Show Menu
トピック×

ドキュメントの変更点

このページでは、Adobe Targetドキュメントに加えられた重要な変更について説明します。

Adobe Target/Standard/Premium 19.10.1(2019年10月23日)

日付
トピック
変更点
2019 年 12 月 6 日
トピックを更新しました。
2019年12月2日
新規トピックです。
2019年11月27日
「at.jsを非同期で読み込む場合のちらつきの管理」のテキストを更新しました。
2019年11月のニュースレターへのリンクを追加しました。
「役割と権限の指定」の下のテキストと画像を更新しました。
2019 年 11 月 16 日
「落とし穴7:テスト期間中のトラフィック配分の変更」を参照してください。
2019年11月12日
バージョン 1.0.1 に関する情報を追加しました。
トピック全体を更新しました。
が郵便番号などの地 Target 域情報を保存しないことを説明する情報を追加しました。
2019 年 11 月 9 日
その他の過去の問題へのリンクを追加しました。
CCPAの節を新しいメモで更新しました。
Targetでは、顧客がTargetからサードパーティに直接データを共有または販売できないので、Targetの販売をオプトアウトできないことをお知らせする新しいFAQを追加しました。
2019 年 11 月 8 日
adobeQAパラメーターのコードサンプルを追加しました。
2019 年 11 月 6 日
「トラブルシューティング」の節のテキストを更新しました。
2019年11月5日
次のFAQのテキストを更新しました。"セレクターがないアクションなどの警告メッセージが表示されるのはなぜですか?"
2019年10月31日
新規トピックです。
新規トピックです。
次の節を追加しました。「at.js 1。 オーディエンス 作成用のxパラメーターは、at.js 2ではサポートされていません。 x ?"
テンプレートルールに追加された余分なスペースに関する新しい既知の問題を追加しました。
Target Premium 19.10.2リリースとTarget Java SDKリリースに関する情報を追加しました。
2019年10月31日
Target Premium 19.10.2(2019年10月31日)リリースに関する情報を追加しました。
2019年10月29日
メモを追加しました。
新規トピックです。
2019年10月26日
「考慮事項」に新しい項目を追加し、ターゲット設定が内部mboxパラメーターで評価されないことを説明しました。
トピックを完全に更新し、古い例を削除しました。
リクエスト/応答(配列、文字列など)に使用できるタイプを理解するのに役立つ、Target Delivery APIドキュメントへのメモのリンクを追加しました。
リクエスト/応答(配列、文字列など)に使用できるタイプを理解するのに役立つ、Target Delivery APIドキュメントへのメモのリンクを追加しました。
「トラブルシューティング」節を追加しました。
2019 年 10 月 25 日
次のFAQのテキストを更新しました。「Targetがレコメンデーションを表示できないことがあるのはなぜですか?」
以前のバージョンのat.js(バージョン2.2.0より前)に影響する既知の問題に注意を追加しました。
A4Tを使用するアクティビティの成功指標のデフォルト動作に関する注意を追加しました。
2019 年 10 月 23 日
ユーザーベースのレコメンデーションの行を追加しました。
次の節を追加しました。「カスタムレコメンデーションキーの使用」
新しいFAQを追加しました。"複雑なURL文字列を作成する場合、URL全 Target 体が評価されますか?"
このリリースには、機能強化および修正が含まれています。それらについての説明を読み、リリースノートからドキュメントへのリンクをたどることができます。このリリースでは、ヘルプ全体で多くのドキュメントの更新もおこなっています。

Adobe Target/Standard/Premium 19.9.1(2019年9月31日)

日付
トピック
変更点
2019年10月18日
アクティビティQAがサードパーティcookieと連携する仕組みを説明するトピックを更新しました。
リリースノートを更新し、Unified shellの変更に関する情報を含めました。
2019 年 10 月 11 日
次の節を追加しました。"serverState."
at.js 2.2およびat.js 1.8リリースに関する情報を追加しました。
at.js 2.2およびat.js 1.8リリースに関する情報を追加しました。
次の節を追加しました。「Target UIを使用してアクティビティを作成したが、APIを使用して更新できない。」
2019 年 10 月 10 日
トピックを更新しました。
新規トピックです。
新規トピックです。
V1/Delivery APIおよびNode.js SDKリリースに関する情報を追加しました。
2019 年 10 月 9 日
新しいトピックで、ニュースレターの最初のバッチへのリンクが追加されました。
2019 年 10 月 1 日
以下を追加しました。
  • at.js 2を使用して変更を加えずにエクスペリエンスを作成する場合の既知の問題と回避策です。 x library.
  • APIを使用して作成されたコレクション、除外、条件およびデザインは、Targetのユーザーインターフェイスに表示されず、APIを使用してのみ編集できます。
  • APIを使用して作成されたレコメンデーションアクティビティはユーザーインターフェイスで表示できますが、編集はAPIを使用してのみ可能です。
「mboxDebug」節に注意を追加しました。
2029 年 10 月 3 日
今後のリリースに関する情報を追加しました。
2019年10月1日
「顧客属性」セクションのテキストを更新しました。
「すべてのビューに対するgetOffers()の呼び出し」セクションのコードサンプルを更新しました。
2019年9月31日
このリリースには、機能強化および修正が含まれています。それらについての説明を読み、リリースノートからドキュメントへのリンクをたどることができます。このリリースでは、ヘルプ全体で多くのドキュメントの更新もおこなっています。

Adobe Target Standard/Premium 19.7.1(2019 年 7 月 24 日)

