Show Menu
トピック×

第5章:テストとパーソナライゼーションのアクティビティのインスピレーション。

コンバージョン率や売上高を上げたお客様が運営する実際のアクティビティに基づくこれらのテストとパーソナライズのアイデアは、お客様の Target アクティビティのインスピレーションとして試したり使用したりする価値があります。 そのアイデアが組織にぴったり合っていない場合でも、少しの創造性とブレインストーミングを持って、テストやパーソナライゼーションのアイデアの精神に基づいたアクティビティの開発を検討します。

アイデア1:顧客の遍歴のパーソナライズをテストします。

ビジネス目標を達成しながらWebサイトの訪問者の共感を得るための、カスタマイズされたクリエイティブなジャーニーやブランディングの体験を作成することで、コンバージョン率と売上を増やします。 その後、静的なエクスペリエンスまたはランダムに配信されたエクスペリエンスと比較して、パーソナライズされた遍歴をテストします。 サードパーティおよびサードパーティのデータを使用してパーソナライズするオーディエンスを特定し、作成することで、パーソナライズの一歩を深め Adobe Audience Managerます。
これらのオーディエンスを特定した後、ユーザーエクスペリエンスのテストと市場調査を行い、何が反応を促すのかを知り、それに応じて、ターゲットするエクスペリエンスを開発します。
例えば、通信会社の「本気のゲーマー」オーディエンスに陥った訪問者が会社のウェブサイトを訪問すると、ゲーマーと共鳴するコピーや画像、高速インターネットのオファーを含む体験が提供されます。

アイデア2:初回ターゲット訪問者とリピーターは異なります。

デジタルマーケターは、既存の顧客が新しい顧客よりも価値が高いと直感的に認識しますが、顧客が再訪し続けるように設計されたマーケティングプログラムに優先順位を付けることはあまりに多くありません。 このよくある問題を回避するには、リピート顧客指標を分析し、サイトで常連客の行動を判断します。 これらのインサイトを使用して、1 ~ 2回購入した訪問者にターゲットを絞ったキャンペーンを作成し、追加のサイト訪問を促すインセンティブを提供します。

アイデア3:Webサイトのデザインをテストします。

Webサイトデザインのテストをいくつか実行して、ユーザーのコンバージョンと関与を増やします。 まず、訪問者が実行を試みている主なアクションを見てみましょう。例えば、CTA(Call to Actions)の配置や、CTAボタンの色が異なるので、これらのアクションを簡単に完了できるかもしれません。
特定の要素をWebサイトから完全に削除することで、デザインを簡略化することを検討してください。 例えば、ホームページ(および他のページ)から従来の製品の左または右のカテゴリリストを削除し、顧客が商品を探す際に検索に頼れるようにテストします。 その変更がコンバージョンに測定可能な影響を与えない場合は、ナビゲーションを削除し、より高い関与とコンバージョンを促す可能性のある設計要素のスペースを確保します。

アイデア4:ターゲットコンテンツを使用した検索からのコンバージョンを改善。

サイトの検索に関与する見込み客は、サイトの最も条件を満たすトラフィックの一部を提供します。 コンテンツが検索結果ページに表示されるターゲットが絞られ、関連性が高いほど、見込み客はコンバージョンする可能性が高くなります。
検索サムネールに、追加のコンテキスト情報を直接提供することを検討してください。 割引、在庫の可用性、サイズ、色などの目標を絞ったステッカーバーストを使用すると、消費者が購入決定や対策を講じるのに必要な情報を素早く見つけるのに役立ちます。

アイデア5:変換に必要なタッチの数を減らします。

モバイル活動に向けて推進しようとしているビジネス目標とKPIを把握します。 その後、オファーのお客様に対して、その目標を達成するのに最も抵抗が少ないパスを設計します。 コンバージョンは3つのタッチの中で発生しますが、できる限り2つのタッチに減らすことを目的としています。

アイデア6:訪問者を行き詰まらせるな。

Googleから参照された訪問者が期限切れまたは在庫切れのコンテンツに送信される場合は、レコメンデーションを使用して顧客と再び関与させ、別のオポチュニティを購入するオファーを行います。
例えば、在庫切れの商品を閲覧した訪問者に対して、その商品のセッション内の訪問者行動とカテゴリのアフィニティに基づいて、類似した、パーソナライズされたレコメンデーションまたは最近表示した品目を表示するために、商品詳細ページにレコメンデーションを含めます。 ユーザーはシングルクリックで表示でき、Webサイト上でユーザーを惹きつけたり、ユーザーが購入する機会を得ることができます。

アイデア7:テストに行動経済戦術を組み込みます。

A/Bテストを実行し、異なる数のオプションを持ついくつかのエクスペリエンスを実行する場合、選択肢のパラドックスについて考えてみましょう。 例えば、購読オプションの数を減らして、その数が全体的な購読を増やしているかどうかを確認します。
お客様が行動を起こしたいと思うタイミングを選ぶために、オプションの順序を変更するだけかもしれません。 例えば、異なる価格モデルが隣り合っている場合、リストの製品価格オプションは低い価値レートから高い値に、またはその逆に、各オプションの効果を測定します。

アイデア8:Webサイト上のモバイルアプリをプロモーションします。

会社がiOS、Android、その他のデバイス向けのモバイルアプリの開発にリソースを費やしている場合は、単にアプリストア内でアプリにつまずきを起こすことを望むだけではありません。 その代わりに、そのプロモーションを行うための適切な戦略を策定します。 アプリのダウンロードと使用を促進するために、様々なアプローチをテストします。 モバイル以外のサイトにアプリをダウンロードするためのリンクがある場合は、訪問者がホームページに到達したときに、明示的にアプリを促進するインタースティシャルランディングページの効果をテストしてみてください。 モバイルトラフィックの半分を現在のサイトページに、残りの半分をインタースティシャルランディングページにフィルターするリダイレクトテストを設定します。

アイデア9:モバイルアプリの革新的な使い方をする

加速度計やジャイロスコープなど、位置情報を超えたスマートフォンの機能を紹介します。 例えば、加速度計を使用するエクスペリエンスをテストし、電話を揺らして表示項目を買い物かごに追加します。 iOSとAndroidなど、様々なデバイスブランドのユーザーに対してテストし、ユーザーの反応が異なるかどうかを確認することもできます。 このようなテストを行うと、将来のテストでの使用を検討する新しい訪問者行動を明らかにできます。

注意

次の章に進む前に、次のアイデアについて検討してください。簡単に回避できる落とし穴」

テスト期間のベストプラクティス

  • 最小アクティビティ時間:14日以上テストアクティビティを実行します。
  • 結果の信頼性レベルの最小値:結果が90%以上の信頼性に達するまで、テストアクティビティを実行します。
  • エクスペリエンスごとの最小コンバージョン:エクスペリエンスあたり少なくとも500のコンバージョンが発生するまで、テストアクティビティを実行します。
  • 結果の一貫性:のグラフ表示で結果を確認し、一貫性と安定性を確認し Targetます。