Show Menu
トピック×

Target リリースノート(プレリリース)

この記事には、プレリリース情報が含まれています。 リリース日、機能などの情報は、予告なく変更されることがあります。
最終更新日:2020年10月15日
最新のリリースに関する情報を確認するには、 Target リリースノート を参照してください。リリースのタイミングによっては、これらのページの情報が同じになる場合があります。 括弧内の問題番号は Adobe 内部で使用されます。
  • AdobeがパーソナライゼーションエンジンのGartner Magic Quadrantで再びリーダーに Adobeは、2020年のパーソナライゼーション・エンジンに関する3年目の年次Gartner Magic Quadrantで再びリーダーに選ばれました。 パーソナライゼーションエンジンのGartner Magic Quadrantは、2つのカテゴリに分かれる15の基準に基づいてベンダーを評価しました。ビジョンと実行能力の完全性 Adobeブログ
  • mbox.jsの提供終了 :2021年1月18日に、Adobe Targetはmbox.jsライブラリをサポートしなくなります。 2021年1月18日以降、mbox.jsからのすべての呼び出しが正常に失敗し、デフォルトコンテンツを提供することで実行されているターゲットアクティビティを持つページに影響します。 サイトに発生する可能性のある問題を回避するため、すべてのお客様に、この日より前にat.jsライブラリの最新バージョンに移行することをお勧めします。 詳しくは、at.jsの 仕組み および Adobe Targetスキルビルダーを参照してください。開発者チャットでは、Adobe Targetのmbox.jsをat.jsに移行します
    mbox.jsは現在サポートされていますが、2017年7月以降、このライブラリに対する機能の更新は提供されていません。 新しいat.jsは、mbox.jsと比較して多くの利点を提供します。 多くのメリットがある中でも、at.jsは、Web実装のページ読み込み時間を改善し、セキュリティを強化して、シングルページアプリケーション向けのより優れた実装オプションを提供します。
    すべてのお客様をat.jsに移行することで、アドビのエンジニアとサポートスタッフは、お客様がAdobeから期待する新しい機能とオファーをお客様に提供できます。
  • ターゲットのお知らせ :ターゲットスキルビルダーセッション、開発者チャット、ウェビナー、ターゲットイベントの休憩セッションなど、今後のセッションについて詳しくは、ターゲットのお知らせページを参照してください。 詳しくは、「 ターゲットのお知らせ 」を参照してください。

Target Standard/Premium 20.10.1(2020 年 10 月 27 日)

このリリースには、次の新機能が含まれています。
機能
詳細
デバイス上の意思決定
デバイス上での意思決定では、マーケターと製品開発者の両方が、実験や機械学習に基づくパーソナライゼーションを、チャネル内から、ほぼゼロの遅延で提供できます。
スピードとパフォーマンスは重要です。顧客の洞察とユーザー満足度に関して。 デバイス上での意思決定を使用すると、マーケティング担当者や現在の製品開発者は、ユーザーのデバイス内でエクスペリエンスをテストおよび最適化でき、リアルタイムのコンテキストエクスペリエンスの判断と読み込み時間をほぼゼロにできます。
デバイス上での意思決定では、すべてのパーソナライズおよび実験の指示をコンパイルし、お客様のデバイスにロードされる「最適化アーティファクト」に取り込むことができます。 遅延がゼロのアーティファクトは、マーケターに対して1対1のパーソナライゼーション、行動リターゲティング、リアルタイムの製品とコンテンツの推奨事項を提供します。また、開発者や製品所有者は、テストユーザーの体験とターゲットとフェーズ製品の起動、リアルタイムの絞り込みを行います。 また、デバイス上での意思決定は Adobe Experience Cloud 製品とネイティブに結び付くので、 Target ユーザーは迅速な分析を得られ、エクスペリエンスの反復処理を迅速に行うことができます。
今すぐライブウェビナーに登録します。 Adobe Target製品のエキスパートが、遅延なしでローカルに実行するための重要なエクスペリエンス最適化決定の動きについて話し合うと、新しい使用例への扉が開かれ、お客様のサイトパフォーマンスが向上します。
このリリースには、次の機能強化、修正および変更が含まれています。
  • 「 平均上昇率の信頼区間 」と「 信頼性 」が「 Auto-Target 合計 」行のレポートに表示されない問題を修正しました。 測定値は、すべてのエクスペリエンスで正しく表示されました。 (TGT-37301)
  • 9月15日午後2時30分 Adobe Target Premium から、 自動ターゲット レポートに影響を与えていた問題を修正しました。(PDT)~10月6日午前9時25分(PDT)。 影響を受けたコンバージョン指標のレポートを表示する(「ページを表示した」または「mboxをクリックした」オプションを使用して設定)場合、コンバージョン率が誤ってレポートされます。 現時点では、配信に関する既知の問題はありません。 レポートを再同期して修正する方法について詳しくは、「 既知の問題と解決された問題 」の「 自動ターゲットレポート 」を参照してください
  • 「 カタログ検索 」テーブルに選択可能な「 最終更新日時 」列と「 最終更新日時 」フィルタが追加されました。 この機能強化により、個々の項目を開いて最後に更新された日時を確認する必要がなく、項目が最後に更新された日時でフィルターできるので、時間と労力を節約できます。
  • ターゲットUIが Webコンテンツアクセシビリティガイドライン 2.0 Level AおよびAA成功基準(WCAG 2.0 AA)に準拠するように更新されました。 (TGT-34384 および TGT-24679)
  • コンテンツセキュリティポリシー(CSP)の機能が強化されました。 (TGT-37035)
  • CNAMEを使用するお客様のパラメーターとしてクライアントコードを指定する方法が導入されました。 (TNT-38571)

プレリリース情報

Target およびその他の Adobe Experience Cloud ソリューションの今後の製品強化に関する事前通知を受信するには、Adobe Priority Product Update にサインアップします。