日付
トピック
変更点
2019 年 9 月 28 日
Targetサンプルサイズ計算ツールに関するテキストを更新しました。
Targetサンプルサイズ計算ツールに関するテキストを更新しました。
2019年9月25日
Target/Standard 19.2.1リリースの日付を2019年9月30日に変更しました。
トレーニングビデオを追加しました。
2019 年 9 月 11 日
Target Standard/Premium 19.9.1リリースに関する情報を追加しました。
2019年9月9日
「考慮事項」節を追加しました。
トピック全体のテキストを更新しました。
新規トピックです。
2019年9月7日
Target Standard/Premium 19.9.1(2019年9月10日)リリースに関する情報を追加しました。
新規トピックです。
2019 年 9 月 5 日
トピックを更新しました。
2019 年 8 月 24 日
AndroidManifest.xml のコードスニペットを更新しました。
2018 年 8 月 23 日
モバイルアプリ ID での禁止された文字の使用に関する情報を削除しました。制限はなくなりました。
新しい節「注意点」を追加しました。
次の文を更新しました:カスタム条件の更新は、デフォルトでは「累積的」です。既存のキーと値のペアが、CSV アップロードファイルで指定した新しいキーと値のペアで上書きされます。CSV アップロードで指定されたキーを持たない既存のキーと値のペアは、依然として配信に使用でき、CSV ファイルの一部として最後にアップロードしたときから 31 日で期限が切れます。
2019 年 8 月 21 日
Target/Premium 19.8.1 リリース(2019 年 8 月 21 日)を延期しました。このリリースのコンテンツは、19.9.1 リリース(2019 年 9 月 25 日)にまとめられます。
次の FAQ を追加しました:「推奨品目の価格で小数点の右側に値が表示されません。どうすれば表示できますか?」
2019 年 8 月 17 日
新しい節「注意点」を追加しました。
トレーニングビデオを追加しました。
トレーニングビデオを追加しました。
トレーニングビデオを追加しました。
トレーニングビデオを追加しました。
トレーニングビデオを追加しました。
トレーニングビデオを追加しました。
トレーニングビデオを追加しました。
トレーニングビデオを追加しました。
2019 年 8 月 15 日
テキストを更新し、トレーニングビデオリンクを追加しました。
consumerID キーに関する情報を明確にしました。
「レイアウト/移動」セクションの情報を更新しました。
2019 年 8 月 13 日
依存関係およびアーティファクトに関する情報を更新しました。
AndroidManifest.XML ファイルのコードサンプルを更新しました。
「Target Mobile VEC SDK iOS 2.1.0 および Android 1.1.1」節の機能強化および修正のリストを更新しました。
新しい節「Recommendations Classic で作成した従来のアクティビティの使用」を追加しました。
2019 年 8 月 10 日
新しい節「at.js による HTML コンテンツを使用したオファーのレンダリング方法」を追加しました。
新しい節「注意点」を追加しました。
2019 年 8 月 8 日
「SDK のプリフェッチ機能は、自動ターゲット、自動割り当ておよび自動パーソナライゼーションアクティビティタイプではサポートされていません」という注意を追加しました。
分類処理が完了するまでにかかる時間を示す注意を更新しました。
分類処理が完了するまでにかかる時間を示す注意を更新しました。
トピックを更新して、カリフォルニア州消費者プライバシー法(CCPA)に関する情報を追加しました。
2019 年 8 月 7 日
Target Mobile VEC SDK iOS 2.1.0 および Android 1.1.0 リリースのリリースノートを追加しました。
Analysis Workspace でのアクティビティのインプレッションおよびアクティビティのコンバージョン指標の使用に関する考慮事項を更新しました。
2019 年 8 月 2 日
エンタープライズ権限の API サポートに関する重要なお知らせを追加しました。
新規トピックです。
2019 年 8 月 1 日
新規トピックです。
最近表示された項目に対する注意を追加しました。
既知の問題とアクティビティ QA プレビューリンクを追加しました。
2019 年 7 月 30 日
新しい FAQ「エクスペリエンスターゲット設定(XT)レポートにコントロールエクスペリエンス用の指標が含まれているのはなぜですか?」を追加しました。
2019 年 7 月 25 日
新規トピックです。
新しい節「Recommendations オファーのステータスの表示」を追加しました。
「項目の読み込み」行を更新し、 フィードステータス に「フィードを正常に読み込みました: 時間 」行を追加しました。
カタログの更新方法に関するテキストを更新しました。
クリック追跡用に設定した要素を表示する変更パネルに関する情報を追加しました。
新しい節「ボット」を追加しました。
正規表現の実行が遅くなるのを避けるためのベストプラクティスを追加しました。
アプリ名に文字制限が適用されなくなったことを反映するように、トラブルシューティング節を更新しました。制限は ID にのみ適用されます。
サポートされる FTP サーバー設定の手順を追加しました。
at.js 2.1.1 に関する情報を追加しました。
このリリースには、機能強化および修正が含まれています。それらについての説明を読み、リリースノートからドキュメントへのリンクをたどることができます。このリリースでは、ヘルプ全体で多くのドキュメントの更新もおこなっています。

Adobe Target Standard/Premium 19.6.1(2019 年 6 月 27 日)

