストでのオーディエンスの検索
  • アクティビティのオーディエンスへのターゲット設定
  • アクティビティの受動的なレポート用でのオーディエンスの使用