Show Menu
トピック×

除外

で除外を作成して、訪問者 Adobe Target Recommendations に商品やコンテンツをレコメンデーションしないようにします。 除外は、訪問者にレコメンデーションしない商品またはコンテンツのサブセットです。
除外はアカウント全体で使用できます。 コレクションとは異なり、コレクションは、 Recommendations アクティビティの作成時に各エクスペリエンスに対して特定のコレクションを指定する場合、除外はアカウント内のすべてのアクティビティに適用されます。 アクティビティの作成時に除外グループを割り当てるオプションはありません。
次に、除外を使用する例を示します。
  • 廃止された製品
  • 秋/冬のカタログは、オンラインで表示する必要のある唯一のカタログです。 夏のカタログの品目は、購入できなくなります。
  • ほとんどのページや画面(大人向け商品、NC-17動画など)でレコメンデーションするのに適していないアイテム
  • メタデータフィールドが不完全な製品(サムネール、価格、その他の重要なメタデータが欠落している)
  • レコメンデーションされない商品(SKUがシステム内に存在しても購入可能な商品ではない場合や、実際に注文しないで購入をシミュレートするのは、QAチームの偽のSKUである場合など)
静的および動的な除外ルールは、マーケティングに役立つ便利な機能です。詳細な情報、例、および使用例については、 動的および静的インクルージョンルールの使用 を参照してください。

除外の作成

  1. Recommendations 除外 ​をクリックして、既存の除外のリストを表示します。
    除外リストビューで各除外について報告される「項目数」は、現在設定されているデフォルトの Recommendations ホストグループ (環境)内でその除外のルールに一致する製品の数です。デフォルトのホストグループを変更するには、 設定 を参照してください。
  2. 除外を作成 」をクリックします。
  3. (条件付き)除外の作成(または更新)時に、環境を​ 環境 ​フィルターから選択して、その環境の除外のコンテンツをプレビューします。デフォルトでは、デフォルトのホストグループの結果が表示されます。
  4. 除外の​ 名前 ​を入力し、オプションで説明を入力します。
  5. ルールビルダーを使用して除外を作成します。
    ルールリストでパラメーターを選択して、オペレーターを選択してから、1 つ以上の値を入力して製品を特定します。複数の値はコンマで区切ります。
  6. 保存 」をクリックします。

詳細検索を使用した除外の作成

You can also create exclusions using Advanced Search on the Catalog Search page ( Recommendations > Catalog Search > Advanced Search).
「ID/次を含む」などを使用した検索を作成したら、名前を付けて保存/除外をクリックします。
The Advanced Search functionality is case-insensitive; however, products returned at the time of delivery are based on case-sensitive search. この違いが混乱を招くこともあります。詳細検索機能による結果を基にして除外を作成する際は、大文字と小文字の区別を考慮してください。例えば、最初に「Holiday」と検索すると、「Holiday」または「holiday」を含む結果が返されます。その後、「holiday」を含む商品を除外することを目的とした除外を作成すると、「holiday」を含む商品のみが除外されます。「Holiday」を含む商品は除外されません。

除外の編集、コピー、削除

リスト内の目的の除外の上にマウスポインターを置き、次のうち該当するアイコンをクリックします。編集、コピー、または削除を行います。
既存の除外をコピーして、重複の除外を作成し、変更できます。 これにより、少ない労力で同様の除外を作成できます。
除外はアカウント全体で使用できることに注意してください。 除外を削除する前に、この点を考慮してください。 削除した除外は復元できません。

Training video: Create collections and exclusions in Recommendations (7:05)

このビデオには、次の情報が含まれています。
  • コレクションの作成
  • 除外の作成