日付
トピック
変更点
2019 年 7 月 11 日
以下の項目に関する制限情報を追加しました。
  • アクティビティあたりのエクスペリエンスの数。
  • アクティビティあたりの成功指標の数。
  • アクティビティあたりのレポート用オーディエンス/セグメントの数。
  • mbox、指標およびエクスペリエンスあたりのオーディエンスの数。
  • ターゲット設定ルールあたりの一意の値の数。
  • ターゲット設定ルールあたりの一意のオーディエンスの数。
  • アクティビティあたりの一意のターゲット設定ルールの数。
  • アクティブプロファイルスクリプトの数。
  • 合計プロファイルスクリプトの数。
  • プロファイルスクリプトあたりの合計ループの数。
  • ライブアクティビティの数。
  • アクティブな保存済み(および終了していない)アクティビティの数。
  • プロパティの数。
  • オファーの数。
今後の Target 19.7.1 リリース(2019 年 7 月 24 日)についての情報を追加しました。
なお、この情報は変更されることがあります。
2019 年 7 月 9 日
CNAME を使用する必要があることの理由を説明する情報を追加しました。
2019 年 6 月 29 日
A4T によるリダイレクトを使用するお客様の数に制限があることにより、未関連付けヒット率の割合が高く表示されるという既知の問題についての情報を追加しました。
2019 年 6 月 27 日
スタイル ​の「背景」オプションについての情報を追加しました。
クローン操作についての情報を追加しました。
選択された要素パネルについての情報を追加しました。
新しい節「SPA VEC のページ配信設定」を追加しました。
新規トピックです。
新規トピックです。
個々の属性を説明し、説明を示すための新しい表を追加しました。
新しい FAQ「特定のエクスペリエンスをコントロールとして使用するように指定できますか?」を追加しました。
FAQ「自動パーソナライゼーションアクティビティを設定するためのベストプラクティスは何ですか。」を編集しました。
特定のエクスペリエンスをコントロールとして使用するように指定することに関する情報および FAQ を追加しました。
「トラフィック配分の決定」節を更新しました。
特定のエクスペリエンスをデフォルトとして選択するための手順と情報を追加しました。
複数のモバイルアプリバージョンの管理方法についての情報を追加しました。
特定の状況でレポートが自動ターゲットアクティビティのレンダリングに失敗することについての情報を追加しました。
このリリースには、機能強化および修正が含まれています。それらについての説明を読み、リリースノートからドキュメントへのリンクをたどることができます。このリリースでは、ヘルプ全体で多くのドキュメントの更新もおこなっています。

Adobe Target Standard/Premium 19.5.1(2019 年 5 月 22 日)

日付
トピック
変更点
2019 年 6 月 20 日
アクティビティ用の条件でレコメンデーションされた項目に対するプロモーションの重複排除についての情報を追加しました。
2019 年 6 月 14 日
新しい FAQ「コンバージョン率の低いオファー/エクスペリエンスでも、特定の自動セグメントの他のオファー/エクスペリエンスより多くのトラフィックを獲得することがあるのはなぜですか?」を追加しました。
中国での Target の使用に関する重要な注意を追加しました。
「Target Standard/Premium インターフェイス」節から Microsoft Internet Explorer 11(IE 11)を削除しました。Target では、IE 11 をサポートしなくなり、互換性が維持されません。この変更は、Target UI にのみ影響します。コンテンツ配信は影響を受けません。この変更は、Adobe Analytics、Adobe Experience Platform および Adobe Audience Manager でおこなわれた同様のお知らせに従います。ユーザーにはサポートされるブラウザーに切り替えることをお勧めします。
2019 年 6 月 12 日
A4T を使用している場合に追跡サーバーを指定する必要がないことを示す注意を削除しました。
削除したアクティビティを復元できないことを強調しました。ベストプラクティスとして、アクティビティをアーカイブすることで、必要に応じて、アーカイブを解除できます。
Experience Cloud Debugger が at.js 2.x で完全にサポートされないことを示す図を削除しました。
2019 年 6 月 8 日
新しい節「シナリオ:null チェックロジックを含む 4x2 デフォルト Recommendations デザインを作成する」を追加しました。
新しい Adobe Target チュートリアルサイトへのリンクを更新しました。
テキストおよびコードスニペットを更新しました。
2019 年 6 月 7 日
options > page パラメーターの説明を更新しました。
記事全体を更新しました。
Target 19.6.1 リリースの暫定リリースノートを追加しました。
2019 年 6 月 6 日
新しい トラブルシューティング 節を追加しました。
Adobe Launch を使用した at.js のデプロイが推奨される方法であることについての情報を追加しました。
重要度の低いテキストを編集しました。
2019 年 6 月 4 日
今後の at.js 2.1.0 のリリースについての情報を追加しました。
今後の at.js 2.1.0 のリリースについての情報を追加しました。
新しい節「クライアント側分析ログ」を追加しました。
手順 7 を改訂しました。
以下のフィールド名について表に行を追加しました。
  • Request > experienceCloud
  • Request > experienceCloud > analytics
  • Request > experienceCloud > analytics > logging
adobe.target.sendNotifications(options) について表に行を追加しました。
新規トピックです。
at.js 2.1.0 での Adobe Opt-in サポートについての情報を追加しました。
at.js 2.1.0 のオプトインサポートについての情報を更新しました。
2019 年 6 月 1 日
iOS 12.2 を実行するデバイスのターゲット設定に関する注意を追加しました。
コードサンプルを更新しました。
2019 年 5 月 31 日
簡体字中国語のドキュメントが利用できるようになりました。
「注文の詳細を CSV に書き出す」節に新しい注意事項、「Target レポート UI で適用されたオーディエンスは、ダウンロードレポートに引き継がれません。」を追加しました。
スクリーンショットを更新しました。
2019 年 5 月 30 日
user.categoryId entity.categoryId の違いを明確にするためにテキストを更新しました。
トピック「at.js のメリット」に節を再配置しました。
トピック「at.js および mbox.js はページ読み込み時間にどのように影響しますか?」に節を再配置しました。
過去の動作行の構文を修正しました。
2019 年 5 月 28 日
新しい節「Target 製品ドキュメントの言語の変更」を追加しました。
p 値に関する情報を更新しました。
Target の複数レベルの iframe の処理方法に関するトラブルシューティングの節を追加しました。
新しい FAQ「Recommendations 操作で期待されるインジェストタイムフレーム」を追加しました。
「Target Launch 拡張機能を使用して at.js を実装するメリット」の情報を更新しました。
無効な doctype を使用している場合に at.js が mbox を実行しないことに関する新しいトラブルシューティングの節を追加しました。
2019 年 5 月 25 日
at.js 2.1.0 に関する情報を追加しました。
2019 年 5 月 24 日
どのオーディエンスが AP アクティビティの特定のオファーを表示できるかを制限することに関する情報およびリンクを追加しました。
はじめにのテキストを更新しました。
はじめにのテキストを更新しました。
はじめにのテキストを更新しました。
はじめにのテキストを更新しました。
はじめにのテキストを更新しました。
はじめにのテキストを更新しました。
はじめにのテキストを更新しました。
はじめにのテキストを更新しました。
いくつかのエントリを追加および更新しました。
2019 年 5 月 23 日
トレーニングビデオを追加しました。
新しいチュートリアルへのリンクを追加しました。
  • モバイル iOS Objective-C アプリケーションへの Experience Cloud の実装
  • モバイル Swift アプリケーションへの Experience Cloud の実装
新しいチュートリアルへのリンクを追加しました。
  • モバイル Android アプリケーションへの Experience Cloud の実装
Adobe Target Welcome Kit へのリンクを追加しました。
2019 年 5 月 22 日
  • 「移動」オプションに関する情報を更新しました。
  • VEC でページが読み込まれる前や、ページを読み込めなかった場合には、様々なアクションを実行できるという注意を追加しました。
テキストおよび画像を更新し、トレーニングビデオを追加しました。
テキストおよび画像を更新しました。
顧客属性エイリアス ID の文字制限を追加しました。
このリリースには、機能強化および修正が含まれています。それらについての説明を読み、リリースノートからドキュメントへのリンクをたどることができます。このリリースでは、ヘルプ全体で多くのドキュメントの更新もおこなっています。

Adobe Target Standard/Premium 19.4.2(2019 年 5 月 1 日)

メモ :Target Standard/Premium 19.4.1リリースは、Adobe Experience Cloud UI を更新し、ブランディングと製品変を反映させるためのメンテナンスリリースです。
日付
トピック
変更点
2019 年 5 月 16 日
at-view-start at-view-end イベントを実行する必要があることを追加しました。
2019 年 5 月 15 日
iOS ― モバイルアプリ の設定、および
新規トピックです。
テキストを更新しました。
2019 年 5 月 14 日
複数ページアクティビティでのQAモードの使用に関する考慮事項リストに項目を追加しました。
UI に適合させる手順を更新しました。
新しい FAQ を追加しました。「at.js にはどの HTML doctype が必要ですか?」
2019 年 5 月 11 日
テキストと図を更新しました。
テキストを更新しました。
2019 年 5 月 10 日
新しい節「Analysis Workspace のレポート」を追加しました。
新しい FAQ「Adobe Analysis Workspace で Target アクティビティデータを表示できますか?」を追加しました。
新しい FAQ「リダイレクトページとアクティビティURLが異なるプロパティに属している場合、クリック追跡コンバージョンは記録されますか?」を追加しました。
2019 年 5 月 9 日
コンテンツとリンクが更新されました。
entity.id 変数の下にあるメモのテキストを更新しました。
2019 年 5 月 2 日
次の変数名で大文字を修正しました。
pageURL を  pageUrl  に変更しました。
thumbnailURL thumbnailUrl  に変更しました。
2019 年 5 月 1 日
  • 新しい節「スタイル」を追加しました。
  • ネスト可能な HTML5 タグの一覧表を追加しました。
「留意事項」セクションに DOM パス機能に関する情報を追加しました。
「フィードステータス」テーブルを更新しました。
アセットライブラリからのフォルダおよび画像の削除に関する情報を追加しました。
このリリースには、機能強化および修正が含まれています。それらについての説明を読み、リリースノートからドキュメントへのリンクをたどることができます。このリリースでは、ヘルプ全体で多くのドキュメントの更新もおこなっています。

Adobe Target Standard/Premium 19.3.1(2019 年 3 月 30 日)

日付
トピック
変更点
2019 年 4 月 30 日
次の FAQ を追加しました。「プロパティが割り当てられているにもかかわらず、プロパティがこのアクティビティに関連付けられていないことを示すエラーメッセージが表示されるのはなぜですか?」
2019 年 4 月 25 日
「アクティビティタイプ」セクションに「注意」を追加しました。
コードのサンプルを再フォーマットしました。
小さな入力ミスを修正。
2019 年 4 月 24 日
リリースノートおよび変更日を(4 月 29 日から) 4 月 30 日に更新しました。
2019 年 4 月 23 日
新しい節「Target UI のデフォルト言語を変更する」を追加しました。
2019 年 4 月 20 日
新しい FAQ を追加しました。「属性がセグメントカードに表示される順序にロジックがありますか?」
更新されたエンティティの有効期限が切れるときに関する重要な注意事項を更新しました。
2019 年 4 月 17 日
新しい FAQ 「アクティビティがアクティブ化された後、A4T を使用しているアクティビティのトラフィック配分の割合を変更できますか?」を追加しました。
2019 年 4 月 16 日
新しい FAQ 「複数ページの A4T アクティビティを設定するにはどうすればよいですか?」を追加しました。
トピックを更新しました。
除外グループの既知の問題を解決済みの問題の表に移動しました。
2019 年 4 月 12 日
コードサンプルを更新しました。
スクリーンショットが追加されました。
次の FAQ を追加しました。「勝者を決定するプロセスを加速するために、自動配分アクティビティからパフォーマンスの低エクスペリエンスを削除する必要がありますか?」
2019 年 4 月 11 日
「実装の要件」セクション(要件の並べ替え)のマイナーテキスト更新。
「オプション/ページ」パラメーターのテキストを更新しました。
2019 年 4 月 9 日
「部分データの原因となるものとは?」 の A4T とリダイレクトに関する情報を更新しました。
A4T をリダイレクトと共に使用するための最小要件を更新しました(at.js バージョン 1.6.2)。
  • A4T をリダイレクトと共に使用するための最小要件を更新しました(at.js バージョン 1.6.2)。
  • Target ヒットが発生しても Analytics ヒットが発生しない場合のデータ指標のカウント方法に関する情報を追加しました。
excludedIDs mbox パラメーターの制限に関する情報を追加しました。
新しい節「応答トークン」を追加しました。
2019 年 4 月 6 日
「Recommendations の概要」のウェビナー録画へのリンクを追加しました。
アクティビティ QAブックマークレットの JavaScript コードが更新されました。
Target 19.4.1 リリースおよび Target 19.4.2 リリース(2019 年 4 月に予定)の暫定リリースノートを更新しました。
2019 年 4 月 5 日
Target 19.4.1 リリースおよび Target 19.4.2 リリース(2019 年 4 月に予定)の暫定リリースノートを追加しました。
2019 年 4 月 1 日
excludedID mbox パラメーターの制限に関する情報を追加しました。
2019 年 3 月 30 日
次の既知の問題が追加されました。「シングルページアプリケーション(SPA) Webサイトの場合、読み込みをキャンセルすると 、変更 パネルのアクションを編集できません。」
次の既知の問題を「解決済みの問題」セクションに移動しました。「v1 バージョンのオファー API Adobe I/O では、Target 経由で作成されたすべてのオファーがデフォルトのワークスペースにあるものとして扱われます。」
2019 年 3 月 29 日
以下の新しい節を追加しました。
VEC 内でページの読み込みをキャンセルするときの既知の問題が追加されました。
このリリースには、機能強化および修正が含まれています。それらについての説明を読み、リリースノートからドキュメントへのリンクをたどることができます。このリリースでは、ヘルプ全体で多くのドキュメントの更新もおこなっています。

Adobe Target Standard/Premium 19.2.1(2019 年 2 月 20 日)

日付
トピック
変更点
2019 年 3 月 21 日
ページの下部に注記を追加しました。
「カスタムエンティティ属性」制限に関する情報を追加しました。
テキストを更新しました。
ポピュラリティアルゴリズム向けにプロファイルベースのグループ化の作成方法を説明する新しい節「カスタムレコメンデーションキーを使用」を追加しました。
2019 年 3 月 20 日
at.js バージョン 2.0.1 および 1.7.1 に関する情報を追加しました。
次の FAQ を追加しました。「A4T は仮想レポートスイートをサポートしますか?」
2019 年 3 月 19 日
at.js バージョン 2.0.1 および 1.7.1 に関する情報を追加しました。
追加:次の文字 mbox3rdPartyID は送信 できません。プラス記号(+)とスラッシュ(/)
2019 年 3 月 16 日
重要な注意事項を追加しました。at.js または mbox.js への変更は、アドビカスタマーケアではサポートされません。
2019 年 3 月 15 日
Target Standard/Premium 19.3.1 のリリース日を 2019 年 3 月 30 日に変更しました。
2019 年 3 月 14 日
コンバージョン指標の行のテキストを更新しました。
新しい節「スクリプトプロファイルパラメーターに関する JavaScript リファレンス」を追加しました。
ページを再構成し、at. js 関数ごとに新しいページを作成し、情報にアクセスできるようにしました。
クライアント側実装を説明するための導入区分を追加しました。
次の FAQ を追加しました。「エンティティを動的に除外できますか?」
2019 年 3 月 13 日
デバッガーは at.js 2.x との統合に対応しました。
2019 年 3 月 12 日
2019 年 4 月 2 日 ​に TLS の変更が発生することを示すテキストを更新しました。
次の節を追加しました。「getOffers() および applyOffers() を使用した複数の mbox からのデータの取得およびレンダリング」
2019 年 3 月 7 日
at_ property 行を「at.js 1.x のパラメーターと at.js 2.x のペイロードマッピング」テーブルに追加しました。
新しい節を追加しました。「tat.js 2.x と SPA で A4T を正しく作動させるために、triggerView を使用する」
2019 年 3 月 5 日
新規トピックです。
Recommendations に関する情報をオファーとして追加しました。
2019 年 3 月 1 日
テキストと画像が更新されました。
「Target Premium」の下に「オファーとしての Recommendations」を追加しました。
「アクティビティタイプ」テーブルを更新しました。
2019 年 2 月 27 日
Target API でのエンタープライズ権限のサポートに関する既知の問題を追加しました。
2019 年 2 月 26 日
次の情報を更新しました。
2019 年 2 月 21 日に、Adobe Target のインフラストラクチャが EMEA、日本および APAC 地域でアップグレードされ、TLS1.1 以降をサポートしていない古いデバイスまたは Web ブラウザーを使用して、エンドユーザーからデータを収集することがなくなりました。このアップグレードは、 2019 年 3 月 5 日 ​に北米の地域に対して予定されています。TLS 1.2 への移行により、セキュリティが向上します。移行をスムーズに実施するため、詳細を確認し、変更の計画を立てることが重要です。
新規セクション:「at.js 1.x のパラメーターから at.js 2.x へのペイロードマッピング」
ホワイトリストの IP アドレスに「ホスト名」列を追加しました。
2019 年 2 月 23 日
「ワークスペース ID の取得」のセクションを追加しました。
2019 年 2 月 21 日
「カテゴリー親和性のアルゴリズム」節を更新しました。
2019 年 2 月 20 日
新規トピックおよびトレーニングビデオ。
新規トピックおよびトレーニングビデオ。
at.js バージョン 1.7.0 および 2.0.0 に関する情報を追加しました。
新規トピックとトレーニングビデオ。
at.js 2.x
の導入に伴う変更を反映するようにトピックを更新しました。at.js 2.x には 3 つの新しい機能があります。
  • adobe.target.getOffers(options)
  • adobe.target.applyOffers(options)
  • adobe.target.triggerView (viewName, options)
at.js 2.x の導入を伴う変更を反映するようにトピックを更新しました。トレーニングビデオを追加しました。
at.js 2.x の導入に伴う変更を反映するようにトピックを更新しました。
at.js 2.x の導入に伴う変更を反映するようにトピックを更新しました。
Adobe Experience Cloud デバッガーネットワークリクエストおよび Mbox Trace 機能が、at.js 2.x でまだサポートされていないことを説明する注記を追加しました。
新規トピックです。
新規トピックです。
  • A/B テストまたは Experience Targeting アクティビティのエクスペリエンスにレコメンデーションを追加するための「前挿入、後挿入、置換」アクションの使用に関する情報を追加しました。
  • エクスペリエンスに AEM エクスペリエンスフラグメントを追加するための「前挿入、後挿入」アクションの使用に関する情報を追加しました。
新規トピックです。
オプトイン機能および at.js 1.7.0 および at.js 2.x のマイナーな編集と情報です。
Target API に関する既知の問題を追加しました。
エンティティ属性値が 61 日後に期限切れになることを追加しました。
このリリースには、機能強化および修正が含まれています。それらについての説明を読み、リリースノートからドキュメントへのリンクをたどることができます。このリリースでは、ヘルプ全体で多くのドキュメントの更新もおこなっています。

Adobe Target Standard/Premium 19.1.1(2019 年 1 月 23 日)

日付
トピック
変更点
2019 年 2 月 3 日
Target リリースノート (プレリリース)
Target 19.2.1(2019 年 2 月 20 日)リリースのプレリリースノートを更新しました。
2019 年 1 月 31 日
新しい FAQ を追加しました。数値を表す文字列(浮動小数点数もサポートされます)は、数値として比較されます。
2019 年 1 月 30 日
Target API でエンタープライズパーミッションがサポートされる日が 2019 年 2 月 22 日に更新されました。
「アクティブな通知」の節を追加しました。
2019 年 1 月 23 日
コレクションと除外の環境別フィルター(ホストグループ)に関する情報を追加しました。
プロファイルスクリプトの値行の情報を更新しました。
このリリースには、機能強化および修正が含まれています。それらについての説明を読み、リリースノートからドキュメントへのリンクをたどることができます。このリリースでは、ヘルプ全体で多くのドキュメントの更新もおこなっています。

Adobe Target Standard/Premium 18.11.1(2018 年 11 月 13 日)

日付
トピック
変更点
2019 年 1 月 17 日
at.js バージョン 1.6.4 に関する情報を追加しました。
2019 年 1 月 11 日
Target が TLS 1.0 暗号化のサポートを完全に停止する日付を追加しました:2019 年 2 月 21 日
2019 年 1 月 10 日
「前挿入」、「後挿入」および「次の行で置換」のRecommendationsに関する情報を追加しました。
2019 年 3 月に開始する Target および Adobe Experience Cloud での Microsoft Internet Explorer 11 のサポート廃止についての情報を追加しました。
Target 19.1.1 および at.js 11.6.4 リリースに関する情報を追加しました。
at.js 11.6.4リリースに関する情報を追加しました。
2016 年 11 月 15 日以降、リダイレクトオファーを使用して A4T アクティビティを作成できなくなるという注記を削除しました。
「元のページでページビューが表示されるのはなぜですか?"というメモが追加され、リダイレクトページではカウントされることがありました。
2018 年 12 月 21 日
CORS に関する注意事項を追加しました。
2018 年 12 月 15 日
新しいトレーニングビデオへのリンクを追加しました。Adobe Launch チュートリアルでのTargetの実装を参照してください。
トレーニングビデオへのリンクを追加しました。
2018 年 12 月 14 日
テキストと図を更新しました。
フィード内のアイテムが前回の実行と同じである場合に、Recommendationsフィードインデックスに「インデックスを待機中」と表示できる既知の問題が追加されました。
画像が更新されました。
画像が更新されました。
画像が更新されました。
画像が更新されました。
画像が更新されました。
テキストと画像が更新されました。
テキストと画像が更新されました。
2018 年 12 月 12 日
overrideMboxEdgeServerのデフォルト値がat.js 1バージョン1.6.2から"true"になっていることを追加しました。
2018 年 12 月 8 日
既知の問題テーブルから、解決された問題テーブルに移動しました。
  • at.js:at.js と Visitor API2.2.0.0 の間のインタラクションが原因で、.js バージョン 1.0 へのアップグレード後に Microsoft Explorer 11 ブラウザーで mbox が呼び出されない。
  • 地域と言語によるターゲット設定: 地域ターゲティングオーディエンスを作成する際に、特殊文字(スペースやコンマなど)を含む文字列を検索することは現在機能しません。
2018 年 12 月 6 日
パーソナライゼーションインサイトレポートはデフォルトの環境でのみ使用できることに注意してください。
A4T がサーバー側デプロイメントをサポートしていることを示すための表を更新しました。
2018 年 11 月 30 日
マイナーテキストの更新と画像の更新。
2018 年 11 月 28 日
テキストと画像が更新されました。
Target には、アカウントごとに 1,000 個のプロファイルスクリプトの制限があることに注意してください。
2018 年 11 月 16 日
at.js バージョン 1.6.3 に関する情報を追加しました。
新しいパーソナライゼーションインサイトレポートの新しいトピックを追加しました。自動セグメントと重要属性を参照してください。
2018 年 11 月 15 日
このリリースには、機能強化および修正が含まれています。それらについての説明を読み、リリースノートからドキュメントへのリンクをたどることができます。このリリースでは、ヘルプ全体で多くのドキュメントの更新もおこなっています。

Adobe Target Standard/Premium 18.10.1(2018 年 10 月 25 日)

日付
トピック
変更点
2018 年 11 月 9 日
NodeJS SDK を互換性の表に追加しました。
2018 年 11 月 8 日
トピックを編集し、追加情報を追加しました。
Target 18.11.1 リリースの機能に関する情報を追加しました。
2018 年 11 月 6 日
オプション 3 のリンクを更新しました。
次の注意を追加しました。
重要 : データソース名と属性名にピリオドを含めることはできません。
2018 年 11 月 1 日
トピックを更新しました。
「オーディエンスのセグメント化に関するベストプラクティス」ビデオへのリンクを追加しました。
2018 年 10 月 30 日
新しい節「TLS 1.0 のみをサポートするブラウザーで予期される動作」を追加しました。
2018 年 10 月 27 日
  • ジオターゲティングオーディエンスの作成時に特殊文字を含む文字列を検索すると発生する既知の問題を追加しました。
  • at.js 1.6.0 のリダイレクトに関する問題を、解決された問題の表に移動しました。
  • API によって削除されたデフォルトのワークスペースのアクティビティが Target UI に表示され続けるという問題を、解決された問題の表に移動しました。
2018 年 10 月 25 日
セットアップ/環境設定でアクティビティのレポートソースを選択する際、またはアクティビティごとにレポートソースを選択する際に考慮すべき情報を追加しました。
割り当てられていないオファーのフィルタリングに関する情報を追加しました。
XT アクティビティでのエクスペリエンスの複製に関する情報を追加しました。
A/B テストでのエクスペリエンスの複製に関する情報を追加しました。
Target アクティビティで参照されているオーディエンスが Adobe Audience Manager(AAM)で削除された場合の扱いに関する情報を追加しました。
トピックを更新しました。
すべてのセクションを更新しました。新しい節「at.js の実装」を追加しました。
リリース 18.10.1 リリースノート
このリリースには、機能強化および修正が含まれています。それらについての説明を読み、リリースノートからドキュメントへのリンクをたどることができます。このリリースでは、ヘルプ全体で多くのドキュメントの更新もおこなっています。

Adobe Target Standard/Premium 18.9.1(2018 年 9 月 27 日)

日付 トピック 変更点
2018 年 10 月 25 日
API によって削除されたデフォルトのワークスペースのアクティビティが Target UI に表示され続けるという既知の問題を追加しました。
図に示されている計算式を使用して手動で計算した数値とレポートに表示される数値の間にわずかな差異が生じることが予想される旨を説明した注意書きを追加しました。
2018 年 10 月 23 日
mboxSession と mboxPC に機密情報をリンクしないことを推奨する重要な注記をトピックの冒頭に追加しました。
2018 年 10 月 22 日
at.js バージョン 1.6.2 に関する情報を追加しました。
「Adobe Target と Adobe Launch のオプトイン」セクションを追加しました。
以下の FAQ を更新しました。
  • Adobe Target はどのように同意の管理をおこないますか?
  • Target で顧客が GDPR アクセスと削除の要求をおこなうためにはどのような ID が利用できるのでしょうか?
Adobe Target 拡張機能へのリンクを更新しました。
2018 年 10 月 19 日
Target Recommendations アクティビティで使用される IP アドレス範囲を更新しました。
Target Recommendations API で使用される IP アドレス範囲を追加しました。
2018 年 10 月 13 日
注意点 にある次の段落を編集しました。
アクティビティ QA は、アーカイブされたアクティビティまたは終了日を過ぎたアクティビティに対してコンテンツを表示しません。終了したアクティビティを非アクティブ化した場合、アクティビティ QA が動作するためにはアクティビティを再度保存する必要があります。
2018 年 10 月 11 日
ドイツ語、スペイン語、フランス語、イタリア語、日本語およびポルトガル語(ブラジル)版の Adobe Target 製品ドキュメントを更新しました。
2019 年 10 月 10 日
プロファイルスクリプトに関する FAQ のセクションを追加しました。
Recommendations アクティビティではオレゴン州のデータセンターにある IP アドレスが使用されることについての説明を編集しました。
2018 年 10 月 9 日
CIDR 表記 192.243.242.0.0/24 の新しい IP アドレス範囲を追加しました。
2018 年 10 月 6 日
「レポートを表示する際に、訪問者数、アクティビティのインプレッションまたは訪問回数を使用する必要はありますか?」セクションを全体的に改訂しました。指標の説明を書き換え、注意点のリストを追加しました。
2018 年 10 月 5 日
「予期される条件の処理時間」セクションを追加しました。
今日のヒントを無効にする方法についての情報を追加しました。
2018 年 10 月 1 日
新しい Analytics for Target(A4T)チュートリアルをご確認ください。
トピック全体を更新しました。
アクティビティ、エクスペリエンス、指標の名前で使用できない文字の一覧表を更新しました。
2018 年 10 月 3 日
手順 1 の後に注意書きを追加しました。
手順 1 の後に注意書きを追加しました。
2018 年 9 月 28 日
クエリ文字列で使用できる文字に関する情報を追加しました。
AP アクティビティのオファーレベルのレポートに関する既知の問題を、解決された問題の表に移動しました。
2018 年 9 月 27 日
前に挿入 」オプションに関する情報を追加しました。
自動パーソナライゼーションアクティビティの作成
レポートグループを指定してオファーをフィルターできるレポートグループリストに関する情報を追加しました。
除外グループで同じ場所にある複数のオファーを使用する方法についての情報を追加しました。
「レポートとバリューソーシャリゼーションに関するベストプラクティス」セッションへのリンクを追加しました。
以下の注意を追加しました。
重要:アップロードしたフィードは 61 日後に有効期限切れとなります。したがって、過去 60 日間にフィードファイルが処理されなかった場合、レコメンデーションは返されなくなります。
AP アクティビティのオファーレベルのレポートに関する既知の問題を追加しました。
「オプション 1:Delivery API の使用」にある注記を更新しました。
セクション全体のトピックを整理し直しました。
リリース 18.9.1 リリースノート
このリリースには、機能強化および修正が含まれています。それらについての説明を読み、リリースノートからドキュメントへのリンクをたどることができます。このリリースでは、ヘルプ全体で多くのドキュメントの更新もおこなっています。

Adobe Target Standard/Premium 18.8.1(2018 年 8 月 22 日)

日付 トピック 変更点
2018 年 9 月 22 日
トピック全体を改訂し、トレーニングビデオを追加しました。
2018 年 9 月 21 日
at.js 1.6.1 リリースに関する情報を追加しました。
2018 年 9 月 20 日 コードエディターに関する問題を既知の問題の表から解決された問題の表に移動しました。
2018 年 9 月 19 日
新規トピックです。
今後のウェビナーの日付を更新しました。
2018 年 9 月 12 日
新規トピックです。
18.5.1 リリースより前に作成されたカスタムオーディエンスの再保存に関する情報を追加しました。
現在のところ Target アクティビティのインプレッションとコンバージョンが Analysis Workspace で正確にカウントされないという既知の問題を追加しました。
コードサンプルを更新しました。
必須の Velocity バージョンを 1.7.0 に変更しました。
2018 年 9 月 11 日
アドビが TLS 1.0 のサポートを完全に廃止する日付を 2018 年 9 月 13 日から 2019 年 2 月に変更しました。
A/B テストの計画に役立つ情報とリンクを追加しました。
「フィードのアップロードに使用する CSV ファイルのサイズ上限を教えてください」という FAQ を追加しました。
次の段落を追加しました。
訪問者プロファイルは、新しい mboxPC によって mbox 呼び出しごとにローカルエッジのメモリ内に作成されます。30 分間使用されない状態が続くと、プロファイルは Target データベースに保存され、他のエッジからアクセスできるようになります。
テキストを修正して図を更新しました。
2018 年 9 月 8 日
「新しいオーディエンスを定義した後に従来の Recommendations アクティビティを保存できないのはなぜですか?」という新しい FAQ を追加しました。
2018 年 9 月 5 日
コードサンプルを更新しました。
軽微な編集をおこないました。
2018 年 8 月 31 日 次の既知の問題を追加しました。
  • at.js バージョン 1.6.0 を使用している場合、Analytics for Target(A4T)のリダイレクトは発生しますが、アクティビティの資格を満たしていたかどうかの確認はおこなわれません。
2018 年 8 月 29 日
エンティティ ID の行を更新しました。
以前購入された品目をレコメンデーション 」オプションに関する情報を明記しました。
2018 年 8 月 22 日
新規トピックです。
注意:この機能は間もなく利用可能になる予定です。
変更パネルのドッキングに関する情報を追加しました。
新しいグループについて説明するために表を整理し直しました。
  • 今後のウェビナーに関する情報を追加しました。
  • 2 つ目のウェビナー「自動処理とより高度なアクティビティを追加する手順」のビデオへのリンクを追加しました。
「ヒントとテクニック」セクションを追加しました。
プレビュー URL のループを引き起こすおそれがある at.js 実装のリダイレクトアクティビティに関する問題を書き換えました。
TLS 1.0 のサポートが完全に廃止される予定だった日付(2018 年 9 月 13 日)を削除しました。
TLS 1.0 のサポートが完全に廃止される日付は後日発表されますが、移行をスムーズに実施するため、詳細を確認し、変更の計画を立てておくことが重要です。
リリース 18.8.1 リリースノート
このリリースには、機能強化および修正が含まれています。それらについての説明を読み、リリースノートからドキュメントへのリンクをたどることができます。このリリースでは、ヘルプ全体で多くのドキュメントの更新もおこなっています。